四六判用紙を「パーテーション・スタジオ」のサイズ合わせてまっすぐ切る方法(定規不使用)




先日からご紹介しているダイソーの商品で作る「パーテーション卓上商品撮影スタジオ」には、別途、背景紙が必要になります。A1サイズの紙が入手できればそのまま使えるのですが、それより入手しやすい 四六判(78.8×109.1cm)用紙を断裁してご使用いただくようにご案内しております。

私は「1mの直尺」を使ってカッターで切っちゃうわけですが、一般の方々は「1mの直尺」はお持ちではないと考えます。そこで今日は「1mの直尺」がなくても、四六判が広げられる「床」があれば、「パーテーション・スタジオ」用に大きさに「断裁」する方法をお教えします。

まずは、カッター・おもし(4つ)・マスキングテープをご用意ください。おもしは文鎮である必要はありません。底が平ら尖っている部分がない100g以上の重さのものをご用意ください。


四六判の紙で一番入手しやすい百均の「模造紙」を使います。のちにビニール袋を使いますので、先端だけを少し破いてすべての紙を取り出してください。


ロールから一枚だけを取り出し、残りは丁寧に巻いて袋に戻してください。



まずご案内するのは最も簡単な方法。四六判用紙を真半分に切ることを目指します。





ここが一番神経を使うところです。必ず集中してください。(模造紙は薄いため、ここを左手で押さえて切らないとキレイに切ることができません)
※くれぐれも左手を切らないよう、細心の注意をはらって作業をおこなってください。



模造紙はとても薄く、それにロールのクセがついています。断裁が済んだら、必ず広げて壁に軽くくっつけてください。なお、セロテープでやると、高確率で紙を破きます。必ず粘着力の弱い「マスキングテープ」を使うようにしてください。(百均・ホームセンター・文具店で入手できます)


四六判真半分の紙は、
パーテーションの上にクリップで止めると、手前が少し短いかもしれません。被写体の高さがそれほど高くない場合、パーテーションの上部にクリップ止めるのをやめて、少し下げて「マスキングテープ」で止めるようにしたら、床の紙が手前にくるようになります。

なお、模造紙より厚手の「白ケント紙」でも今回の方法で断裁することができます。(ケント紙の場合、切る際の左手のサポートは不要)



「もっと完璧な背景紙の大きさにしたい!」という志の高い方のために、このあと、もう一つの断裁の仕方をご案内もうしあげましょう。ただ、その分ミッションはちょっとだけ難しくなります。



パーテーション・スタジオのサイズにぴったり合わせて、縦に20cm断裁することにします。




このスタジオの幅は、「60cm」です。それより、少し狭い幅が理想の背景紙の幅ということになります。
四六判の幅では入らないので、いらない20cmを切るという作業です。ちゃんと20cmで紙を折ることさえできれば、あとは最初の真半分に切った要領と同じです。


奥行き60cmのテーブルでは、背景紙の手前側が余ってしまいました。邪魔だとおもうばあい、長さを短く断裁してください。
とはいえ、こっちの方が余裕がある背景になっていますよね。ちょっとだけですが、スタジオとしての対応力が増していることは間違いないです。

最初にご案内した簡単な「真半分」か、断裁が少し難しくなるけど「ぴったり背景」か、ご自分の工作能力に応じてお選びくださいませ。。


↓ 2021.10.21現在、「LED電球Sh50Pro-S」だけが、在庫切れのため、「売り切れ」となっております。再販売まで少々お待ちください。(11月初旬くらいかな?)

↓ こちらはパーツ不足のため、「売り切れ中」。キットと同じ時期に再販売の予定。
 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

なんやかんやと、あれなので、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, 商品撮影初心者向けLED | コメントする

近所で商品撮影用背景紙(四六判の白紙)を入手できるのか?



JR目黒駅周辺で、商品撮影用の背景紙を大捜索!!

商品撮影の背景紙として、私は「四六判 白ケント紙」を使います。プロ御用達の消耗品会社が配達してくれるので、私は容易に入手することができます。しかし、一般的な方は四六判(788×1091mm)という大きな紙を入手すること困難なようです。

そこで、試しに近くのJR目黒駅周辺で、四六判の白い紙を探すことにしました。(あいにく白金台には文具店すらない) 紙を丸めてキレイに運搬できるように、このような筒(長さ80cmに調整)を用意しました。
※ちなみに、この筒と同じようなものを「ダイソー」で300円で売っていました。


まず最初に目指したのは、駅ビルに入っているやや大きめの文具店を目指します。書店と兼業の店ですけどね。


四六判の紙がある棚を見つけました。通常大きな紙は、このような大きくて薄い引き出しにあります。

四六判の棚に、「ケント紙」はありましたが、カラーケントのようで白はありません。(うむむ..) もう一種類その下に「NTラシャ」なる四六判の紙があり、「白」とも書いてあるので「おっ早速見つけたか!?」と喜んだのもつかの間、そのNTラシャの白をみると、どーみても「生成り色」感が強く白とはいえません。下手したら「うすクリーム」と見分けがつかないくらい黄色い。。。これじゃあかんわな..。と、この文具店での捜索は終了。(四六判の種類はごくわずか..)

