半透明ゴミ袋・ディフューズを「塩ビパイプ・フレーム」につけて進化させてみた



昨日の記事(美しいテーブルフォト)を、さらに高めるために、近所のホームセンターにやってきました!
半透明ゴミ袋(45L)とセロテープで、テーブルフォトの美しい照明ができるんだって! ←昨日の記事。


水道用の「塩ビパイプ」類を買ってきました。ちなみに、これ全部で1000円以下だったとおもいます。


詳しくみたい方のために、タグのアップ。


これら塩ビパイプを組んで、おおよそ 「1m×1m」強の枠(フレーム) をつくりました! 接着剤は不使用ですが、ちゃんと固定するために「ハンマー」などで軽く叩いて止めましょう。


もう一つ用意したのは、粘着力弱めの両面テープ弱めってとこがポイントかも。ちなみに300円強だったとおもいます。



フレームに「弱めの両面テープ」を貼り付けます。



対面する面の2面に「弱めの両面テープ」を貼り付けましょう。



昨日の記事で作り方をご案内した、「半透明ゴミ袋45L」を分解した半透明ビニールを用意します。



片側の「両面テープのはくり紙」を剥がし、「半透明ビニール」をピンと張った状態で接着します。



一面貼った「半透明ビニール」を、ピンと貼ってテンションをかけながら、逆側の面も接着します。



とりあえずこれで出来上がり! ※弱い接着力の両面テープなので、張り直し調整が可能。



余分なビニールを「カッター」で切り落とし、整えます。



これで出来上がり!!!ってはずだったのですが……



昨日使った、以前に買った「東京都推奨ゴミ袋45L」と同じものを買ったつもりが、新規ゴミ袋は半透明さが違うことが判明!!より透明に近くなっていたのです!!(色々見ましたが、最近のトレンドみたいです…)



これでは「透明すぎます!」ってことで、フレームを裏返し、同じように「両面テープ」をつけます。



同じように、もう一枚の「半透明ビニール」を貼り付けます。



同じように、カッターで不要部分をカットします。



「半透明ゴミ袋2重張り」のフレーム付きディフューザが完成しました!!


昨日のセットを組みました! 昨日より「簡単にセットが組める」ことと「安定した面光源(すぐに壊れない)」がメリットです!


今回の状況の場合、スタンドの先に「輪ゴム」固定と、


テーブル後方に「 大きなクリップ 」だけで、このセットが固定できました!(いずれも片側だけ..)


なんにせよ、フレーム(枠)があるだけで、飛躍的に「面光源」の扱いが簡単になります!


もちろん写りもバッチリ!!! なお、これは「レフなし」です。。

039|撮影用大光量50W 高演色LED電球

 E26ソケット (16mmメスダボ付)

軽スタ軽量ライトスタンド 70-200



shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください