「ダサくないホットシューアダプター、しかもTTLパススルー」と「SONY α のアレ」



$デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

今回は期待の新製品
「ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー/主にCanon用もしくは汎用」
「ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー/Nikon専用」のご紹介。


シンクロ接点のついていないカメラ(エントリーモデルや中級機など)で、
大型ストロボを発光させるためには「ホットシューアダプター」なるものが必要になります。

ところが、
世に出回っている、ほとんどのホットシューアダプターは、なんだかダサイです。
(探した人には分かるはず・・)
カタチがダサかったり・・素材感が貧乏くさかったり・・・。


だから、
Nikonの人はもとより、Canonの人も、、それ以外の人も、、、
結局、Nikon AS-15※を選んでしまうのではないでしょうか?
※ニコン純正オプション

$デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

それはなぜか?
答えは「AS-15」はシンプルなデザインで一番ダサくないからです。
同意できますよね?

しかし、機能面では、
「AS-15」はカメラのホットシューからシンクロターミナルを出すことはできても、
クリップオンストロボにシンクロターミナルをつけることはできません。

$デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

「ダサくないホットシューアダプター」はシンクロ接点の無いクリップオンストロボに、
シンクロターミナルを持たせることができちゃいます。


つまり、カメラとクリップオン両方に使えるってコトです。
てことは、、、

$デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

シンクロターミナルのない、ラジオスレーブの送受信機どちらでも使えるってコトです。

$デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画
※これらコード類は、弊社で取扱いしていません。

詳しく説明すると、
・「コメット平行ジャックシンクロコード」を使えば、古いコメットのストロボ(平行プラグ仕様)で「強力ラジオスレーブRF-602受信機(生産終了品)」が使えるようになります。

・「Nikon SC-11シンクロコード」を使えば、
ハッセル等、中大判のホットシューの無いカメラで「強力ラジオスレーブRF-601送信機」「強力ラジオスレーブRF-602送信機(生産終了品)」が使えるようになります。

$デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

シンクロターミナルには、ご丁寧にねじが切っているので、
Nikon純正シンクロコード(例えばSC-11)を使えば、しっかり固定できて、
シンクロコードの抜けを心配することはありません。

聞けば聞くほど、、ジワジワ良いように思えるでしょ・・・?

ココまでの機能は、ダサいカタチさえ我慢すれば、
他商品でもありました。


「ダサくないホットシューアダプター」は、
ダサくないだけでは無く、他商品では聞いたことがない、驚きの機能があります。

$デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

「ダサくないホットシューアダプター」と言ってきましたが、
正式商品名は「ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー」なんです。
(長いので略して説明しておりました・・・)

えーと、説明が難しいのですが、
カメラホットシューに「ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー」を装着して、
その上に純正ストロボ(もしくは互換ストロボ)を装着してもTTL自動調光が使えるということです。

※TTL=Through The Lens ココは説明が面倒なので、他でお調べください。

この機能がついているホットシューアダプターは聞いたことありません。
純正品でも無いのです。

あ、でも今回発売するものは、

「ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー/主にCanon用もしくは汎用」
「ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー/Nikon専用」


ですので、
キヤノンかニコンにそれぞれ純正ストロボ(もしくは互換ストロボ)をつけたのみTTL調光が使えるということです。その他メーカのカメラ・ストロボではTTL調光は使えませんので、あしからず。
(その他の場合は、マニュアル発光かストロボオートしかつかえません)

※その他メーカのカメラをお使いの方は、
「ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー/主にCanon用もしくは汎用」をお求めください。
※一部TTL調光のモードが使えない場合もあるかもしれません。ご了承ください。

最後に、、
主にキヤノン用もしくは汎用・ニコン専用・ホットシューアダプターAS-15
を比較してみましょう。

$デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

接点の様子がよくわかるとおもいます。
参考にしてください。
===============================================
・大きさはAS-15と比べると、ほんの少し大きいくらいです。
・プラの素材感はAS-15に近く、高級感があります。
・取り付け部はAS-15がプラ製なのに対して、
 「ダサくないホットシューアダプター」は金属製なので割れたりしません。
・いずれもロックねじがあってカメラ等にしっかり固定できます。
===============================================


ね、ダサくないだけじゃなくかなり優秀でしょ?
純正を超えたというのも大げさではない!と思っています。




“ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー【主にCanon用もしくは汎用】”売場

“ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー【Nikon専用】”売場



「SONY α用ホットシューアダプター、シンクロターミナル添え」

今回はもう一ネタあります。

「ダサくないホットシューアダプター」が使えないカメラがあります。
それは問題のSONY αシリーズです。

αシリーズはホットシュー接点が独自の形状になっていて、汎用ストロボ・汎用製品(水準器・LED・ラジオスレーブ等々アクセサリーシューにつけてつかう機材)が使えなくなっています。

純正ストロボを買いなさい!と言ってるんですかねぇ・・。
あまり利口な方法では無い気がするんですが、、、、索尼さんはいつもそうですよね。。

で、その問題を解決するSONY純正品も売られてはいます。

ホットシューアダプター 「FA-HS1AM」
シンクロターミナルアダプター「FA-ST1AM」

が、そうなんですが、信じられない値段がついています。
これじゃあ、サクッと買えませんよね。。。


そこで「ダサくないホットシューアダプター、しかも!TTLパススルー」を扱うついでに、
「SONY α用ホットシューアダプター、シンクロターミナル添え」も仕入れました。
「FA-HS1AM」と「FA-ST1AM」の両方の仕事を兼任しているのでお得ですよね。
でも、TTLパススルーはありません(多分)。マニュアル・ストロボオートのみ使えます。
プラの素材感は良好で、貧乏感はありません。

「SONY α用ホットシューアダプター、シンクロターミナル添え」を
ご紹介するにあたり、1つお詫びがあります。


実はウチにはソニーαのカメラがありません!
だから検証もできません。つまり販売のみしかできません。

でも、皆さんが困っている商品だから適価にて販売します。
この商品の意味が分かっている人だけ買ってくださいね。


コレの欲しい人は、何ができるかは、言わずもがなですな、、、
まぁ、とりあえず扱う商品と思ってください。
(でも、素材感は良いですぞ!)




“SONYα用ホットシューアダプター、シンクロターミナル添え”売場

で、今日はこれから飲みにいかないといけないので、
販売ページには、明日棚上げします。
今日のところは、許してください。
(長かったしね・・・)

尚、売場を明日以降、探してくださいな。
足元見てるような値段はつけないので、期待してくださいね♪
ではでは、

【6/12追記】 商品を棚に上げました!価格だけでも見る価値有り!

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, クリップオンストロボ用アクセサリー パーマリンク

「ダサくないホットシューアダプター、しかもTTLパススルー」と「SONY α のアレ」 への1件のフィードバック

  1. ソニーのファンより のコメント:

    ソニーはいささか不親切なり。ソニーα7R用のシンクロターミナルアダプターを生産完了としてしまって発売中止にしてしまった。ユーザーが居る以上これはないとしたもの。ユーザー無視と言われても仕方ないと思う。FA-ST1AMとADP-MAAすぐに対応してもらいたい。
    もし中古でお持ちの方が居れば譲っていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*