家具などの大型被写体の割りきり1灯ライティング(美しキット使用)



美しい光の撮影照明キット を1灯だけ使って、家具など大型被写体のライティングはできるのか?

正直、きちんとはできません。
ですが、オークション出品用用途など、ざっくりと商品を説明できれば良し とする程度のゆるい仕上がりでよければ、それなりなライティングならできるとおもいます。

ただ、この場合においても、おさえるべきポイント がいくつかあります。それをご紹介していきましょう。
なお、今回の設定は「白い壁を背景に被写体のテーブルを撮る」です。(背景紙を壁に見立てている)



①のライティングは、被写体から離れた位置の真横から照射してみました。

この場合、横から照射はよろしくありません。
やはりこの場合、せめて、天板面が明るくないと、、、ですよねぇ。


ということで、ライト位置を高くあげて下振りに照射 してみました。


①より商品の机がわかりやすくなりましたよね。
ただ、壁に落ちた影がきつすぎて、商品が見えにくい、、かなぁ..ってとこですよね。


そこで、被写体を背景の壁から離してみました。


いいですね。影が壁にかからなくなって、
かなり、商品が見やすくなりました!


ライトとは逆方向に大きな白い板(レフ板)を立ててみました。


天板右のエッジが明るくなりましたが、劇的な効果はないようです。あ、でも、テーブル下の影が少し明るくなっているから、よくなった方向には進んでいますかね。


比較しやすいように並べてみると…
もっとも④が見やすいですが、③でも悪くないようです。

というわけで今回のポイントは、
・ライトは高い位置から振りおろして照射!
・被写体の影が壁にかからないように壁から離す!

となります。



さて、ついでにアレをやってみると、、


アレとは「キリヌキ」。
キリヌキをやってみると、
①以外だったら、どれでもいーんじゃね?
という感想です。

キリヌキの力は絶大ですね。



最後に、右にもライトを足して、左右バサミライティング。
同じく高い位置から振りおろしです。


今回、④との差はあまり出ませんでしたが、
大型被写体の割り切りライティングの王道 は、この 左右バサミライティング です。

被写体によっては、片側からの光では影になって見えなくなる部分ができることもあります。左右バサミは大型被写体の万能ライティングといえるのです。




以上、「ゆるゆるライティング講座」を白金台の現場からお届けしましたぁ。。



 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED | コメントする

被写体の正面のカメラポジションは1点のみ!激ムズなのだー



本日は四角い被写体ネットワークカメラ ATOM CAM Swing
正面を撮る、というお題です。


まず、当然のことながら、カメラの水準を合わせます。
ちなみにソニー機内臓の水準器は、誤差±1°らしいので、あてにしないようにしましょう。(誤差が大きすぎる….)


はい!正面と思わしき写真を撮りました。
ん? なんか違和感があるなぁ….。


拡大してよくみると、横面が見えてますよね!?
つまり、「正しく正面ではない」ってことですね。


カメラ位置を若干動かし、撮ってみました。
今度はいーんじゃない!?


惜しい!!
左右面は見えていないものの、わずかに上面が見えています。
つまり、これも「正面ではない」ということになります。


更にカメラ位置を微調整。
これが正しい正面写真 というこになります。
なんか、ちゃんとして見えますもんね。
※但し、この被写体のカメラ部は立て付けが悪く、右に少し傾いている。。


↑ このGIFが動かない場合は、画像をクリックしてください

今回の写真のカメラポジションの調整はこんなわずか。
特にBとCは、高さをちびっーと動かしただけ…。


正面の写真って、ホントはすごーく難しいのです。
特に四角い被写体はごまかしが効きません。

ド正面に構えられるのは、カメラがレベルが取れた状態で、左右位置、高さ位置、の中心から構える必要があり、
正面位置(カメラポジション)は、一点だけしか存在しない ことを覚えておきましょう。
※厳密には、その正面点の被写体からレンズの延長線上ならOK。


 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED | コメントする

パーテーション・卓上商品撮影スタジオのわかりやすい効果



テーブルの上に「淡いグレーケント紙」を敷いて、白いカメラを置きました。
そして、いつものように 美しい光の撮影照明キット(+ 26cm横棒 で真トップライトを組みました。


ま、それなりな写真になりました。
しかし、今日は次があります。


久々の登場、パーテーション卓上商品撮影スタジオ!
知らない人は過去記事を読んでください。


要は、最初のセットにパーテーションを足した(囲った)だけのものです。(ライト位置はパーテーションより若干上に、)


おっ!


効果てきめんってやつじゃないですか!?
さすがにプロ並み..とは言えないものの、かなり完成度の高い写真になります。


同じ角度(俯角)で撮る大きさが似た被写体であれば、
何も考えず「置くだけ」で完成度高く撮れるので、
数撮りにはとても向いています。
(←ここ、EC商品を撮ってる人は聞き捨てならないでしょ?)

このように70点を目指せばいいブツ撮りでは、
パーテーション卓上商品撮影スタジオの万能力は、
大きな力を発揮してくれる
のであります。
※1日、300カットも不可能ではないかもよ!


 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)



shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED | コメントする