例の「爆光LEDソフトボックス」で高さのある被写体は撮れるのかぁ!?


engineerboots_009







先日のブログで「爆光LEDソフトボックス」を「真トップ」にしたら、多くの被写体が「おくだけ」で撮れちゃうことをお伝えしました。

↓ 読んでない人はまずはこちらを先にお読みください。
爆光ソフトボックスを「真トップ」で使うと「おくだけ商品撮影」ができちゃぅ!

※爆光ソフトボックスとは!?
E26ソケット 4灯式ソフトボックス [SQ60cm] に、撮影用大光量45W高演色LED電球【Ra95/E26】(039ブランド) を4発入れたもの。1.4kw相当の定常光を生み出します、恐るべし光を放つ道具。



でも、高さがある被写体にも対応できるのでしょうか? 今日は高さが30cmある「黒いエンジニア・ブーツ」を用意しました!(幅は約40cm) さてさて、こんな大きいものを「おくだけ」で撮れるのでしょうか!?






engineerboots_003






う~ん、さすがにトップ光の「おくだけ」では、黒くて高さがあるため、厳しく感じます。






engineerboots_008

それでは、右側に「レフ板」を置いてみましょう。さてさて、どーなるか!?


engineerboots_002

おおおお! 右側の皮の「素材感」がよく見えるようになりました!それに金具が輝いてスゴく良くなりましたね!! できれば、金具はこのくらい光らせたいものですもんね。






engineerboots_007

今度は左側にも「レフ板}を追加! 結果は如何に!?


engineerboots_001

皮全体の「テクスチャー」がよく分かるようになりました! やっぱ、トップライトで高さのある被写体を撮る場合、レフは左右にあったほうがいいようですね。







engineerboots_010

今回、2枚の「レフ板」を使いましたが、サイズはいずれも 90×45cm です(スゴイ使いやすいサイズですよ..)。 これは撮影で良く使われる「フォームコア」という、カッターで簡単に加工できる板を使いましたが、この大きささえあれば、どんな白い板でも構いません。工夫して作ってください。(しっかりとしたダンボール板に、ポスター裏地(白)を張るとか、、)












さてさて、ライトは、何も「トップライト」だけではありません。(基本だけどね..) サイドに「爆光LEDソフトボックス」置いてみたらどうなりますかね?

engineerboots_012

同じ機材(スタンドとロッド)で、「サイドライト」を作ることもできます。




engineerboots_006

詳しくお見せすると、このような組み方です。この使い方をするときには、ノブを思いっきり締めないと、ライトの重みで「くるり」と回転してしまいます。親の仇と思って、思いっきり締めてください。

ところが、思いっきり締めすぎたのか、ソフトボックスの雲台のノブのねじがナメてしまうアクシデント発生!!! でも、panproduct. 特選M6ノブ(五枚花型)T=17mm を代用して、事なきを得ました!

このアクシデントにより元のノブのねじが非常に弱いことが判明しました! 弊社でこのソフトボックスをお買上げの方で、このねじがナメた方、必ずご連絡ください!panproduct. 特選M6ノブ(五枚花型)T=17mm を郵送にいて送付させていただきます!!






話は脱線しましたが、サイド光で撮ると、どーなるのか???

engineerboots_005

被写体の左側はいーんですが、右側が暗いですね。。(金具も黒い…)


engineerboots_011

というわけで、レフ作戦!!! 光とは反対の右側にレフ板を置いてみました。



engineerboots_004

おっ! いー〜んじゃない!? 金具もぴかっとなりましたしね。 トップライティングと比べると、ハイライトのつながりがあり、これはこれでいーんではないかとおもいます。。。





ま、トップを選ぶか、サイドを選ぶか、、、好みの別れるところでしょう。。(お好きな方でお使いください、、、、)

※今回のレフ効果は「光の増量」より、黒艶皮の被写体への「白レフの写りこみ」の効果が大きいです。ちょっと難しい話ですがね..。







真トップで使えば、万能物撮りライティング!そして、サイドでも使ってドラマチックに!
e26softbox-sq60cm_001 E26ソケット 4灯式ソフトボックス [SQ60cm]
※ノブねじが、ナメてしまった方、代用ノブをお送りしますので、連絡くださいね。

Ra95の高演色! 45w大光量(360w相当)! みんな欲しいぜ!
45wled-ra90_03_l 039
撮影用大光量45w 高演色LED電球【Ra95/E26】


※類似商品にご注意!外見は「同じ」で高演色(Ra95)ではない商品が他で売られているようですが、それは中身が高演色LED素子ではないので、ご注意ください。( 100V仕様で、高演色Ra95以上なのは「039(ブランド名)」と記されたものだけ!


HightStand アルミ・ハイスタンド 115 – 260

1333 15mmアルミロッド(今回のは30cmのやつ)

265mm突き出すだけでブームがいらないこともある!





shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 特別番外編 | コメントする

「軽スタ」の扱いやすさの秘密。


ori-001









これは4段式の 折りたためて軽いライトスタンド 52-195 を人の背丈より少し上にあげる時にする操作工程です。大まかにいうと「5STEP」あるということになります。

このスタンドは、52cmと短くなるので持ち運びには優れています。それに最低高が52cmと低いのも、このスタンドの良いところです。ところが、逆折の4段式ともなると、脚を動かす操作やノブを締める操作が、多いというデメリットもあります。









karu-001









お次は、3段式の 軽スタ(軽量ライトスタンド 82-185) を人の背丈より少し上にあげる時にする工程です。実にシンプル操作です。「脚を開く、ポールの伸ばす」の操作と「ノブ」の操作が3回だけです。使い勝手の面で考えると、「折りたためて軽い」より、現場操作が圧倒的に楽なんです。

収納時の長さが70cmと少々長いので、持ち運びにくいかもしれません。ただ、約600gと信じられないくらい軽いので、長ささえ我慢すれば、持ち運びが不便とも言い切れないとおもいます。









hand-height_001









【 スタンド昇降を楽にするポイント! 】 

上のパイプから順にあげていきましょう。
下げるときは、下のパイプから順に下げましょう。

写真のピンク丸は「ノブを締める位置(高さ)」です。上下の動きがほとんどないことが分かります。つまり、手(今回は左手)を上下する動きがないので、楽なのです。(美しい動線..)

※「強度優先」で低い位置で使用場合は、下のパイプからあげます。(太いパイプを優先的に使う)











stand









最後に、「軽スタ」と「折りたためて軽い..」の工程を並べて比較したGIFを作りました。「軽スタ」の方が、操作が簡単ということが実感できるのではないでしょうか1?











1304_L 【軽スタ】 軽量ライトスタンド 82-185

1423 折りたためて軽いライトスタンド 52-195



【 参考 】

①折りたためて軽いライトスタンド 52-195 vs ②【軽スタ】軽量ライトスタンド 82-185

・①の方が、②より短く収納できる。
・①の方が、②より低くできる
・②の方が、①より200g軽い。
・人物撮影など高い位置の操作は、3段の②の方が、4段の①より使い勝手は良い。





shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: スタジオ撮影用品, 照明周辺機材 | コメントする

来週の仕事の準備で「カニクラ」を弾ませてみた。


kani-throw_002

kani-throw_003

kani-throw_004

kani-throw_005

kani-throw_006

kani-throw_010

kani-throw_011








カニクラ(蟹バサミ型強力クランプ)を事務所の床で投げみました。ひたすら、床に投げて、弾ましています。

遊んでるわけではありません。来週のお仕事撮影のための準備をしているのです。(練習を兼ねて) 実は既存の機材だけでは、対応できない案件を依頼されています。その依頼内容に対応した道具を作る必要があるのです。








kani-throw_001








最初は試しに、軽いのにヘロくない、卓上スタンド を投げていたのですが、躍動感を得たかったので、調子に乗って「カニクラ3個」を投げるようになりました・・・・・・。

一つ言えることは、ちゃんと止まって写っていることです!

コレが今回のミソね。。。。








kani-throw_012







現場写真を、少しお見せしましょう。 おっ!例のアレで、地べたに這いつくばったアングルにしたようです。
プロフェッショナル的に「ローアングル」を極めてみた。









kani-throw_013








トップから、ソフトボックスのようなものが・・・・・・・・。 イージーソフトボックス的なものかな?








kani-throw_014







やや!モザイク!!! なんだなんだ!!






kani-throw_016








モザイクが強くなってるし…..。







kani-throw_015







なんか、塊がみえるような・・・・・・・・・・・・・・・。








何故、こんなものを作らねければならなかったのか!? それにはちゃんと明確な理由があるんですよ….。

ま、モザイクの向こうは、おいおい、お見せしたいとおもいます。。。。。。。。。。。







1025 蟹バサミ型強力クランプ(カニクラ)

1114 軽いのにヘロくない、卓上スタンド






shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, ソフトボックス | コメントする