半透明ゴミ袋・ディフューズを「塩ビパイプ・フレーム」につけて進化させてみた



昨日の記事(美しいテーブルフォト)を、さらに高めるために、近所のホームセンターにやってきました!
半透明ゴミ袋(45L)とセロテープで、テーブルフォトの美しい照明ができるんだって! ←昨日の記事。


水道用の「塩ビパイプ」類を買ってきました。ちなみに、これ全部で1000円以下だったとおもいます。


詳しくみたい方のために、タグのアップ。


これら塩ビパイプを組んで、おおよそ 「1m×1m」強の枠(フレーム) をつくりました! 接着剤は不使用ですが、ちゃんと固定するために「ハンマー」などで軽く叩いて止めましょう。


もう一つ用意したのは、粘着力弱めの両面テープ弱めってとこがポイントかも。ちなみに300円強だったとおもいます。



フレームに「弱めの両面テープ」を貼り付けます。



対面する面の2面に「弱めの両面テープ」を貼り付けましょう。



昨日の記事で作り方をご案内した、「半透明ゴミ袋45L」を分解した半透明ビニールを用意します。



片側の「両面テープのはくり紙」を剥がし、「半透明ビニール」をピンと張った状態で接着します。



一面貼った「半透明ビニール」を、ピンと貼ってテンションをかけながら、逆側の面も接着します。



とりあえずこれで出来上がり! ※弱い接着力の両面テープなので、張り直し調整が可能。



余分なビニールを「カッター」で切り落とし、整えます。



これで出来上がり!!!ってはずだったのですが……



昨日使った、以前に買った「東京都推奨ゴミ袋45L」と同じものを買ったつもりが、新規ゴミ袋は半透明さが違うことが判明!!より透明に近くなっていたのです!!(色々見ましたが、最近のトレンドみたいです…)



これでは「透明すぎます!」ってことで、フレームを裏返し、同じように「両面テープ」をつけます。



同じように、もう一枚の「半透明ビニール」を貼り付けます。



同じように、カッターで不要部分をカットします。



「半透明ゴミ袋2重張り」のフレーム付きディフューザが完成しました!!


昨日のセットを組みました! 昨日より「簡単にセットが組める」ことと「安定した面光源(すぐに壊れない)」がメリットです!


今回の状況の場合、スタンドの先に「輪ゴム」固定と、


テーブル後方に「 大きなクリップ 」だけで、このセットが固定できました!(いずれも片側だけ..)


なんにせよ、フレーム(枠)があるだけで、飛躍的に「面光源」の扱いが簡単になります!


もちろん写りもバッチリ!!! なお、これは「レフなし」です。。

039|撮影用大光量50W 高演色LED電球

ショートダボ(ねじ穴付)

軽スタ軽量ライトスタンド 70-200



shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 | コメントする

半透明ゴミ袋(45L)とセロテープで、テーブルフォトの美しい照明ができるんだって!



今回は「天板サイズ80×60cmのテーブル」に被写体(小物)を置いて、テーブルフォトを撮ろうとおもいます。

まずは、単純にスタンドに「 高演色LED電球Sh50Pro-S 」をつけて照射します。このスタイルは「 逆トップライト 」といいます。

※写真の真ん中の「突っ張り棒(垂直ポール)」はブログ後半で使います。


被写体の手前に、激しく影が出るようですね。


次に「 強力フレキシ棒20(小さい方) 」に「 ショートダボ 」を、ソケットとスタンドの間に取り付け、照明が少し突き出る状態にします。

完全ではないものの、「 真トップライト(真上からのライト) 」にしました。


被写体の下に影が移動し、「影部」が少なくなってよく見えるようになりました!


「真トップ」状態で、手前に「 秘伝のレフ板 」を置いてみました!
(秘伝のレフ板については、→コチラ!


影が明るくなって、随分よくなりましたよね!!

でも今回の本筋は、ここからです!
さらなる高みを目指しましょう!




半透明の「 東京都推奨ゴミ袋45L 」を用意します。



底をハサミなどでカットします。



このように筒状になります。



次に真ん中の文字の印字された横を切ります。



さらに逆側を切り、印字された部分を除去します。



開くと「1枚のビニール」になります。(80×100cmくらいかなぁ..)




冒頭で使った撮影用のテーブル(80×60cm)のカメラとは逆側(奥側)の縦面に、テープで今作ったビニールをセロテープでしっかりとくっつけます。(他のテープでも良し)



こんな感じに、、



次のプロセスです。

壁のカメラ位置のちょっと上くらいに「セロテープ」をくっつけます。「T字状」にするとくっつきがよくなります。(とにかく、ガッチリくっつくように…)



カメラの上のこの位置に、「セロテープ」をピンと貼って、「突っ張り棒」に渡します。 ※同じ位置に、しっかり固定できるものならなんでも良い。(ハンガーラックとか…)



とにかく、ピンと張ることがポイント!



テーブル後ろを固定した「ビニール」を、ピンと貼りながら手前に渡し、セロテープとくっつけます!



逆の様子はこお。ビニールがピンと張ることがとにかくポイント! 張りが足らない場合は、各セロテープ接着部を引っ張って調整してください。



最後に余った部分をハサミでカットして完成!

天井ディフューズライトが、ゴミ袋とセロテープでできてしまいましたね!






ゴミ袋で作った、ディフューザーの威力は!?


前半までとは、全くレベルの違う 美しい仕上がり!
半透明ゴミ袋で、こんなことができるなんて!!驚きです!!!


さらに「レフ坂」を足してみましょう。


テーブルフォトいや、商品写真として完璧レベルなのではないでしょうか!?


そして、試しに、一番最初の影が多かった「逆トップライト」に戻してみます。(+ レフ板あり)


んん?? むしろ「逆トップ + ディフューズ + レフ板」は、真トップよりいいかも….。 ※このあたりは、個人の好みです。


さらにさらに、「逆トップ」で「レフ板を外す」という攻め込んでみました!


「レフ板」がなくても悪くないじゃん!! むしろ、好きかも!!
※このあたりも、個人の好みです。


えーーー、とにかく、、
「 東京都推奨45Lゴミ袋 」 と 「 セロテープ 」で、美しいテーブルフォトに役に立つ、ディフュザーと化したことは事実!

今回、「壁 と 突っ張り棒」を利用しましたが、同じ位置に「セロテープ」をピンと張る ってことがもっとも重要なことで、、工夫して、天井ディフューザーを作ってくださいね。(コートハンガーやハンガーラックは役に立つと思うよ…)

※半透明ゴミ袋を2枚重ねて使うと、ディフュザー効果がさらに高まります。


039|撮影用大光量50W 高演色LED電球

 E26ソケット (16mmメスダボ付)

★強力フレキシ棒20★(小)strong

ショートダボ(ねじ穴付)

軽スタ軽量ライトスタンド 70-200



shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 撮影術, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 撮影の基本の知識 | コメントする

アンブレラ+ディフューザ(+高演色LED電球)のテッパンな光のポートレイト



ほぅら、みてください。ド直球のポートレイトです。
「立体感」「肌の質感」「髪の毛の質感」どれをとっても一級品ではないでしょうか!?


このようなライティングで撮影しました。

4灯ソケット 」に「 高演色LED電球 」を 4つ つけて、「 天使のアンブレラSilkyWHITE-100 type DOME(直径100cmの白傘) 」にバウンス。さらに「 アンブレラ・ディフューザ 150cm 」を被せています。これを一つ、ポーンと照明しているというわけ。

バウンス & ディフューズ という、贅沢かつラグジュアリーな光!

この方法は、ポートレイトでは、テッパン中のテッパンではないでしょうか!?
※右側から「レフ板」は不使用です!


お目目にも、キレイな丸のキャッチライトが入ります! 実はこの方法は、プロカメラマンの世界では、昔から使われている古式ゆかしき照明方法である、「傘トレ(傘にトレペで多いディフューズしているヤツ)」 なんですけどね。

今回LED電球でやりましたけど、ストロボでも、当然同じような効果があります。。

天使のアンブレラは、傘バウンスだけでも十分優しい光を放ちますが、さらに「ディフューズ」すると、さらに「優雅な柔らかい光」になります。究極の光を求めている人は、ディフューズはあったほうがいいかもね。

アンブレラ・ディフューザー 150cm(type DOMEは、100cmじゃ足りないので..)

天使のアンブレラ Silky WHITE-100【type DOME】

4灯式ソケット(E26)& SoftBox
(70x50cm/SQ60cm/OCT80cm


039|撮影用大光量50W高演色LED電球
Sh50Pro-VSh50Pro-S



shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, ストロボ&フラッシュ関連, 最強!スーパーアンブレラ, プロ用LED照明機材 | コメントする