繰り返しお伝えしますが「ブツ撮りの基本」は薄味のトップライトなのね。



えと、今日はあえてつまらないものを撮ってみました。あ、正しくはつまらないものではなく、フツーの日用品です。つまり、ネット通販の商品になりそうなものと言い換えられます。商品撮影をする必要のある方は、こーゆー日用品をちゃんと撮る必要に駆られているとおもいます。

で、この写真は、そこそこよく撮られていると思いませんでしたか?


この写真では、本ブログで、日々お伝えしている通りの「50×50cmの面光源ライト」を1灯だけ使っています。「左サイドライト」ですね。影になる右には「秘伝のレフ板」を「縦」にして置かれています。
高さが25cmほどのものですから、この照明方法も間違いではありません。そこそこキレイに写っていますもん。


ですが、ブツ撮りライトの基本中の基本の「トップライト」に、見え方の正しさにはかないません。こんな縦長なものにもかかわらず…でです。さっきのサイドライトの写真のと見比べてみてください。正しいのはこっちってのが、感じられるのではないかとおもいます。


お天道様は、いつも上にあります。曇っていても上にあります。私たちは上からの光が、知らず知らずに日常の光だと認識しています。つまりナチュラルなライティングは、上からの光だということになります。(だから正しいと感じる)
特別に奇を衒った演出でなければ、商品撮影は、上からのライトにすべきではないかとおもいます。

フツーに美しく、というクセのない薄味写真。これが商品写真に求められる要素ではないかとおもいます。(薄味ってのが、本当はムツカシイんだけどね…)

高演色LED電球 Sh50Pro-S

50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 現在、配信を停止中。


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください