「突っぱり棒(細)」の「紗幕」活用術③(吉野家金文字丼・発展編)









奇跡のタイミングで、寛大なる振る舞いをしていただいた親愛なる「吉野家様」に感謝を込めて、、、、2010年にゲットした有田焼の「金文字丼」を撮ってみました!(もちろん、昨日のうちに「定期券」を再購入しました..)
吉野家で牛丼食べたら「金文字丼」が当たってしまった件。




これをどんなセットで撮ったのか!? 気になりますよね!?












基本的に、先日からお届けしている、「突っ張り棒(細)」 2本と、紗幕200×130cm を使った「天ディフューズ」です。 ↓
「突っぱり棒(細)」の「紗幕」活用術②(応用編) ←先にコレを読んでね!

それを少しだけ発展させました。











今回の丼は「高さ」があるため、背景紙(白ケント紙)に、アールをつけて立ち上げる必要がありました。(背景紙は、テーブルのサイズに合わせてカットしています)











それを、後ろ側の「突っぱり棒」に、テープで止めています。













今回は、ライトスタンド(オスダボ先)を4本使用。 特筆すべきは、前回使用した「TSチーズ」なるものを使っていません。さらに簡素化に成功しました!












太めの「輪ゴム」で止めています。(二重にして襷掛け..)











先端ダボの凹んでるところに、いい塩梅にハマります。

「突っぱり棒」に、紗幕の後ろ側を2個のピンチ(洗濯ばさみ)で挟んで固定しています。












太めのゴムならなんでもいいと思いますが、いちおご案内すると、使ったのはこのサイズのもの。→ゴムバンド 170(切幅3mmX折径60mm)
「ひも」でもいいかもしれませんが、ゴムは締め付けてくれるのと、滑らないので最適かとおもいます。











ちょっとしたコツなんですが背景紙が(白)の場合、こんなことができます。このような、トップライトメインの照明では、フレームギリまで「白ケント紙」を持ち上げると、「レフ効果」を得ることができます。

今回の場合、フレーム内にケントをINしないようにするためには、写真のように、ほんのちょっとしか上げることができません。こんなので果たして「レフ効果」が期待できるのか!?











ほらね!?効果てき面でしょ!?

トップライトの場合、丼の下側(高台)は影になってしまいます。 なので、このちょっとのレフも大切になってきます。












最後に、ついでなので「金文字丼」を裏に向けて「高台」が見える写真を撮ってみましょう。このカットは、カメラ位置が高くなりますから、レフを入れるスペースが生まれました。なので、大きめのレフ(90×45cm)を入れます。












当然、美しく写っております…。

普段、お店では丼のこの姿を見ることはありませんので、貴重なカットかもしれません。(牛丼を食べ終わったら見れるんだけどね..) 

吉野家の丼の「高台」には「牛さんマーク」があるという事実!!

予期せぬ発見ですな..。



↓ 肝心要のこれ、ウチしか売ってないからね♥
1407 紗幕200×130cm



「突っぱり棒(細)」の「紗幕」活用術①
「突っぱり棒(細)」の「紗幕」活用術②(応用編)



45wled-ra90_03_l 039
撮影用大光量45w 高演色LED電球【Ra95/E26】


039|E26ソケット【STRONG!!】
(メスダボ仕様/ねじ穴付シュートダボ付)





↓ なんか値段が倍くらいにあがってるんだけど、どーしたんだ!?(サイズさえあってれば、いいんだから、お近くのホームセンターでゲットしてね..)


shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, スタジオ撮影用品, , プロ用LED照明機材, 照明周辺機材 | コメントする

SONYα9の微速度撮影ボレロ



超ー悲報!

このタイミングでまさかの「吉野家定期券」紛失!!!

9月1日に購入した「吉野家定期券」を、本日(23日)なくしました…..。昨日(22日)だったら、まだ再購入ができたという、最悪のタイミングです…。
お陰で今朝から、埋めようのない喪失感に苛まれております….。

カバンの外ポケットにラフに入れていたのがいけなかった。。(同じ場所に入れていた「餃子の王将」と「天下一品」のたいして役に立たないスタンプカードは、なくなっていないという皮肉..)

ダサいです。ダサいです。まったくもって、ダサすぎます。。。

くそー!

