剛力クランプ伝説!「JawsClamp mini」を使ったストロボセッティング例










とても剛力なクランプ、「JawsClamp mini」です。















50mm強のパイプなど迄を剛力に挟むことができます。















これを使えば、例えばよくある立て看板。ポールの直径は「約49mm」ありました。















そいつを剛力に挟んでしまいました。つまり、立て看板に「16mmmダボ」が突き出たことになります。















ダボには様々な「照明機材を接続」することができます。例えば、アンブレラホルダー。














ほれ、こんな風に、クリップオンストロボV850IIが2灯設置されました!
















せっかくなので、「美しいルーセントアンブレラ」も設置。いーですね。。。















おっと、スタンドも使わずストロボライティングぅ!!! 剛力に挟んで、しっかりと設置できています!














安定感が素晴らしい。。 接続しているカタチが実に美しい…..。
















剛力なJawsClamp mini」から始まる「めくるめく魅惑の接続系機材の世界

建物そうですが「基礎」が一番大切なのです。。


















【 主演 】
1295 Jaws Clamp mini



【 共演 】
【039】アンブレラホルダー「V-twin」

天使のアンブレラ Lucent-100(100cmの透過傘)








shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, 最強!スーパーアンブレラ, 秀逸!バッテリーストロボ, クリップオンストロボ用アクセサリー, 頃合いの良いアンブレラホルダー, クランプ | コメントする

例の「ストリングライトコード(社外品)」に高演色LED電球15個点けてみた!


ISO100 1/125秒 f5.6







今日の正午、東京地方は今にも雨が降りそうな暗〜い曇天。

年末にご紹介したストリングライトコード 10M15灯(電口金E26ソケット15個付)を私が使っている、ありったけの高演色LED電球を「窓枠」に垂らしてみました。(15個装填..)

ということは……






ISO100 1/125秒 f5.6






ピカーーーン!
そりゃ、点灯したくなりますわなぁ。。。。

曇天とはいえ「定常光」が「昼間の太陽」と戦っているわけですから、地味に凄いことやってるわけでして。。。






ISO100 1/250秒 f5.6






やはりこの検証は、本来、夜やったほうがわかりやすいのでしょうけど、夜やったら、ご近所さんに大変ご迷惑をかけることになりますもんで、、






ISO100 1/250秒 f5.6





でも、よく考えてみてください。曇天とはいえ「お昼」ですよ。。

こんなに「明るく写ること」自体がフツーじゃないことだと、ご理解いただければ幸いです。




  039|撮影用大光量50W高演色LED電球 Sh50Pro S/V

45wled-ra90_03_l 039
撮影用大光量45w 高演色LED電球【Ra95/E26】













shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 | コメントする

お手軽二眼流撮影術のご提案








「フルサイズ50mmのノートリミング」の写真です。












そして、こちらはうんと引いた写真になります。まわりの様子まで写ってますよね。












実はこれらの写真は、「SONYα9」の上に「SONY DSC-RX0」をつけてと同じ場所から撮ったもの。

超お手軽な50mmと24mmの「二眼流」なのでした。。「ズームを使えばいいじゃん!」と正論を言わないでくださいね。だって、ズームレンズを持っていないのですから…。(買えよともいわないでね…)

ただ、α9とRX0はどちらも「アンチディストーションシャッター(無音も可)」で、どちらもスマホで「遠隔コントロール」できて、動画も写真も撮れるわけですから、この「二眼流」は、全く意味のないことではないのではないかとおもう次第なのであります、はい。。。。。。。






1081ホットシューマウントアダプター II型





★ちなみに「2階建てカメラ」の写真は、iPhoneXの「ポートレイトモード」で撮りましたとさ。












shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, ホットシューアダプター, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 | コメントする