てか、もう目黒駅周辺には「文具店」なし。。。結構都会のはずなんだが…。


背景紙の捜索は続きます。
駅近くの東急ストアの2Fに「ダイソー」があります。ついこの前まで「キャンドゥ」が入っていた場所です。(ダイソーに駆逐されたのかな?)

実は四六判模造紙は「キャンドゥ」「セリア」にはあるが、「ダイソーには四六判の模造紙はない!」という気になるWEBの記事がありましたので、ちょっとそれを確かめにきたのでもあります。


売り場を捜索すると、なんと、ダイソーにも「四六判の白の模造紙」があるではないですか! ってことは最近、売り出したのかな?


ただ、四六判とは書かれておらず、「788×1090mm」と記されているのだけなので、「サイズ」と「色」をよく確認をした方が良いでしょう。ダイソーには、四六判のハーフサイズの「模造紙」も売っているので、くれぐれもお間違いなきよう。

結論を申しあげると、目黒駅周辺で、四六判は百均で「模造紙」を入手する以外ないようです。。。理想の背景紙の「白ケント紙」の入手はやはりハードルが高いのかもしれません。

ちなみにですが、「ダイソー」と「キャンドゥ」の模造紙は同じくらいの薄さ(64gとか紙厚0.09mmと記されている)。お歳暮を包むお店の「包装紙」くらいの厚みなので、ペラペラです。
対して、理想の「白ケント紙」は180g 紙厚0.25mmくらいありますから、模造紙の2.5倍以上の厚さということになります。

白無背景撮影を目的に、極薄の模造紙を背景紙として使うには、かなり慎重な動きをしないとすぐにシワになってしまいます。部屋の気流も気にしなきゃいけない感じです。とはいえ、注意深く使えば背景紙としてギリギリ使えます。4枚入ってるので、シワになったらすぐに取り替えれば良いと割り切りましょう。

でもなぁ、ケント紙くらいのコシがないとキレイな「アール」が作れないんだよなぁ。。

四六判ケント紙は、大きめの画材屋さん(例えば「世界堂」)や、「東急ハンズ」の画材売り場にもあるはずです。商品撮影を極めたい方は、百均模造紙の次は「四六判白ケント紙」の入手を目指しましょう!

あ、大事なこと忘れてた。画材屋でケント紙購入の前に、ダイソーでコレを買っておくことをオススメいたします。。(キレイに持って帰れます..)

yodobashi.com / 銀一 GIN-ICHI 無蛍光ケント紙 10入 

あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓
shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

なんやかんやと、あれなので、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: しょーもー品, 【ブツ撮りの基本】 | コメントする

背が低くて可愛い「Φ30mm級 小型自由雲台」新発売!真面目に仕事するヤツです



一昨日昨日、と遊び過ぎたので、今日は真面目に仕事します。
新商品のご紹介。背が低くて可愛い、そして軽いのも魅力な自由雲台のご紹介。


商品名は「Φ30mm級 小型自由雲台」といいます。
前にも似たような雲台を取り扱っていたけど、なんかぎゅーと凝縮されてコンパクトに! 前より一回り小さくなった感じかなぁ。


この小さいサイズにでは、1mmの違いで印象かわるんだよね。。あれ?小さくなったってね。。この感じ、なんだか、愛おしくおもえちゃうんです。
ところがその感じは、「写真じゃ伝えにくい問題」があるから、不幸にもみんなに理解してもらえないんだよなぁ。
実際持ってみると、見た目より軽い感があるんだけど、それも写真じゃ伝わらない。とほほ、だね。


(ツバ)と変換ねじをばらしてみると、こぉ。
チビのくせにちゃんと太ねじ穴(3/8インチ)が装備されているところに感心しました。


小さいからって、ナメちゃいけません。仕事はちゃんとします。 っていうか、要求以上の仕事をしちゃってるよね。 で、これギリ固定してるって感じゃなく、余裕で固定している感じがなんとも勇ましい。

一見地味な機材におもえますが、チビでもしっかり仕事をする「真面目」な雲台なのであります。人間でも日の当たらないところで仕事する人ほど、世の中の役に立ってたりしますもんねぇ。。

 Φ30mm級 小型自由雲台

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

なんやかんやと、あれなので、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, 照明用雲台, 自由雲台 | コメントする