【スチールカメラマンの逆襲!】4K「アフターシャッター」という試み。


AS-03


昨日のブログの写真は、どーやって撮ったか??懸命な方は、ココんとこの流れで、もう分かられましたよね?


GoPro-oshiButton


そーなんです、GoProHERO3/Bkで4K動画(15fps)を撮る素材をAdobePrmiereProCCに流し込むコマ送りでまま良いと思われるものをセレクト4Kそのまま(800万画素)で抜き出した写真なんです。


4K時代もすぐそこにあり、近ごろのこのブログでは、スチールカメラマンの皆さんをビビらしてしまいました。。。
間もなく到来!4K・8K時代にスチールカメラマンは生き残れるのか!?
【スチールカメラマン必見!】4Kを写真にしてみると・・


でも、スチールカメラマンのみなさん・・冷静に考えてみてください。この新しいテクノロジーは、写真の新しい表現をももたらしてくれるかもしれないんですよぉ!しかも、シャッターを押さなくてもいいんですよぉ!!(←それがやりたくてカメラマンやってるのにぃ・・・てか・・)ネガティブじゃなく、ボジティブに考えればね・・・。だから、今から練習しようかなーっておもい、昨日のような試みにまたまた挑戦してみることに・・・・。


AS-01


まずは人通りの大変多い所に、三脚のようなもの(ウチの商品じゃないので詳しくは触れない・・)にGoProを設置して4K動画を回すだけ・・・。そしたら800万画素の絵が秒間15コマでずーと撮れてる状態・・・。音もしないしね・・・・。さてさて、どんなのが撮れたのかな?続けてご覧ください。(写真をクリックすると、800万画素記録のオリジナル静止画がご覧いただけます・・)



AfterShutter_001


AfterShutter_002


AfterShutter_003


AfterShutter_004


AfterShutter_005


AfterShutter_006


どーですかね?カメラのファインダー構えてたら、こんな絵(気にしない感が半端無い!)は、なかなか撮れないんじゃないですかね?三脚のようなものの上に、玩具のようなGoProがちょこんと乗ってるだけなので、ダレも気にしておりません・・。それに回しっぱなしだし良い瞬間を逃しません。


あとから4K動画を再生して、良いと思う瞬間(コマ送り)をアフターシャッターするだけ・・・。ということは、「カメラ設置力」と「セレクト力」さえあれば、何とかなるってことかぁ!?(ちなみに今回GoProの構図はモニタリングしてないので見てません。適当に置いただけ・・)


AS-02


この絵は4KとはいえGoProですし、画質はまだまだかも知れません。でもでもでも、もうそこまで、きてるんですよ。4Kの波が・・・・(Panasonic GH4Kも発表あったしね・・)。したら、後でシャッタを押すという考えも生まれてくるハズ!この写真の撮リ方が、将来スタンダードになったりして・・・。


良い悪いはともかく、、、新しい表現ができるかもしれないかもしれません。。シャッターを押すのがスキ!って気持ちも分かります。(私だって写真主体なんだから・・)でも、この現実も直視した方が良さそうですよ。やるなら、早い方が良いしね・・・。


例えばですが、、「一つ上の三脚のようなものの上にGoProが向こう向いてる現場写真」・・この瞬間の絵が4Kの連作には含まれてませんよね〜。ちょっとまってください。過去に遡って探してみますから・・・。


AfterShutter_007


ほらあった!まるでタイムマシンのような感覚・・・!!スチールカメラマンの皆さん、どですか!?4Kを逆手にとって、新たな表現を目指してみればいいんじゃないですかねぇ・・・・。


ワタクシは、このやり方、、も少し追求していきますけどね・・・。


 
 


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【GoProで遊ぼう!(& SONY FDR-X3000)】, 【スチールカメラマンの動画修行】, プロカメラマンに役立つ話。 パーマリンク

【スチールカメラマンの逆襲!】4K「アフターシャッター」という試み。 への1件のフィードバック

  1. まさちん のコメント:

    編集からすると、山ほど撮ってあるショットからカメラマンがセレクトしたやつから選んでたわけで、あまりかわんないのでは?他に違うカットないの?の時に便利かもしれないけど。僕からするとカメラマンの能力は照明力が、7割くらいだとおもってましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください