「iPhone真ふかん固定装置」「スタジオライティング装置」の作り方








えと、これ、「iPhoneX」で撮った写真です。(×2レンズで撮影)

ちなみに、iPhoneXじゃなくても、デュアルレンズの「plus」でも、同じように撮れるとおもいます。






あ、でも今回のお話のメインは、「iPhoneで撮った」ということよりも、

iPhone真俯瞰(まふかん)固定撮影をしました! ということ。

そして「スタジオライティング」をしてるということの2点がメインテーマです。

さてさて、
どんな「道具」を使えば、このポジション(真俯瞰)で「iPhone固定」ができるのでしょう!?

早速現場を覗いてみましょう!!














ジャン!
これが「iPhone真俯瞰固定装置」ってわけですね。。

「iPhoneX」 と iHolder plus
16mm♂♀ダボ付 【Bo30-50cm♂♀】
折りたためて軽いライトスタンド 52-195















ジャン!ジャン!
そしてこれが、「スタジオライティング装置」ってわけですね。。

撮影用大光量50W高演色LED電球 Sh50Pro-S
E26ソケット【STRONG!!】
折りたためて軽いライトスタンド 52-195
天使のアンブレラ Lucent-100 (透過傘)


















おっと! 棒を突き出して、こんな風に「真俯瞰固定」をしてるんですね。
















棒の先端についてる「ねじ」に直接、iPhoneのホルダーをねじ込んでる模様。。














「棒」にがっしりとねじ込まれています!















最近の「iOS標準カメラアプリ」は、俯瞰撮影(真下を狙うと…)すると、「十字マーク」が2個表示されて、合わせるとレベル(水準)がとれるんですよ。














先端に「雲台」をつけると「レベル」は取りやすいのですが、
今回は、敢えて「ダイレクト接続」しているんです。何故かというと、、、

実は、「接続機材」を一つでも減らした方が、より安定する!! のですよ。

なので、今回、重みで「棒」が「お辞儀」しちゃう(レベルがとれない)ので、
「原始的な方法」、つまり、スタンドの脚にモノ(パーマセルテープ 厚み約2.5cm)をかまして、「レベル(水準)」をとりました!


少し面倒ですが、接続機材を減らすこの方法の方が、長くポジションをキープしやすいのです。(なるべく可動要素を少なくしている..)














ちなみに、今回、「iPhone本体」に触れなくてもシャッターが切れる「ダイソー販売」の「Bluetoothリモートシャッター(税抜300円)」でシャッターを切りました! 300円なのに「やりよるな~的」な便利アイテムです!(iPhoneに触れないから、ポジションが動かない..一度Bluetoothペアリングすれば、次からは何もしなくても繋がる!)









こよいはここらでよかろうかい..。(各装置のパーツを並べときますな)








iHolder plus

16mm♂♀ダボ付 【Bo30-50cm♂♀】

折りたためて軽いライトスタンド 52-195

撮影用大光量50W高演色LED電球 Sh50Pro-S

E26ソケット【STRONG!!】

折りたためて軽いライトスタンド 52-195

天使のアンブレラ Lucent-100 (透過傘)

↓ iPhone動画(真俯瞰 6秒)だと、もっと役に立つ装置です!!







shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 接続系機材の世界, スタジオ撮影用品, 最強!スーパーアンブレラ, , プロ用LED照明機材, 照明周辺機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*