「LED ロケライト Sh50Pro-bk」にアンブレラをつける方法









あら、なんと美しい。。

装着されているのは蜉蝣のように美しい「天使のアンブレラ Lucent-100」ですね。。
でも、実は今回の光源はストロボではありません。。













連日登場の LED ロケライト Sh50Pro-bk ではないですかぁ!
でも、確かこのライトには、傘穴はなかったハズ・・・・。












むむ。どーなってるんだ!?
すごく複雑なことになってるぞー!












まずは「Sh50Pro-bk」の構造を理解する必要があります。
灯体両サイドで支えている「アーム」は簡単に外すことができます。

特筆すべきは、両軸受けしている左右のノブが「1/4インチねじ」なことです!

だからアームを外すと「ねじ穴」が両サイドに露出し、機材接続できるってことかぁ! なるほどなるほど、、

シネアーム-2」で「片軸受け」にして、空いている「ねじ穴」を使って最終的に「アンブレラキューブ nano」で「傘穴」をつけてるのですね。。














上の機材接続写真をみて、理解してくださいね。












おさらいすると、こお!

ちなみにこの組み方、底部のねじ穴ではできませんのでご注意を!(シネアームのツバが擦るので本体にキズがつきます..)

で、今回アンブレラという少々重さのあるものをつけているので「シネアーム ー Sh50Pro-br本体」接続で「ねじの締め回転」になるようにしています。 SH50Pro-bkの左右逆側の「ねじ穴」を使用すると、「ねじの緩み回転」になるので、支持できないのでご注意を!

※ちなみにこのディフューズすると光量が「-1EV」減光してしまいます。なので写真のように「標準インナーディフューザ」を外すことをオススメします!






↓ 2月13日23時に発売開始された「Sh50Pro-bk」の売行きイメージ..(2019.2.16 20:00現在..かなり正確..)
039ブランド|LED ロケライト Sh50Pro-bk




天使のアンブレラ Lucent-100(100cmの透過傘)

シネアームキット(今日のはShort-Typeの「2」)

1366 Metal Arm “ATOM”

アンブレラキューブ nano


↓ オスダボ先先端に頑丈なねじが付いているスタンド(ex.軽スタならこれは不要!
16mm オスダボ → インチねじ変換アダプタ





nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 | コメントする

ところで「LED ロケライト Sh50Pro-bk」の調光幅ってどれくらいなの?








LED ロケライト Sh50Pro-bkには、ディマーを回すと「100%〜5%」を「1%クリック」で「調光」できる仕組みがあります。







そもそもですが、この「%表示」とは、いったい何の%なんでしょうか?

調光の仕組みとしては、内部的に「電圧」を可変することにより、LEDの明るさを調整しているとおもいます。ということは「電圧ベース」の「%」だと考えられます。つまり「光量ベース」ではないということです。










そこで「色温度設定別(5500K/4000K/2500K)」に、
「最大出力」から「最小出力」まで「4段階(100%/50%/25%/05%)」の値を「露出計」を使って実測し、その「露出幅」を割り出すことにしました。









検証の条件としては、

「標準ディフューザ(初期付属のもの)」で「バーンドア」は外します。そして、光源から1m離れたところで露出計で測定します。ちなみにISOとSSは「ISO400 1/60秒」です。(付属ACアダプター使用)

※幅1.35mの背景紙に照射しています。一つ前の写真で、だいたいの照射範囲もイメージできるとおもいます。




それでは、気になる結果をご覧ください。






減光幅は「1.8〜2.0EV」という結果になりました。
過去の例をみても、調光できるLED機材はだいたいこんなもんですかねぇ。。

これ(2EV)「光量」で表すとおおよそ「1/1〜1/4」となります。
※ストロボのバリエータはこの表記です。



今日の記事の要点は、

100%から「25%表示」まで下げて「1EV(1段)
さらに「5%表示」まで下げて「1EV(1段)」減光する


ということ! この法則を知っていると、必ず現場で役に立つとおもいますよ。





↓ 今後のロケの定番の定常光になるでしょう!(かつてのバッテラー並みになるか!?)
039ブランド|LED ロケライト Sh50Pro-bk







nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 | 2件のコメント

LED ロケライト Sh50Pro-bk を「折りたためて軽いライトスタンド」につけると、かつての「パルサー」っぽくなるね。









ベテランの映像のプロの皆さまにお馴染みのロケ機材の伝統的定番タングステン照明機材「パルサー」という有名機材がありました。今でも現役で使っている方もいるかともおもいます。300wと500wのハロゲン球を装着して使う仕様です。

ただ、灯体1台が「1.8kg」と、かなりヘビーな重さがあります。それに加えて、1.2kgのスタンドで、1灯スタンドセットの場合「3kg」と..。あらら的な。。

で、TOP写真の「Sh50Pro-bk」&「ライトスタンド」って、その「パルサーセット」のデザインに似てると思いませんか!?




しかし、その内容は随分違います。


・パルサーは、タ300W球/500w球を装着することが選べますが、調光はできません。
・パルサーは、タングステン(いわゆる白熱球)で3200K。つまりオレンジ色の光のみです。
・パルサーは、AC100V電源を必要とし、バッテリー駆動はできません。
・パルサーは、灯体が1.8kgもあります。
・パルサーの価格は、3灯セット(折りたたみスタンド付)で300K円くらいで売られていた記憶がございます。




それに対し、この「Sh50Pro-bk」は、

● 最大300w相当の光量があります。(500wには負けますけど..)
● 細やかな調光ができます。
● 5500K(デイライト)〜2500K に色温度の調整ができます。
● 「バッテリー駆動」ができます。(AC100V電源でも使えます)
● 重量630g(バーンドア・アーム含む バッテリー含まず)と、パルサーの1/3の重さ。軽いです。(オススメスタンドのセットでも、1.5kg未満と半分以下です)
● このスタンドをつけても、1灯セットあたり、おおよそ50Kと半分の価格です。(パルサー1セットあたりは100K)
● そして、何気に「高演色」自慢です。




皆さん、以上の事実を聞いてどー思いますか?


時代は全然違うとはいえ、「ぶっちぎり感半端ない」のは確実でしょう!










で、販売ページのご案内で手薄だったところを補足します。



付属:バーンドアは、ハメるだけなので簡単に着脱できます。



発光部、ヘッドはこのような作りとなっております。タングステン スポットライトようなレンズはありません。基本構造は「Sh50Pro-S/V」と同じです。(インナーのアクリルは中心にテープを貼って引っ張ると外すことができます)








発売開始から24時間。
予想通り売れまくっていることは、いうまでもありません..。

在庫数から考えて1週間もつかどうか? その後の次期入荷もすぐには入らないと思います。 悔しいおもいをしないように、早めにポチってくださいね..。(本当に脅しではありません。この記事を読んでいただいた方への、精一杯の誠意の発言です..)

039ブランド|LED ロケライト Sh50Pro-bk


↓ 残念なことに「先端ねじ」がすごく弱いので使わないでください!(すぐ折れます..)
折りたためて軽いライトスタンド 52-195










nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 | コメントする