「反射物イメージ写真」を半透明ゴミ袋ディフューズで照明してみた



先日渋谷・東急ハンズで「ハンズメッセ」なるものがやっておりまして、ラチェットレンチ・セットが、600円で売っていたので、つい買っちまいました!


で、本記事を読む前に、まずは、一昨日と昨日の記事をごらんください。

半透明ゴミ袋(45L)とセロテープで、テーブルフォトの美しい照明ができるんだって!(一昨日)
半透明ゴミ袋・ディフューズを「塩ビパイプ・フレーム」につけて進化させてみた(昨日)


続けますが、レンチの写真は、昨日の記事と、ほぼ同じのライティングで、この「イメージ写真」を撮りました。鏡のように写り込む「ミラー仕上げ」の工具(こーゆーのを反射物という)がちゃんとカバーされていますよね!? ピカピカの金属感がよく表現されているとおもいます。 


今日の写真は、例の「 秘伝のレフ板 」も使用しています。


「半透明ゴミ袋」が「やや透明」になりディフューズ力は落ちましたが、「2重」にすることにより解決できました!

このピカピカの反射物をカバーしているんですから、大したものです。

ちなみに、今回は、「高演色LED電球直向けごし」の「ディフューズ」でしたが、「傘バウンスごし」の「デョフューズ」にすると、さらにフラットで柔らかい光を作ることができます。


カメラ方向から現場をみるとこぉ。 背景に敷いているのは「2017年に採集したビンテージ落ち葉」です。何かの役にたつかとおもい、保管していました。

えーー、なんにせよ、「おおよそ100×80cm」の「面光源」があれば、この程度のイメージ写真は簡単に撮れる!ってこと。 半透明のゴミ袋でも、やればできるってことですかね。 しかも、1000円程度でできる「フレーム付き」です。


↓ もちろん、このような光源も必要ですけど..
039|撮影用大光量50W 高演色LED電球

 E26ソケット (16mmメスダボ付)

軽スタ軽量ライトスタンド 70-200


shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください