「昨日の記事」の写真(カメラとレンズ)のライティング








ライカ ズミクロン-R50mmでほぼ撮影!「学校説明会告知動画2017(51秒)」公開!
昨日の記事↑に使われていた「カメラ+レンズの写真」は、どーやってライティングされていたのか!?


を、光を分解しながらみていきましょう。

この現場写真は、トップライトとサイドライト、それぞれ1灯づつ、ストロボを炊いてみたところです。つまり、「トップライトだけだとだめなのか?」「サイドライトだけだとだめなのか?」が知りたいですよね。(イージー・ロールレフ 190 × 130cm「紗幕布」を使いトップディフューズ。そこに、紗幕200×130cm を垂らし、サイドディフューズ。 それぞれ、Godox V850II を「傘バウンス」しています。)








「トップライト1灯」だと、こうなります。(ちゃんと見えるところまで、画像処理で明るくしています) 後のディフューズ用に白い「紗幕」を吊り下げているので「レフ効果」もあり、レンズが少し見えてますが、この紗幕がなければ、レンズ面は全く見えないでしょうね。 白ホリの環境(両サイド白)であれば、トップライトだけでもかなり成り立ちます。 そうでなければ、トップだけだと、厳しいようですね。





「サイドライト1灯」だと、こうなりました。何かを強調させるようなイメージ写真なら、ありかもしれませんが、フツーは「無し」です。カメラの様子が全然分かりませんもん。(コレも見えるように画像処理で明るくしています)













「トップライト1灯」か「サイドライト1灯」だけじゃ、、この状況の中では、難しいということですね。

それでは、足してみましょうかね。












はい。昨日の写真は、だいたいこんな感じで撮りました!

尚、「トップライト」と「サイドライト」の光量は、全く同じです。(距離がだいたい同じだったら、出力差はなくてもいい場合が多い。)

ちなみにですが、「オンリーTOPライト」「オンリーSIDEライト」の「original」を、ガッチャンコすれば、同じようになります。






試しにやってみました! ほぼほぼ、近いのでは無いですかね?






で、昨日の写真は、「トップライト」と「サイドライト(左)」2灯だったのですが、更に追い込むこともできます。












光が何も無い、右サイドにレフ板を立てかけます。(90cm×90cmの白い板) つまり、上左右の3面から光を攻めてるわけですね。すると、どーなるか!?










更に、見える部分が増えて、気持ちがスッキリしましたよね!? レフの替わりに「右サイド」にも面光源作って、「上左右」挟んだ「3灯」という手も時にはありますがね。(スゴく見え見えなライティングだす..)





Godox V850 Ⅱ(GN60.Xシステム・マニュアル調光モデル)

Godox Xシステム準拠のTTL対応ラジオスレーブ【X1】

↑ 小奴らじゃなくてもいーんだけどね。(いちお、)


1407 紗幕200×130cm

↑ これは便利だからあったほうが良いと思ふ。




shop-top

↓ 発送は今日からお休み中!!!m(_ _)m 7月28日(金)から、順次発送!

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, 秀逸!バッテリーストロボ, 噂のラジオスレーブ(&レリーズ) | コメントする

ライカ ズミクロン-R50mmでほぼ撮影!「学校説明会告知動画2017(51秒)」公開!









え~~~、今年版の「学校説明会告知動画」の公開です。約50秒と短い動画ですので、サクッとご覧いただければと思います。(1080pのFHDの動画なのでできれば、フルスクリーンにして見てね。)








使用カメラ : SONY α7RII(1cutだけ、SONY初代α7も使い2カメ)

使用レンズ : LEICA SUMMICRON-R50mm
(それぞれ、1cutだけSUMMICRON-R35mm,ELMARIT-R28mm ← 動画見れば、どこだかスグわかると思ふよ..)





編集ソフト : Adobe PremierePro CC 2017(動画編集),AdobePhotoshop CC 2017(テロップ),Adobe Audition CC 2017(音編集)

撮影,演出,編集等々(ほとんどのこと) : 中居中也







私が最も信用しているレンズである「ズミクロン-R50mm」でほぼほぼ撮りました。(三脚固定) 写真だけじゃなく、動画でも「ライカレンズ特有の立体感」が表現できているとおもいます。

この撮影が完了してから、SONYα9が発売になったので、この動画では使っておりません(ちょっと残念..)。 来年は「4Kカメラ」2カメになるので、かなりステップアップできるのではないかとおもいます。

それに、SONYα9は、a7R2同様「裏面照射型CMOS」のうえ、画素が少ない分「階調表現」が深みがでたのが、ちょっと撮ってわかるくらいなので、ライカレンズと合わせるのが楽しみですよね..。





明日、発送作業をちょこっとだけやりますが、基本お休み期間なので、今日はコレくらいにて失礼しますね。





shop-top

↓ 23日(今日)、いっぱい(24時迄)までに買わなきゃ、商品到着が遅くなっちゃうからね!

