で、ニトリ袋のディフューズ効果のほどは!?



昨日 は、「ニトリ袋ディフューザ(枠付き)」の製作だけをお伝えしました。今日はその続き、「ニトリ袋ディフューザ」の効果のほどをみていきましょう。

ゴミ袋ディフュザー(塩ビ枠付き)の「ディフューズ効果」の実際はどう?
↑ まずはこの時の「半透明ゴミ袋」と同じく、「高演色LED電球直光」を通して透かしてみた様子をみていきます。


今回のニトリは「2枚継ぎ」をしたので、「1m×1m枠」全面に張ることができました。面光源の面積が大きいです。

そしてなにより、「半透明ゴミ袋 2重」と比べてみてはっきりとわかるのが、「ニトリ」は、直光にも関わらず、光の芯が見えません!1m角全面に広がっていることもわかります。つまり、強力なディフューズ力があるといえるでしょう!


続きまして、
半透明ゴミ袋・ディフューズを「塩ビパイプ・フレーム」につけて進化させてみた
と同じく、小さな被写体を撮ってみることにします。(レフなしです)


レフなしにも関わらず、ニトリ・ディフューズは完璧の照明ではないでしょうか!? お値段以上..とはこのことか!?(んなわけない..)

ちなみに、前回の「半透明ゴミ袋」では、


こぉでした。。。。結構影がくっきり出ていたんですね。。「ディフューザー」の質の具合で、その効果に差が生まれるということでしょうか。。



半透明ゴミ袋(2重) と ニトリ袋を同じように透かしてみると、透け具合のレベルが違うことがわかります。

「ニトリ袋」によりディフューズ力が上がりましたが、完璧ってことではありません。

・ 露光がゴミ袋に比べて光量が「-2EV」ほど落ちる。(暗くなる)
・ ゴミ袋に比べて、光の色が黄色くなる。(これはあとでWBを合わせれば良いだけだけど..)
・ 真ん中に「セロテープでの継ぎ線」があるので、被写体が反射物の場合、線が映り込むので困る。


今回の結論としては、透明化のトレンドが著しい「半透明ゴミ袋」は2重にしても「ディフューザー力」が足りない、と言えるかもです。今回使用の「ニトリ袋」くらいの「不透明乳白」具合が必要ってことかな。

・・・ですが、その分、光量が奪われるというデメリットあり、一見「白」に見えても、透かしてみると「色転び」があることもあるってことも、少しだけ覚えておいてね。(そもそも撮影用に作られているわけじゃない袋だし….)

※今回たまたま「ニトリ袋」でしたが、白地で大きいなビニール袋でありさえすれば、ディフューザーになりうる可能性がありますからね。ニトリにこだわる必要はなしなのです…。

039|撮影用大光量50W 高演色LED電球 Sh50Pro

 E26ソケット (16mmメスダボ付)

軽スタ軽量ライトスタンド 70-200



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください