「ラジオスレーブ Godox”X1″」は他社製TTLストロボをマニュアル発光制御できるっ!つまり、GRとCHは共通なのよね。









SONYα9(MIシューカメラ)で、NikonのSB-400というスピードライトを発光させている様子です。(SWしかついていない純正で一番安い、小さなストロボね..)

このストロボ「TTL制御オンリー」のストロボなので、そのままでは他社製カメラでは「発光」すらしません。 (非TTLラジオスレーブでも不可)



α9に「Godox X1T-S(ソニー用送信機)」を付けて、SB-400(NikonTTL専用機)に「Godox X1T-N(ニコン用受信機)」をつけると、発光させることができます! しかも、驚くべきことに、X「Godox X1T-S(ソニー用送信機)」の操作で「マニュアル調光コントロール」ができるのです!!!(1/1〜1/128 1/3クリック、もちろんTTLコントロールはできません。それと、小出力なのでHSSもできませんでした…。大出力だとHSSできると思います…)














例えば、EOSにYONGNUO YN622C-TX(キヤノン用TTL送信機)を付けて、YONGNUO YN622N(ニコン用TTL送受信機)にこのSB-400を付けても、M調光はおろか、発光すらしません。これは、YN-622のニコン用とキヤノン用ではGR(グループ)及びCH(チャンネル)が違うため、使えないと推察されます。





昨日から売り出された、「ラジオスレーブX1(Xシステム準拠)」及び”X1システム”搭載のTTLストロボ( AD360IIV860II )の「GR」と「CH」が、お行儀よく共通のため、他社用でも「TTL以外の機能」が使えるのです! あ~~だから、あんなことができたのですね! (どのメーカー用のストロボを持って行っても、送信機さえあってれば、使えるってSONYとNikon使っている私としてはスゴくありがたい..! )






↓ YONGNUO YN622にできることは、全てできちゃう!! そのうえ、別メーカー製で互換して、安定性もよく、TTLがスゴく正確って..今のところ、最強じゃね?
Godox TTL対応ラジオスレーブ【X1】







X1T(送信機)の「カスタムファンクション(C.Fn)設定表」を独自に日本語で作りました! メーカーの取説より親切に解説(オススメ設定も記されている)しているので、分かり良いですよ!(弊社でX1Tをお買上げの方に、もちろん差し上げます)




さらに表面は、「最初に設定すべきこと(混乱しないために)」が記されています。買ってすぐに、この設定をすることにより、複雑で難解な「X1T」をいち早く理解し、これを知らない人が陥る「迷宮」に入らなくて済むとおもいます。(最初、私もその迷宮から抜け出せなかった..)






今日の話を「何のこっちゃ?」って思った人は、以下ブログ記事をお読みください。
TTLラジオスレーブGodox X1、TTLバッテリーストロボAD360II、V860II、マニュアルバッテリーストロボV850II【全て無線内蔵、HSS対応!】やっと一気に新発売!!(SONY用もあるでよー!)




shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, 噂のラジオスレーブ(&レリーズ) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*