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【スチールカメラマンの動画修行】, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II, ライカレンズ | コメントする

TASCAM DR-10L(簡易ピンマイク)をリアルタイムモニタする方法(弊社取扱い外品)











えー、今日は弊社で売っているものの話ではございません。先日の動画撮影で大変役に立った道具のお話をします。

スチールカメラマンが動画を撮るときに、必ず悩むのが「音声収録」。インタビュー形式のような、そのお話(音声)が一番重要な動画の場合、声がちゃんと録れていないと、成り立たないです。ガンマイク等々、色々試しましたが、中々良い結果が得れず、困っていました…。(ぼっち3カメ撮影の場合、手が足りず、音まで頑張れない…)

先日、そのような動画撮影があり「どーしたもんじゃろの〜」と思っていたところ、先月、使えそう良さげなものが発売されました。







それが、TASCAM DR-10L ピンマイクレコーダーです。

超小型のPCMレコーダーに、付属ピンマイクを直接入力するというものです。本格的な音声さんが使うようなプロ仕様のものではありません。価格もお手頃です。














どこまで、お仕事で使えるレベルかわかりませんが、TASCAM製の新製品ということもあり、期待することにしました。














センターカメラの絵はこんな感じ…。襟にマイクをつけてもらい、机の中にレコーダー本体を隠します。

ただ、このままでは、ちゃんと音が録れているか、リアルタイムではモニターできません。
















そこで、最近Appleも売り出した、ワイヤレスイヤホンみたいなのが使えるのではないかと考えた次第です。かつて、Bluetooth通信のヘッドセットを買ったことがあるのですが、つながりも悪く、音も途切れ途切れ、、全く使い物にならなかった覚えがあります。しかしながら、Bluetoothもバージョンが上がり、最新はVer5もあるようでして、昔とは進化してるはずと考え、ネット情報を参考にし、買ったのが。JPRiDE JPA1 MK-II Bluetooth イヤホン AAC aptX対応です。(うまくいくか分からないので試すには、Apple製のは高いのでスルーしました)

で、DR-10Lには当然Bluetooth機能はないので、音声を送信する道具も必要となってきます。

Bluetooth送信機というものは、様々なメーカーから発売されており、色々迷ったあげく、これだ!!!って、最後は、確証のないアテ感だのみで買ったのが、Inateck apt-X HD Bluetooth オーディオレシーバー&トランスミッターBR1006 ってやつです。













DR-40Lに、付属していた「3.5mオスオスプラグ(3.5mmAUX対3.5mmAUXプラグ)」で合体させます。このトランスミッターBR1006は、マッチ箱より軽いので、オンカメラのマイク(レコーダー付)にも取り付けられ便利です。(軽すぎるので、重さの負担には全くならない)












今回使った、ピンマイク(ワイヤレスモニター機能あり)のシステム全図はこうです。

全部でコレだけですから、荷物が増える感覚は全くありません。(重量も激軽..)














で、最後に、肝心情報。このシステムを使った「効果」と「使用感」を箇条書きで書き出しますね。


・ こんな簡易型ですが、ピンマイクの「音声収録」能力は絶大!(声クリア〜) ガンマイク(安物)とは比べ物にならない!!!(さすが音声専用マイク) 



・ 暑かったので空調(風量弱)入れながらの収録でしたが、Adobe AuditionCCのノイズリダクションを使えば、ほぼほぼ空調音が気にならないレベルになる。

・ 軽い無線イヤホンなので、撮影のジャマにはならないし、モニタできるのは安心感がある。

・ Bluetoothのペアリングは簡単! 一度ペアリングすると、どちらも覚えるので、次からはほぼ勝手に繋がっている。

・ とは言え、アイフォンとかスマホのBluetoothは切っておいたほうが良い。

・ 音声遅延は、感覚的に「2/30フレーム(0.1秒以内)」ほど、ある。(aptXで接続している模様..ま、モニタだから仕方ないかレベル)

・ Bluetooth4.1の接続は、かなり安定的(たま〜、にアレ的?なときもあるけど…)

・ DR-10Lのレベル(MIC GAIN)Mの(デフォルト)で良い。(一つ上の「H」で録ったが、デュアル録音の低レベルファイルを使用したくらい..「M(デフォ)」で良かった..)

・ イヤホンの音は、オンラインイヤホンほど大きくできない(DR-10Lの出力がそうなんでしょう)

※ DR-10Lには、「microSDカード」が付属しますが、その他の「microSDカード」では使えない場合があるよう。実際うちにあるのは使えないのがあったし。(心配だったら、シリーズ製品の「対応メディア表」参照)




このシステムの評価。私的結論は、

「BUY NOW!」

で、いーとおもいます。(特にDR-10Lは!です。その他は、もっと良い物があるかもです..)




★ほし〜人は、絶対<↓ココ>から買っておくんなまし、、弊社商品情報なし記事につき、せめてアフェでお小遣い稼がしてね。。







shop-top

↓ 23日の日曜日いっぱい(24時迄)までに買わなきゃ、商品到着が遅くなっちゃうからね!

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【スチールカメラマンの動画修行】 | コメントする