みんなが知ってるモノを「美しキット」でCMライクな写真に高めてみる



近所の自販機で、みんなが知ってる缶コーヒを買ってきました。NASAで研究された強度が増すデザインの「ダイヤカット缶」のやつですね。


今日はこの缶コーヒーを コマーシャルライクな写真 に高めていこうとおもいます。
まずは白の無背景にするために「白ケント紙」を壁から垂らしアールをつけます。高さのあるモノを撮る時の基本的なセットですね。


白背景にして、事務所の天井の室内灯(直菅LED)のままの「地明かり」で撮ってみるとこぉ。
白背景なので、それなりに写っている気がしますがとてもCMライクな写真とはいえませんよね。


そこで「 美しい光の撮影照明キット(+ダボ付フレキシ棒20) 」を真上から照射してライティングしてみましょう。いわゆる「トップライト」ですね。


おっ!かなり美しくなりました。白背景に助けられて、下からの照り返しがあるから「まぁまぁ」な感じな写真になりました。
が、雑誌記事のちょっとした写真なら許されるかもしれませんが、コマーシャル写真的には全くダメです。。


というわけで「 美しい光の撮影照明キット 」をもう1セット追加投入!
左サイドから「 逆ハの字 」上に配置します。
トップとサイド、これはかなり期待できるか!?


かなり、いい線かな!?「ダイヤカット缶というもの商品写真」ならこれでもいい気がします。
が、これは「缶コーヒー」です。なので、コーヒーのCMをしなくちゃいけません。。なので、まだまだできることがあるはず!


ブラッシュアップの手として「 秘伝のレフ板 」を右サイドに配置してみました。さてさて、こんな簡単なことだけで、缶コーヒーのCMライクになるのか!?


これですこれこれ!!重要なラベル情報が良く見えるうえに、缶コーヒーが快活に元気に見えるでしょ!?
つまり、この写真をCMに使ったときが商品が一番売れるであろう..と考えての選択となります。


この「美しキット」は、初心者様用の道具のふりをしておりますが、たった2灯で、プロのCMライクな厳しい要求の撮影でも十分使える照明機材であるともいえることがお分りでしょうか….。

↓ 今回在庫分、残りわずか。その後、しばらく売切れ期間が続くと予想されるのでご注意を..
美しい光の撮影照明キット

↓ E26のソフトボックス単体も、絶賛販売中!
50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 現在、配信を停止中。


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED | コメントする

E26ソケット(16mmメスダボ仕様)の解説図録









えーーーー今回は、樹脂製の「E26ソケット(16mmメスダボ仕様)」の特徴を表した”解説図録”です。
“図録”なので、テキストでは説明しません。(サボっとるなぁ..)
でも”図録”だけで、この商品の仕組みを簡単に理解できるのではないかとおもいます..。(おわり)

 E26ソケット (16mmメスダボ仕様)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 現在、配信を停止中。


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 | コメントする

曇天の窓からの光を活かした「和の表現 しっとり静物作例」




梅雨の時期、直射日光が出ず陰鬱な気分になりがちです。ですが、こんなときでも光はあります。

「弱い光だからこそ表現できる写真」があることを知っていただきたい。
曇天の弱い光が差し込む窓さえあれば、このような「しっとりとした静物写真」を撮ることができるのです。 曇天の光は「和の表現」を得意とします。






ただ、弱い光が故にどうしてもシャッタースピード(SS)が遅くなってしまいます。今回お見せした作例は「1/8秒〜1秒」。とても「手持ち撮影」ができるようなSSではありません。

曇天の窓の光での撮影では「三脚固定」は必須です!さらに、セルフタイマーも併用しブレないように注意しましょう。

逆をいえば、しっかり三脚固定さえすれば、弱い光でも「静物撮影」は可能ということなのであります。

あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓
shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 現在、配信を停止中。


 

カテゴリー: 撮影術 | コメントする