狭所での人物ライティング・テク


TightSpotLighting-05








取材先が狭くて、スタンドをたてるスペースも限られていて、、、って状況、よくありますよね!? アシスタントくんがいるなら、傘バンを手持ちさせて追っかけるのですが・・・あいにく、ウチにはアシくんはおりませんで、相変わらずのボッチ撮影をするしかないんです。。。(だから、工夫が生まれるってもん、、と強がってみる)








TightSpotLighting-01








このように、ライトスタンドも三脚も立てるのがやっとって感じでして、、、、







TightSpotLighting-02








天使のアンブレラSilkyWHITE-100(直径100cm)の傘バウンスから、被写体まで、推定2.5m。。。だいぶ、遠いです。。。正確に言うと、傘の面光源は人物をカバーできていません。できれば、50cm位まで寄せたいですが、この状況じゃ物理的に無理!!(なるべく、寄せて使うほうが、このアンブレラの美しい光の威力が発揮できるのですが..)







TightSpotLighting-03








そんな場合、現場の地明かり(この場合、部屋の蛍光灯照明)を少〜しかぶらせます。 ストロボなしで、これくらい・・・・。





これにストロボ光を合わせると・・・・・・。







TightSpotLighting-04








遠くから照射しても、この仕上がりだと、リアリティがありつつ、しっかり人物を見せることができているので、OKなんではないでしょうか・・・・・・。(この状況じゃ、やむおえないでしょ) 目にキャッチも入ってるので、ストロボの効果はちゃんとでてますしね…。









【 今回使った機材 】(← 最も大切なお知らせ!)

SilkyWHITE-100 天使のアンブレラ Silky WHITE-100

Pan-Blacket_000_L パン棒付スピードブラケット


1304 軽量ライトスタンド【軽スタ】82-185

1597 バッテリ内蔵クリップオンGodox V850(HSS対応・マニュアル調光) & リモコン

弊社販売のGodoxストロボは、初期不良保証&ご購入後半年間は手厚く保証致します!




↓ 上記をまとめると少しお得なキットになります。
1590 【 美しい人物撮影 】ストロボ パーフェクトキット

弊社販売のGodoxストロボは、初期不良保証&ご購入後半年間は手厚く保証致します!


















TightSpotLighting-06











本筋とは関係ない話ですが、気になるTOPの写真は、ソニー FDR-X3000を、MetalArm”ATOM” と カニクラ で、ポールに固定し、取材中、タイムラプス(1枚/5秒 ×900回)で現場の様子を撮り続けてました。(ブログ用にね) で、その1Cutを単純に丸く切って貼りました・・。(特別に変わったことはやってない)











↓ 7/23(土)〜7/28(木)まで「夏季休業」のため、発送もお休みいただいております。休業期間にお買い上げの商品は、29日(金)以降の発送とさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご了承いただけますようおねがいします。

shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: クリップオンストロボ用アクセサリー, ストロボ&フラッシュ関連, 最強!スーパーアンブレラ, 秀逸!バッテリーストロボ, 頃合いの良いアンブレラホルダー | コメントする

省スペースな「卓上スタジオ」を作ってみた


DesktopStudio_002






無意味に無謀な挑戦をしたがために、大切な竿を粉々に折ってしまって、少し凹んでいる中居です。。。。




さて、今日はコンパクトな機材を使って「卓上スタジオ(デスクトップ・スタジオ)」を組んでみたいとおもいます。トップ写真が完成図です。撮影台を机に見立てています。とすると、机の上に全部乗せているので、スタンドを立てるスペースがないところで有効な組み方かもしれません。(卓上だけで完結している..)






DesktopStudio_005





完成図から、一つづつバラしていきましょう。(逆順でご説明します)





DesktopStudio_006





面光源は、QuickSoftBoxの50cm角 で作りました。これで幅30cmくらいのものまでカバーします。今回tp同じ方法で、一つ大きい「70cm角」のSBを使うこともできます。

1367 QuickSoftBox for ClipON!(SBのみ)






DesktopStudio_008





ストロボは、





DesktopStudio_009





光源は、Li-Ionバッテリー内蔵、高速チャージ自慢の Godox V850を使用。「専用リモコン(別売)」でシンクロはもちろん、カメラ側で出力コントロール(1/3EV毎)することができて、とても便利です。

1597 バッテリ内蔵クリップオンGodox V850(HSS対応・マニュアル調光)

弊社販売のGodoxストロボは、初期不良保証&ご購入後半年間は手厚く保証致します!






DesktopStudio_010






世界一使い勝手の良い(であろう)アンブレラホルダ、弊社自慢の逸品! パン棒付スピードブラケット にストロボ(クリップオン)が装着され、それにQuickSoftBox が付けられていたんですね。今回はソフトボックス使用でしたが、アンブレラホルダーとしても、最高のパフォーマンスを発揮します。

Pan-Blacket_000_L パン棒付スピードブラケット
↑ 現在のところ、世界で唯一弊社のみ取り扱い商品







DesktopStudio_011






この突き出ているものは、、、






DesktopStudio_012






16mm♂♀ダボ付「棒」30-50cm だったんですね。この機材、他では取り扱いがほとんど無いレア機材なんですぅ。。。今回は、一番短い30cmで使っておりますが、この棒は、あと20cm高くすることができます。(SB70cm角を使うときは、少し伸ばしたほうがいいかもね..)

1131 16mm♂♀ダボ付 棒【Bo30-50cm♂♀】






DesktopStudio_013






この先ちょについているものは何かと言いますと、、、






DesktopStudio_014







パン棒付スピードブラケット に付属する、ダボだったんですよね。。なるほど、これが突き出ているおかげで、「棒」のメスダボが使えるってことでしたか・・・・。






DesktopStudio_015






そしてそして、、この機材達を支えていた土台は、超開脚してくれて安定の CAMBOFOTO アルミMini三脚 だったんですね。しっかりできているので、ローアングル三脚だけしか使わないなんて、もったいない!!なお、先端に突き出るねじは1/4インチねじ(カメラねじ)です。

1418 CAMBOFOTO アルミMini三脚







DesktopStudio_016







今回使った機材を並べてみました。








DesktopStudio_017






そして、寄せてみました。。






DesktopStudio_018






大きさ比較のために、NikonD3を置いてみました。コンパクト感が伝わったでしょうか!?





ん?分からん??? ま、とにかく、ブツ撮りスタジオ作るのに、こんだけで良いってには、相当コンパクトなハズなので信じてください。。。。(ごーいんに、まとめた模様…)







↓ 7/23(土)〜7/28(木)まで「夏季休業」のため、発送もお休みいただいております。休業期間にお買い上げの商品は、29日(金)以降の発送とさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご了承いただけますようおねがいします。

shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: クリップオンストロボ用アクセサリー, ストロボ&フラッシュ関連, ソフトボックス, 三脚, , 秀逸!バッテリーストロボ, 頃合いの良いアンブレラホルダー | コメントする

3ポンドライン(0.14mmテグス)で「ライトスタンド」を釣り上げてみた結果..


001






釣りのようなタイトルですが、、、、ま、ある意味釣りなんですけどね・・・・・。






今日は、極細の3ポンドライン(耐荷重約1.5kg)でライトスタンドを釣り上げられるか!?をやってみました!なぜ、そんな意味不明のことをやるかと申しますと、弊社自慢の激軽商品、軽量ライトスタンド82-185 【軽スタ】 が如何に軽いか、、を実証できたらいいなぁ、、というほのかな憶測だけで、どーなるか分からない検証をやってみた次第であります!







