卓上商品撮影スタジオのための神グッズが百均の王ダイソー様に降臨!



先日、百均のダイソーをパトロールしていたら、商品撮影にむっちゃ役立ちそうな神グッズを発見!その後、本当に使えるか、頭の中で何度かシミュレーションした結果、すごーく使えるという結論になりましたもので、本日、それらをご用意しました。

その神グッズとは「デスクパーテーション」でーす! 税別300円です。
それを 2つ

あ、パッケージの色が全然違いますけど、同じものです。
※開始早々ですが、この件に関して、ここから話を大きく脱線させていただきます。

実はこれは別々のダイソーで買ったもの。つまり、別ロットのパッケージだと考えられます。

右側は、豪快に「版ズレ」を起こしています。ここまで豪快にズレていると、かえって清々しい気分になりました。そもそも、最近では版ズレしてるものなんて全く見なくなりましたし、これは貴重なものかもしれません。

そして左側は、版ズレはありませんが、刷るときにY(イエロー)版を刷り忘れたのか?黄色が一切乗ってないようにおもいます。
いずれのロットも「エラー」って、ちょっとすごい。(だから安いのかもしれない..)

版ズレのパッケージのトンボをみると、版ズレというより、もとより合わせる気「0」なんじゃないかな。いずれにしても豪快すぎて清々しいです。。(made in korea だそうです..)

話を本題に戻します。(中身に問題がなければ、パッケージのエラーはどうでも良い..)
もう一つ用意したアイテムは「製本テープ(白)」です。30cmくらいの長さに切られたものが10枚入って「100円」です。
あとで、ちょっとした工作に使います。


パーテーションを袋からだして、「コの字」に立ててみるとこぉ。本来はプライベートスペース作るもののようです。

ですが、これの正体は「厚みのあるフォームコア(5mm厚)」という素材そのもの。プロがレフ板で使う素材と同じものなんです。この量で300円とは、かなりお安いとおもいます。

これの良いと思った点は、そのサイズ感。「コの字」に立てた状態で、高さ45cm、幅60cmと「卓上のブツ撮りスタジオ」を構築するのに理想的な大きさ。ただ、少しだけ簡単な工作が必要です。

その工作の方法をお知らせします。

パーテーション2個のうち、コの字に立てて、安定する方をそのまま残し、安定しない方をカッターで3分割にカットします。(真ん中の大きい部材は今回は使用しません)

そのまま残したパーテーションを内側を上にして開き、カットした部材をピッタリと合わせます。それを「製本テープ」で貼り付けます。(テープは1枚と2/3枚使います)
逆側も同じ要領で、継ぎ足しましょう。

これが、出来上がり図。(工作はたったこれだけ..)
ほらほら、いーでしょ?いーでしょ?

これは以前別の百均で買った「四六判 白上質模造紙」。もちろん、100円。ダイソーにもあることを確認しています。
↑ web上に、ダイソーには四六判サイズの「模造紙」がないという情報がありましたが、実際はありました。ただ「四六判」との明記がありません。同等の模造紙は「788×1090mm」と明記してあります。ダイソーには「ハーフサイズ模造紙」もあるので、ちゃんとサイズを確認しましょう。

背景紙として使う、模造紙の短編を59cmにカットして細くしました。(頑張って切ってください…)四六判をカットした白だったらいいわけですから「白ケント紙」でも構いません。(←耐久性を考えるとこっちの方がベター)背景紙を奥壁にダブルクリップなどで固定します。クリップがなければマスキングテープなどで固定してもOK。

仕上げとして、「美しい光の撮影照明キット」と「26cm横棒」でトップライトを作って、上に配置すれば、完璧な卓上商品撮影スタジオの出来上がりです。


規模はちがいますが、このようなスタジオが完成したことになります。


モノを置いて、高めのアングルからみると、こぉ!


別のモノを置いて、水平に近いアングルからみると、こぉ。


中心をトリミングして並べると、こぉ!!そこそこどころか、よく撮れているといってもよいでのは!?

今回のも数撮りもできる「置くだけスタジオ」といっていいでしょう。
しかも、壁に机をくっつけることが必要ないつものセットとは違い、
背景紙を含めて自立するので、設置場所を選ばなくなったことも大きな進化 ではないでしょうか!?

【今回の卓上スタジオ構築の予算】(ダイソー用品)

デスクパーテーション 300円 × 2 = 600円
製本テープ 100円 × 1 = 100円
白上質模造紙(四六版) 100円 × 1 = 100円
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計800円 税込み合計880円

追加でクリップかマスキングテープを買っても、990円と1,000円以下で収まりましたね。

これが最小限の工作でできたのも、ダイソー様のパーテーションのナイスサイズのおかげ。ただ、テレワークを当て込んだ商品なので将来なくなる可能性もあるので、このスタジオを作りたい人は、お早めにダイソーでお買い求めくださいませ。



 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

なんやかんやと、あれなので、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【みんな大好き百均ネタ!】, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください