【大発見!!!】 Eye-Fi Pro X2>iPad アドホック接続で複数カメラのデータが転送できちゃう〜って、知らなかったでしょ?



Eye-Fi Pro X2カードは、アドホック接続をすると、iPad(iPhone)に安定接続できるというお話は既にお伝えしておりますが、
この手段を使うと、
複数のカメラから同時に転送できたりしちゃっうんです!
コレってダイレクトモードじゃぁ、絶対できない芸当なんですよ!
まさに大発見!!って言ってもいいんじゃないかね?

設定はどーするかというと、
Eye-Fiの設定で2枚のカードとも、
ネットワーク/プライベートネットワークの設定=adhocを選ぶだけです。
【3】Eye-Fi ProX2の設定

Eye-Fi Pro X2>アドホック>iPadができる人だったら、2台飛ばしは簡単です。

関連過去記事:→Eye-Fi+iPad 安定アドホック接続の秘技完全伝授。目指せ!パソコンレス・スマート撮影【簡潔編】
Eye-Fi Pro X2 → アドホック → iPadの設定は↑に書いています。頑張りたい方は参考にしてください。

で、どんな感じか・・・ということを、
次の動画(3分43秒)をじっくりご覧ください。


※本記事とは直接関係ないですが、この動画は「iPhone4S」のフルHD動画です。

正確なタイミングを知ってもらうために、少し尺の長い動画になっちゃいましたが、
コレを本気でやりたい人には役に立つと思いますよ。


関連過去記事:→Eye-Fi+iPad 安定アドホック接続の秘技完全伝授。目指せ!パソコンレス・スマート撮影【簡潔編】

↑で、この記事の追加検証を発表します。






iPhone・iPad用の充電式バッテリー(1AのUSBポート)を繋いでみると、
コンバーターモード付ルーターのPLANEX MZK-MF300N2がめでたく駆動しました!
電源が無いところでも、アドホック接続が安定的にできるようになります。
気になる駆動時間なんですが、試しに昼からずーとつけっぱなしです。
まだ、ランプが2個ついているので、この調子でだと10時間くらいは使えそうです。
ってことは、一日仕事余裕なんじゃないですか?

  

先の記事では↑コレとコレをご案内していたのですが、、



コレ↑を買うとUSBコードがついていることが判明しました。
(セットの方が35円安かった・・・・・)


DeLOCK SDXC/SDHC/SDカードをCFカードTypeIIに変換するアダプター 61796

D3ではPhotofastのSD-CFアダプターで使えていたのですが、
EOS 5D MarkIIでは使えません。(認識しない・・)
そこで、使えると噂の「DeLOCK CompactFlash Adapter for SDXC/SDHC/SD/MMC (ドイツ製)」を人柱となって、買って試すと、
このSD-CF変換アダプター、めでたくEOS5D MarkIIで、Eye-Fi ProX2が使えました!
ちょっと高いですが、なかなか性能が良さそうです。(D3で使ったみた印象・・)



最後に、、、今回、ウチの商品の話題が一個も無いので一個だけ宣伝させてください。。
(トップ写真に写っているiPadを固定しているスゴい機材)

iPadを固定する超堅牢プロ機材!Jaws Clamp for iPad(ジョーズ・クランプ)売場


 

カテゴリー: 機材教室, iPadパワーユーザー講座, Eye-Fi, プロ iPhone カメラマンへの道。 パーマリンク

【大発見!!!】 Eye-Fi Pro X2>iPad アドホック接続で複数カメラのデータが転送できちゃう〜って、知らなかったでしょ? への1件のフィードバック

  1. Matsubara のコメント:

    出来ました2台のカメラからのadohoc転送。
    本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*