【実録!】大文字(東山如意ヶ嶽)の火床の薪の伝統的な組み方






昨夜(8/16)おこなわれた、恒例の京都・五山の送り火。その「大文字山」に私はおりました..。(恒例になっておりますが..)

写真や動画を色々撮影したのですが、今日はその中でも、
「火床の薪の組み方」を記録を抜粋して、お見せしたいとおもいます…。(ムム..なんてニッチな抜粋..)


..バカにしちゃあいけません。これは「伝統的な由緒正しき方法」らしいのです。
大文字 午後8時点火 東山如意ヶ嶽 (京都市観光協会HP)



「LEICA SUMMICRON-R35mm(+SONY α9)」と「SONY RX0」で記録した写真を、「時系列順」に、だーーーと、並べていきます。たまにキャプションをいれます。んなわけで、ほわぁ〜とごらんください。。。。







前もって、運び込まれた「薪(赤松)」をバラすところから「薪組み」が始まります。






「二」の字に設置されている「火床」の「大谷石」の礎に薪を並べていきます。








「井」の字型に薪を組んでいきます。








「井」の字の外側だけに燃焼を促進させるための「松葉」を入れます。「井」の字の真ん中は空けておきます。ここが酸素の通り道、つまり煙突になります。





ただし、「ぼっくり」は除去します。「ぼっくり」が燃えると、爆発してしまうからです。








願いが書かれた「護摩木(ごとうまき)」を、「薪」の上に「井」型に重ねて並べます。
※「護摩木」の受付は、前日の15日から「銀閣寺門前」で行われるそうです。





テレビ局のドローンが飛行しています。



気が散って、作業の手が一時止まります。




約1.3m積み上げて、だいたいできあがりです。







仕上げに、一気に火をつけるための「藁」で周りと上を囲います。






雨よけのシートをかけて準備OK! あとは点火の時間を待つばかり..。
(この時期、夕方の雨は必ずといっていいほど振りますから..)







これが、
「大文字山」の「俊速着火」が可能な、伝統的な「薪(赤松)」の組み方です。ちなみに大文字山では、今でも「油(ガソリンや灯油)」を一切使いません。
※「油」を使わず、豪雨でも俊速点火させちゃう技、、伝統ってすごいね。。(昔の人が考えた技なんだね..350年くらい前かららしいが..)





写真じゃわかりにくいかもなので、次の「タイムラプス動画(無音動画)」をごらんください。。


薪を組むのに「40分強」かな。。

つか、最初からこっちをみせろや〜。。。的な….








「タイムラプス動画」は、「雑な防水処理をしたSONY FDR-X3000」で撮りましたとさ。。





↓ なんか買っていただいて、なんぼの「ショップブログ」でございますゆえ、よろしゅうに、
shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, ライカレンズ | コメントする

(今年も)「大文字山(如意ヶ嶽)」におるわけでして..(なう)




2018.8.16 12:30 (by RX0 photos)

毎年のことになってしまいましたが、今年もこの日がやってきました。そうです、今夜は、京都・五山の送り火です。

え~~、現在、まだ下界におりまして、喫茶店でブログの準備を進めています。このあとほどなく、白川今出川の待ち合わせポイントに向かいます。。(公開時は過去の話になっているでしょう..)

上の3枚の写真は今回の装備。フルサイズカメラ一台(α9)、レンズ3本(50,35,21mm)、FDR-X3000 × 2台、SONY DSC-RX0、PCMレコーダー、、と随分装備は軽くしたつもりでございますが、背負ってみると、やはり重い。。。この程度の荷物、しかも標高400m未満の大文字山に登るくらいで、、と山男様には怒られそうですが、不摂生な生活&運動不足の私にとっては、生きるか死ぬかのチャレンジなのであります。。。

ご覧の通り、「経口補水液×2本」を準備しております。プラス、直前にあと1Lほどの水を確保するつもりでございます。(近頃、の京都の夏は殺人的な暑さなので、これでも足りん感はあります)




とりあえずここからは、その道中、準備の様子をRX0のスナップを並べていきますね。





















雑なご案内で申し訳ないです。(現場ですもので、、)

現在19時。あと1時間で、いよいよ、大文字山は点火されます(20時)






↑18時すぎに西山付近に降雨の模様。この後、この大文字山にもこの雨雲がやってきて、多少振りました。。。
19時現在、雨は上がっております。。







↓ なんか買っていただいて、なんぼの「ショップブログ」でございますゆえ、よろしゅうに、
shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, ライカレンズ | コメントする

明日の撮影(雨天予報)のX3000の防水の準備。







えと、引き続き京都にいます。
明日、撮影に向かおうと思っているのですが、あいにくの「雨天予報」。。。。

京都の「酷暑対策」は考えていたのですが「雨」の用意を全くしてきておらず、急遽考えることに..。
SONYα9をメインカメラと考えておりますが、そちらは今回、「写真メイン」と考えておりまして、動画では「SONY FDR-X3000(2機)」にお世話になろうと考えておる次第であります。

ただ、雨ってことを全く考えてなかったので「付属のハウジング」を持って来ておらず、2年前の悲劇を思い出し、急遽、「防水仕様」に工作する必要がありました。

防水工作に使う具材は近くのホームセンターで買い揃えまして、、、










そこでメインで使おうと思ったののが、ストレッチフィルム(100mm幅) というもの。引っ張って荷物をまとめてぐるぐる巻きにして自己融着するという代物です。

ラップの強いヤツと考えていただければいいかな。ホームセンターで手に入ります。











全部使うかどうかは、わからなかったのですが、「ビニールテープ(白)(透明)」と「水道管用シールテープ」を、とりあえず同時に購入。












X3000本体とSONY MCプロテクター AKA-MCP1 C SYH のつなぎ目を、「水道管用シールテープ」で塞ぎます。このシールテープも引っ張って留めると、自己融着します。

この時注意したいのが、X3000の「マイク穴」を塞がないように…って感じです。













いよいよ、メイン具材の「ストレッチテフィルム」を使います。
まずは、X3000のお尻側に軽く1枚、フィルムをあてがいます。

その上から、フィルムを3重くらいにぐるぐるとしっかり巻きつけます。










だいたい完成です。フィルムの端は「ビニールテープ」で止めた方がより確実ですね。
しかしこの出で立ち、、オリジン弁当で売っているラップに包まれた「おにぎり」のようですね。。

ダサくても仕方ありません。今日は実をとるしかないのです。しかも、こんなもので「防水効果」がちゃんと得られるのかどうかも、やってみないとわかりません…。とはいえ、何もやらないより「まし」であることは確かだとおもいます。。






【 ストレッチフィルムを使う利点 】
・ 透明なのでなんとか「液晶表示」や「RECランプ」が確認できる。
・ そのままボタン操作が可能。


【 X3000でこの方法を使うときの注意点 】
・ 完全シールドされるので、「使用時の設定」「カードフォーマット」「バッテリー充電」を事前に確実におこなうこと。
・ カメラ本体の「Wi-fi設定」と「Bluetooth設定」は切っておく。(以前に接続されたスマホとかと勝手に繋がり、起動し、無駄なバッテリー消費をしなくする)


※今回は、現場でのスマホや専用リモコンでの「プレビュー」を、完全に諦めています(トラブル多いんだよね…)。確実に映像のみを確保するためです。









というわけで、2台とも「防水処理」を施しました。




底ねじ穴は、フィルムを貫通させると、簡単に装着することができました。(ただし、もう外さないほうが良いと思われます)





1台は「ヘッドマウント」で運用を予定しています。(同時にα9でスチール撮影をする予定)






今回は、軽量化jのために、三脚や一脚は持参せず「トレッキングポール」に装着して、高さを出すつもりです。





ポールに、カメラ固定具(弊社取り扱い外品)を装着し、「メスメスアダプタ」「ATOM」を使いマウントさせました。





使うかどうかはわかりませんが、録音機もシールドしました。



使用前の故障を防ぐために、すべての機材を「フリーザーパック」に入れて持ち運ぶという徹底ぶり…。







さてさて、こんなビンボーくさい「防水処理」でうまくいくのか!?

はたまた、明日は本当に「雨が降る」のか!? (現在の予報では70%..)

ゲリラ的に土砂降りになるのか?ならないのか!?





乞うご期待!(ってなにを??)





1366 Metal Arm “ATOM”

1128 カメラねじメスメスアダプター








shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【GoProで遊ぼう!(& SONY FDR-X3000)】, 【スチールカメラマンの動画修行】 | コメントする