トップライト+片側レフで立体感をもたせる



トップライトの下に 正六面体(つまりサイコロのようなもの)を「左右対象」になるように置いて 写真を撮ってみました。なお、このサイコロは白いペンキで塗られており各面がムラだらけですが、ご容赦ください。


トップライトだけだと、上面だけ明るくなって、左右の立ち面が暗くなります。
これじゃぁ、なんかサイコロに見えません。じっとみ続けていると、全然違う形にさえ思えてきます。


そこで、例のレフ板秘伝のレフ板を左サイドに配置してみました。


おおおーー!上が一番明るく、左がやや明るく、右が暗い。。
なるほど、これでサイコロ状のものと認識できるのですね。


それでは、右側にもレフを追加したらどうなるのか?(つまり、両サイドレフ囲み)


左右の立ち面が明るくなって見やすくはなったが、立体感がなくなりましたかね。むむむむ。


レフで囲んで全体を明るくすると全てが満遍なく見えるので安牌ともいえますが立体感が損なわれることもあります。

基本、左右の明暗差があるほうが、立体感がもたせられることが多いです。(全てのケースにあてはまるわけではない、また、左右のレフの距離を変えるという手もあり)


なんでも「レフで囲えば良い」ってことではないんです。
私の場合、トップライト下のブツ撮りでは、この「片側レフ」を選ぶことが多いですかねぇ。。(その判断は、ご自分で..)

 美しい光の撮影照明キット

 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED | コメントする

見逃しがちな「背景の外側」に注意!



すみませんすみません、おととい昨日、に続き3日連続で同じ被写体で同じようなセットになりました。(このボトルが説明するのにちょうどよかったのね)
でも、訴求ポイントが全然違いますから、心して読んでください。

黒ケント紙の背景で、例のボトルを撮ってみました。


すると、まぁこのような具合に写りました。ふつーにちゃんと撮れているようにおもえます。しかーし、、よーく見るとぉ、


謎の白いものが写っているではないですかぁ。。
左右非対称にこんな写りこみがしちゃうのは、ブツ撮り的には「重大インシデント」といえます。

さて、これは何が原因なのか?

※見えやすいように「ハレ切り」をどかしました

これねぇ、実はプロでも見逃しがちなことで、よくやっちゃうことなんですよぉ。特に今回のボトル形状の被写体の撮影ではよく起こります。
実は写真構図の外側、背景紙の外側が明るい色のものが写り込んでいるわけです。

ボトルのネックは、今回セットでは右側黒ケント紙背景の面積が広いため右側はそんなに目立たず、左側の明るいグレーのが写り込んじゃって目立つってことです。

円筒形被写体は、背景の外側まで簡単に写り込んじゃいます。気をつけなきゃなぁ。。


背景紙が黒の場合の回避策は、外側まで「黒布を貼る」です。布じゃなくても紙でも良いです。とにかく、黒が必須です。


背景外の黒処理をした写真はこちら!
雑情報が消えて随分スッキリした印象になりましたよね。右下の白も消えています。


一番問題多きネックを比べると一目瞭然。よく見ると右側にも細い白筋がありましたね。遠くの外側を拾っていたというわけですね。

ブツ撮りって、こーゆー細かいことの積み重ねなんです。完璧にやるには近道はありません。

たとえば、今日の技を覚えて実行したとしても、背景と黒に隙間があると細い白筋が写り込んでしまいます。やったつもりでも完璧でなければ意味ないことも多いです。

光の作用は物理現象なので、少しの隙間も許してくれません。むかしお母さんに昔いわれたでしょ?トイレのドアは最後までちゃんと閉める、って。こーゆーことでも、そのお母さんの教えが役に立つわけであります。

 美しい光の撮影照明キット

 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED | コメントする

「暗い背景」や「黒の被写体」では、ハレ切りを怠るべからず



本日のお話は昨日の続編になります。( → 昨日の記事からお読みください
実は白背景でこの被写体では、「ハレ切りあり」と「ハレ切りなし」では、結果はほぼ変わりません。


なぜそうなるかというと、
白背景では写真内の多くの面積が「白」なので、そもそもハレーションが入っているような状態だから です。

つまり、このハレはどうすることもできないということです。(キリヌキにする場合は、被写体ギリまで黒攻めをすれば、解消できます)


というわけで、今日は、あらためて 黒背景 で、
ハレ切りあり・なしを撮ってみました。


左が「ハレ切り有り」、右が「ハレ切り無し」の結果です。ご覧の通り、
ハレーションが入ると、黒が締まらなくなります。 
※右側は黒の締まりが悪いのです。よーく見たらわかるとおもいます。

つまり、明るい背景、もしくは白い背景の場合、ハレが入っても気になるエラーには気がつきませんが、暗い背景の場合、ハレが入ると背景の「黒が締まらなくなる」というエラーがはっきりとわかってしまします。

なた、、暗い背景でなくても、被写体が黒の場合、その黒が締まらなくなることがあります。

黒背景、黒被写体の場合は特にハレに注意して、入念に「ハレ切り」をしたほうが良いということでしょう。。

 美しい光の撮影照明キット

 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED | コメントする