吉野家 定期券 HP


本編とは、全くない話から始めてしまって、すいません。。さ、気を取り直して、、、







SONYα9には、「スロー&クイックモーション撮影 (S&Q)」というものがあります。ダイアルで選べます。つまり、通常のフレームレートを変えて、スローモーションにしたり、クイック(微速度撮影)にしたりできます。

SONY様は、それをわかりやすくしたかったのでしょうね。

↓ スローモーションは既にお試し済み
【SONYα9】FHD 120fps動画(4倍スロー)を撮ってみた









この図のように調節ができます。音は録れません。明るさはオート露出になるので「露出補正」で調整します。

しかし、1fpsは、ど~して4Kじゃないのかねぇ…。(そーゆーとこがSONY様…)










今回は、1fps(1コマ/秒)で記録、24p上で動かす設定にしました。

21分間を記録したものが、1分弱になりました。それでは、ご覧ください。










終始アンケートを集めるオバちゃんが気になる。。 クライマックスは、感動の靴屋の開店シーン!


今日は、こんなもんで…….。







緊急朗報!

吉野家のHPをあらためて見たところ

「ご好評につき、10/1(日)24時まで販売延長!!」

との打ち消し文字がぁ!!!!! 信じられません!!!!(感涙;;)

ブログ執筆途中に奇跡が起きましたぁ!!!

帰りに買っていこっっと!







shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II | コメントする

「突っぱり棒(細)」の「紗幕」活用術②(応用編)








先日、紗幕に便利な細めの「突っ張り棒」をご紹介しましたが、本日はその使い方を発展させたいと思います。

まずは予備情報。。この棒の両端に付いている、ゴムは引っ張ると外れる仕組みです。













細い方のパイプは、先端に穴があいており、パイプの直径は、約10.6mmです。










太い方のパイプは、先端がふさがっています。その直径は、約13.5mm。 ん?この直径のパイプだと、、、もしかして、、










16mmオスダボ→インチねじ変換アダプタ(w3/8) と ショートダボ(ねじ穴付)












「新」軽スタ を使えば、この「突っぱり棒」を横に渡すことができます。(2セット必要)

ん?待てよ、、棒を横に渡すだけで、果たして、こんなたくさんの道具を使う必要があるのか??

もっと、良い手があるはず!!!

というわけで、考えました。。











こおです!!!










スタンド2本に「突っぱり棒」を、水平に渡して、紗幕を張って「天ディフューズ」ができております!!!

さて、どーやったのか?










これが、今日のキモの道具です。










「ねずみ色」のT字の道具がキモなんですね。。

この道具について詳しい話は、最後にしますね。。












もう一本の「突っぱり棒」は、紗幕橋の袋に通さず、しっかりはさめる、強力クリップ で、紗幕を挟んで「重り」にして、紗幕を張る役割を担います。。(この棒は300gほど..)













照明は、ストロボでもLEDでもオッケーです。

ちなみに今回は、「新」【軽スタ】軽量ライトスタンドの先ダボねじに、15mmロッドコネクタ Single を取り付けて、15mmアルミロッド(30cm) を突き出しました。 なお、E26ソケット【STRONG!!】は、直接、ロッド(15mm)につけることができます。(そこに、大光量45W高演色LED電球 ね….)











カメラ側から見るとこう! スタジオ感が溢れていますよね。ちなみに、カメラ下には、レフ板(スチレンボードB4パック 3ミリ厚)を置いています。











ちなみに、撮った写真は、コレです。。フツーにキレイに撮れてますね。











先ほどの「ねずみ色のT字の道具」とは「コイツ」です! 正体は「TSチーズ13mm」という水道用品。











「TSチーズ13mm」の内径を測ってみると「18mm」。穴が貫通しています。

つまり、「16mmダボ」が先端についている「ライトスタンド」に、ダボを通して「置く」ことができます。そして、横穴もありますから、「突っぱり棒」が通して、水平を保てるということなんです!!!

ただし、16mmのダボに18mm穴を通しているものですから当然「グラグラ」します。固定はされていません。ただただ、置いてるだけです。でも、「突っぱり棒(細)」に紗幕を通して、「水平にするだけ」なら、十分要件を満たしているとおもいます。どーしても、固定がしたい人は、ガムテープで止めるなり、各々で工夫してくださいな。











なお、この「TSチーズ13mm」は、近くの品揃えのよくないホームセンター(敷地が広くないからね..)で購入しました。なので、あなたのお近くのホームセンターにも必ずあるはずです。。(入手が容易..)

つか、何?この値段、、安すぎる…! 2個買っても、100円でお釣りがきますから、多少、グラグラしちゃっても納得できるのではないかとおもいます。





ビバ!! 塩ビパイプ!!!!






↓ TSチーズは手に入りやすいですが、肝心要のこれ、ウチしか売ってないからね♥
1407 紗幕200×130cm







shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, スタジオ撮影用品, 照明周辺機材 | コメントする