【手づくりレンズフード工房】SONY DSC-RX0の「収納&折畳み式フード」の型紙、無料DL!








エーーーーーーー、SONY様が作った新しいプロダクトのSONY DSC-RX0ですが、オプション品(別売アクセサリー)で、大事な「レンズフード」はありません。(今のところ…)

というわけで、SONY様に断りもなしに、勝手に作っちゃいました!!

だって、直射が入るの困りますもんね。素材は「黒ケント紙」。紙です。紙だけど十分その役割を担ってくれます。







パンプロ特製 DSC-RX0専用「ハンドメイド・レンズフード型紙.pdf」





自分の為に設計・製作したものですが、
皆様にも、同じものを作っていただけるように「型紙」をご用意しました! そして太っ腹なことに無料(タダ)です!!!

★上のピンクボタンを押すと「A4縦印刷用」の「型紙pdf」が表示されます。それを100%で印刷してください。

※この型紙を使って個人用だったら、フードをいくらでも作ってもらっても構いませんが、この設計図を使って商用にするとか、ご自分のお手柄にするとか、人の道に反することは絶対にしないでください。



【 準 備 】プリントした型紙の「大外のトンボ」をカッターで切り取ります。ここは正確さは全く必要ありません。だいたいで4線をカットしてください。



必要な型紙が切り出せました。



【30×10cm位の黒ケント紙を用意する】
黒ケント紙の真ん中に、型紙を配置します。



【黒ケント紙と型紙をテープ止め】
セロテープで「型紙」を黒ケントに4辺きっちり止めます。(セロテープは引っ張らないように接着、引っ張ると縮むので注意!)



型紙の4辺が黒ケント紙に固定されました。(しわになったり、反ったりしたら失敗)



【切る前に折る!】
直尺(物差し)をあてて、4本の「破線」を折ります。(ここの性格さが一番重要!丁寧にね..)



【きっちり折る!】
折り目は、必ず円筒(写真では竹を使用)のものを使い「増す押し(?)」をして、折り目を正確にだしましょう。(なめす、、とは意味が違いますが、そんな感じ..)



正しく「折り」が入ると、手を離してもこうなります。



4つの破線がきっちり折られました。



【カッターで切る!】
折りが済んだら、カットの作業にはいります。型紙の実線をカッターで「黒ケント紙」も同時に切り取ります。型紙にある「①」から順に切っていきましょう。



③をカットしている様子。



ナナメの線、④と⑤をカットしている様子。



最後の⑥をカットしている様子。



カットが完了すると、型紙と黒ケント紙が分離します。



型紙の「◯糊」と記された、黒ケント紙の面の全面に糊を指で薄くひきます。「速乾性の木工用ボンド」がオススメです。(はみ出した部分は、水雑巾で拭けばOK)



糊面に塗り残しがないように。(薄くでOK)



逆側に貼り付けて、四角いリングにします。糊面の圧着はしっかりと!(接着の最大のコツは、接着直後の全面圧着です)

これで、RX0用のフードの出来上がり! 中学生レベルの工作力があれば、簡単に作れると思いますよ。











フードがないRX0に….









フードが付いた!!!











しかも! 収納式!











美しいピッタリサイズ!!












当然、ケラレも無し!












さらに畳むと極薄になるというおまけ付き!!(紙だからねぇ…)











実は試作を繰り返し、やっとこの「ジャストサイズ」にいきつきました。。(見えない努力の賜物ですわよ..) さぁ、さぁ、RX0ユーザーの皆様。型紙をプリントアウトして、「手作りレンズフード(ハンドメイドフード)」を作ってみませんか!?(タダですよぉ!!)

※但し、湿気や雨にかなり弱いです…。 ※黒ケント紙より、少しだけ厚め(硬め)の紙で作ると、もっとカッコよくなるかもですが、工作難易度も上がります。





★本記事を書いた後に気がついたのですが、これって、モニターフードにもそのままなるってことでは!?(ただ、その場合、操作ボタンが一切押せなくなるけどね..)









あああああああ、またやっちまった!! 営利目的なブログなのに…..。RX0が売れても一円の利益にもならないのに….。(というわけで、たまにはショップ ↓ も見ていってくださいね…)
shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*