明日からの動画ロケ撮影の準備機材(自己確認用ブログ)








ハンディカム(FDR-AX700)です。ビデオカメラです。明日からの撮影の為に、レンタルしました..。どうしてビデオカメラが必要なのか?

手持ちのカメラは、「おまけで動画が撮れるスチールカメラ」だからです。つまり、長回しできないということ。(連続30分を超えられない)

明日からの動画撮影は、記録動画の意味合いが濃く、撮り逃しが許されないものでして、、、












こちらはサブカメラのSONY FDR-X3000です。アクションカムと言われていますが、これもビデオカメラです。なので、30分以上撮影可です。






<






X3000は、縁あって2台持ちとなっております。



★強力フレキシ棒20★strong(小さい方)

1366 Metal Arm “ATOM”

1025 蟹バサミ型強力クランプ(カニクラ)













こちらもサブカメラの SONY α7RIIです。これはスチールカメラなので、30分の壁は超えられません。なので、今回、サブカメラに降格。。キレイな映像が必要な場面に使うつもりです。













お次は、これまたサブカメラの SONY DSC-RX0 です。こいつはスチールカメラですが、どーゆーわけだか、30分を超える連続録画が可能なのです。(実験では1時間半までは連続録画できました。停止ボタンで任意停止させましたけど..)

なので、1インチセンサーのビデオカメラとして、立派に使えます。(1.0型積層型Exmor RS CMOSという点では、ハンディカムFDR-AX700と同じですし、S-Log2までのピクチャープロファイルも対応ですし、)













今回、例の「吸盤」も使う予定です。据え置き用に、東急ハンズでφ10cm 厚さ10mmの透明アクリルを入手しました。

超小型自由雲台付「吸盤」

SONY DSC-RX0用 冷却スペーサー

バッテリー容量が少ないので、予備バッテリーは欠かせません。(USBチャージケース付きを買うべし!)
















RX0とX3000は、「USC給電」の撮影が可能です。なので、長回しする場合は、モバイルバッテリーに繋ぎぱなしで撮影をします。超薄型 モバイルバッテリー TOPVISIONは、容量が少ないものの、わずか60gしかないので、ぶら下げも安心です。(それでも、3600mAhあるので連続撮影には、十分でしょう,,) 超オススメ! ストラップは百均で別購入です。



※連続動画撮影だけなら、予備バッテリーは不要ですね。












USB-Cのケーブル類とCrucial [Micron製] 内蔵SSD MX300 525GB。MacBookGOLDには不可欠です(現行MacBook Proにもね..)。

特に、UHS-II対応のカードリーダーは、今のところ、UHS-II対応品は、これしかありません。(他と比較にならないくらい、激速です..今後のことを考えると、SDリーダーはこれを買うべし!!)

↓ 並行輸入品らしいが、無茶安です!!


↓ 私はうっかり、こっちを買ってしまった….。




↓ あと、「USB-C to Cケーブル」はケチらないように…(接触具合と速度が違います)














その他諸々。インチ六角のセット、予備ねじ、予備プレート、ペットボトルキャップのねじ等々。。。

そして、RX0の動画撮影で、必要だと思われるものは、「カメラ用小型水準器(下記Amazonリンク)」 と 「距離を測る為のメジャー(近くの百均で入手)」 フレーミングとマニュアルフォーカスで使います。










ふ〜う。。これで忘れ物ないかなぁ…。

写真にはありませんが、手持ちのPCMレコーダー「TASCAM リニアPCMレコーダー DR-40」「TASCAM DR-10L ピンマイクレコーダー」「TASCAM ショットガンマイク搭載カメラ用リニアPCMレコーダー DR-10SG」も持って行きます。







明日早いので、これら機材を持って自宅に帰ります…..。








shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【GoProで遊ぼう!(& SONY FDR-X3000)】, 【スチールカメラマンの動画修行】, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*