002






20年ほど前、私がレイクトラウト(湖の鱒)のルアー釣りに使っていたタックルを使用します。(今では全く使っておりません)






003







使うライン(テグス)は、髪の毛よりちょっと太いくらいの、わずか0.14mmの3ポンドライン。しかも、何回も使用している上、20年経っているので、本来の性能の1.5kgはとても無理だと考えられます。(ルアー釣りとしては、通常ありえない細さ・・・・・)







005






使うロッドは、ウルトラライト(ものすごく柔らかい)の長さ4フィート9インチ(約145cm)というものすごく短い竿です。

なぜ、こんなタックル(道具)かというと、1gもしくは0.7gというものすごく軽いルアーを使用していたため、細い糸に柔らかい竿が必要になっていったというわけです。(竿に1〜4gって記されています)

トラウト(鱒)釣りですから、kgクラスなんかが釣れることもなく、こんな道具でもよかったんですよね。







004






テグスの先に輪っかを作って、ライトスタンドの脚を開くためのノブに引っ掛けて、「空中に釣り上げる」ということを目標に挑んでみました!







karusta







では早速、わずか600gの軽量ライトスタンド82-185 【軽スタ】 を釣り上げてみましょう! 20年ものの劣化ラインがどこまで持つのか!?が今回の見どころとなっております。







006












ウルトラライトの竿が大きくしなっております。。。さてさて、劣化劇細テグスで「軽スタ」を空中に持ち上げることができるのでしょうか!?


さらに、力を加え続けてみましょう・・・・・・・・・・・・・。どーなるか!?どーなるか!??どどーなるのでしょうか!?










007








「軽スタ」が、20年もの劣化劇細テグスで、天高く、釣り上りました!!!(感動…..)


これもわずか600gと、ライトスタンドとしてはありえない軽さだからこそ成し得た偉業とい得るのではないでしょうか!?(ブラウントラウト並みか!? ← つか、それ、もっと軽いよぉ・・・)


1304 軽量ライトスタンド【軽スタ】82-185









oritatamete






調子に乗って800gの 折りたためて軽いライトスタンド 52-195 も釣り上げてみたくなりました。。(なんか主旨が変わってね?)






008





さてさて、どーなるか!?劣化劇細テグスは800gに耐えられるのか?






009





お!!と思った瞬間・・・・・・・・・






010








やっぱ、相当劣化の模様。。。。。。。あっさり、切れる・・・・・。合否は△。




むむむむ、とはいえ、気を落とさず営業しなければ・・・・・・・・・・・

1423 折りたためて軽いライトスタンド 52-195









yumei-Stand







プロの皆さんならよく知ってる有名ブランドのライトスタンド(弊社取り扱い外品)でもやってみましょう。先ほどのスタンドより遥かに重く、1.15kgもあります。結果は予想できますが、「見せしめ」のために、あえて釣り上げてみましょう・・・・。








011







さぁ、どうか!?極細劣化テグスは耐えられるのか!?( ← わかってるくせに・・・・・)







012
↑ 2秒タイマーリモコン(単写)で、この瞬間、よく写っていたよなぁ・・・・。








ファ!?( 一瞬、何が起きたか分からない… )









014











その瞬間をアイツが、4Kの眼でしっかり捕らえていた!





















「見せしめ」をしようとしたので、バチが当たってしまった・・・・・・・・・。









013








劣化テグスが切れずに、グラスファイバー製ウルトラライトのロッドが粉々に!! 「見せしめ」というブラックな心が過ぎった私には、バチという形で思わぬ代償を払うことになるのであった・・・・・・・・・。(もっと、安モンの竿でやればよかった・・・・トホホホホ・・・・・・)アトノマツリトイウ….。








タイトルは、全然釣りじゃなかったでしょ!?(イト、ムナシ………)









※本日のブログ記事は、昨日のアンダー5kg機材だけで、撮影され、喫茶店(wi-fi有り)にて、MacBookGoldのみで、現像・画像編集・動画編集・ブログ執筆・Youtubeアップロードの全てをおこないました。



↓ 7/23(土)〜7/28(木)まで「夏季休業」のため、発送もお休みいただいております。休業期間にお買い上げの商品は、29日(金)以降の発送とさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご了承いただけますようおねがいします。

shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: スタジオ撮影用品, 照明周辺機材 | コメントする