ニトリ袋×2枚 を 塩ビ枠 に張ってディフューザーを作る



おうちにあったあの「ニトリ」でお買い物したときに商品を入れてくれた袋です。幅70cm強のやつです。2枚あります。今日はこれを使った撮影に役立つ道具のお話です。これを今から「ハサミ」を使って加工していきます。

実はこのとき使った「半透明ゴミ袋」が透明すぎたので、ディフューズ力が弱いという反省から、もっとディフューズ力が高いであろう、今回の「ニトリ袋」の白を使おうと考えつきました。透けていないので、2重にする必要がないと考えています。








で、ハサミで、このように裁断します。写真だけで伝わるとおもいますので、文字解説は割愛しますね。
そして、同じものをもう一枚作ります(裁断します)





裁断した2枚を、セロテープでつなぎ合わせます。




先日の「半透明ゴミ袋ディフューザ枠の記事」で作った「ホームセンターで入手できる塩ビパイプで作ったフレーム」をつかいます。フレームの具材は1000円ほどで揃えられます。





この記事と同じく、粘着力弱めの両面テープ を使います。粘着力が弱いので、一度接着してからも剥がしやすく、後から調整がしやすいメリットがあります。







今回は、2面貼りの半透明ゴミ袋の時と違い、4面に両面テープがあるので、さらにピンと張ることができます。(ちょっとずつ張る調整が必要)





四方のはみ出た余分な部分をカッターでカット。




最後に、継ぎ合せの余分な部分をカッターで切り取って、完成です!!!





完成品はこんな感じ!! かなり素人ぽさを感じる仕上がりとなりましたが、前回の「半透明ゴミ袋ディフュザー」より、透けてないのでディフューズ力はアップしているはず!!!!

で、今日は残念ながら、ここまで。製作工程をお伝えするだけで、疲れちゃったもので…。

「ニトリ袋の効果」のほどは、おいおい。。さてさて、「お値段以上!」になるかならないか!?(つか、この袋基本タダだし…)






あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓


nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください