ゴミ袋ディフュザー(塩ビ枠付き)の「ディフューズ効果」の実際はどう?



先日から、半透明ゴミ袋45L(東京都推奨ゴミ袋)をディフューザーにして嬉しがってる、中居です。まずは、以下の2つの記事を読んでください。

【1】半透明ゴミ袋(45L)とセロテープで、テーブルフォトの美しい照明ができるんだって!
【2】半透明ゴミ袋・ディフューズを「塩ビパイプ・フレーム」につけて進化させてみた

とまぁ、ここまでの経緯を理解されたとして話を進めます。


今日は「半透明ゴミ袋(塩ビ枠付き)」を縦(垂直)にして、「サイド面光源」として使う想定です。

ライトスタンドに「 強力クリップ 」2つだけで固定できました(赤丸)。このように、枠(フレーム)がついていると、面をキープしながら固定が簡単になります。

ちなみに、「赤三角」で示している部分には、黒の長細い布(正確には他機材の布ケース)をクリップで挟んで、垂らしています。ディフューザ面を作った時、ここに隙間があると、光が背景紙に漏れてしまい、写真に写り込んでしまいます。なので、ここを黒で塞ぐ必要があります。このちょっとした技は、覚えておくと必ず役に立つとおもいますもので….(本来であれば、面を背景にベタ付きできた方が良いのですが..今回は急場対策です。。)



で、今回は「ゴミ袋ディフューザ(2重)」の「デフューズ力」はどれだけのものか!? それでは、高演色LED電球の「直光」と「白傘でバウンス」の効果を光源である「ディフューザ」を比べてみましょう。


フラッドな面光源の面積は「傘バウンス」が圧倒的に大きいですね。で、関連前記事でお伝えしている通り「半透明ゴミ袋」の「透明化」というトレンドがるので、2重にもにも関わらず「ディフューズ力」は、低いとかんじます。なので、2重は必須でしょうね。。

そのため、「直&ディフューズ」ではなく、「バウンス&ディフューズ」がベターなようです。


この時、正面から撮った写真。。「直」と「バウンス」の比較として撮りました。 うーーーーーん、被写体(スタルクのレモン絞り機)が、悪かったですねぇ。。違いがわかりにく過ぎる。。。。。。(反省…)

ただ、足の影を見ていただくと、その効果の違いが幾分わかるかもしれません。

039|撮影用大光量50W 高演色LED電球

 E26ソケット (16mmメスダボ付)

軽スタ軽量ライトスタンド 70-200

天使のアンブレラ Silky WHITE-100【type DOME】

しっかりはさめる! 強力クリップ


shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください