新LEDライトの「1m露出」を徹底検証!(と、昨日の訂正とお詫び..)


45w-led






まず最初に、昨日の記事におきまして、データの一部に、誤りがあることがわかりまして、本日は皆さまに、「訂正」及び「お詫び」をさせていただきます。

間違いがあったのは、高演色LED電球の「露出データ」です。・・・・・・・・うっかり見逃していました。本日改めまして、写真のように、正確に光源より1mの距離にミノルタのメータを固定し、測定しました。

本日測定した結果(正しい値)は以下の通りです。




45W高演色LED電球 = ISO400 1/60秒 F4.0 2/3 (1m)




事実とはかけ離れた値を表記しまして、大変申し訳ございませんでした。謹んでお詫び申し上げます。

※Raの数値に関しましては、間違ってはおりません。





今回同時に他の新型LEDの「1m露出」も測定しております。





rpad


【丸型】フラットパネルLEDライト Rpad-450(白のみ)のデータは以下の通り、

Rpad-450(白のみ) = ISO400 1/60秒 F4.0 2/3 (1m)



75wですが、間接照明なので「45W高演色LED電球」と数値は同じでしたね。でも、光の質が違いますからね。








rpadd55


次に、【丸型】フラットパネルLEDライト Rpad-450D(色温度可変型)の5500K時(全白)の値です。


Rpad-450D(色温度可変型)5500K時 = ISO400 1/60秒 F4.0 1/2 (1m)



Rpad-450(白のみ)と、全白時には、わずかの差しかありません。。(予想外..)ってことは、Rpad-450とRpad-450Dでは、球数(総数)が違うのか!?(1EVの差があるって言ってた気が…スミマセン…)




rpadd40


フラットパネルLEDライト Rpad-450D(色温度可変型)4000K時(半白半オレンジ)の値は、、


Rpad-450D(色温度可変型)4000K時 = ISO400 1/60秒 F5.6 (1m)



やはり、混合のこのあたりが一番光量があるようですね。





rpadd32


フラットパネルLEDライト Rpad-450D(色温度可変型)3200K時(全オレンジ)の値は、、


Rpad-450D(色温度可変型)3200K時 = ISO400 1/60秒 F4.0 1/3 (1m)



オレンジのみが一番暗いようですね。(僅かな差ですが..)








vpad


最後に、フラットパネルLEDライト Vpad-350の値。


Vpad-350(白のみ) = ISO400 1/60秒 F2.8 2/3 (1m)




少し小さい角型のVpad-350は、Rpadの半分以上の明るさはあるってことですね。





45wled-ra90_03_l 撮影用大光量45w 高演色LED電球【Ra90/E26】

※類似商品にご注意!外見は似ていて、大光量45W高演色(Ra90)ではないのが売られているようですが、それは中身が高演色LED素子ではないので、ご注意ください。(100V仕様でRa90以上なのは、039だけ!)


1623 撮影用【丸型】フラットパネルLEDライト「Rpad」
Rpad-450(白) Rpad-450D(色温度可変型)


1622 撮影用【角型】フラットパネルLEDライト「Vpad」
Vpad-450(白)









この度は(昨日は)、「45W高演色LED電球」の露出データが、誤った値を表記していたことで、皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを、ここに重ねてお詫び申しあげます。本当に本当に、すみませんでした…..。今後、データ等の数値は、よくよく推敲して記す所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。





shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*