価格comマガジン記事スピンオフ動画・RQ霧島聖子PVを特別に公開!(制作ウラ話あり)


画質設定を「1080p HD」にしてごらんください

おととい(2019/4/11)「RX0II」の記事 に引き続き、私中居が撮影執筆した「価格.comマガジン」さんに「グラビア撮影の実際【後編】」の記事が掲載されました!(以下、外部リンク)
モデルちゃんを美しく(可愛く)撮るための「ぷちテク」が満載!【前編】よりはるかに内容の濃い記事となっておりますので、是非、隅から隅まで、お読みください。




価格.com記事内では動画のことはふれられていませんが、
一流レースクイーンをされている「霧島聖子(きりしませいこ)」さんのプロモーションビデオ(PV)的な「スピンオフ動画」を作りました! 本ブログの読者のみなさまのために、特別にここだけで公開 しております!


グラビア写真の撮り方は、価格.comマガジンの記事を読んでいただくとして、ここではこの「スピンオフ 霧島聖子PV」を如何に撮ったか?をお伝えします。

まず、撮影機材。「SONY α9(4K/30p)」+「ライカ ズミクロン-R50mm」の開放映像(F2)です。(三脚固定)

※ GIFのフレームが動きます(動かない人ごめんなさい..)

特筆すべきは、このPVはグラビア撮影のついでに撮った「1テイク 尺1分の4Kクリップ」だけで作ったということ。霧島さんには、ベットの上でごろごろしてもらいました。スクロールシーンがありますが、これは「4K素材」を「1080p HD(フルHD)」にダウンスケールしており、動画編集で簡単にスクロールできます。また、微妙に「拡大・縮小」をしています。
つくづく思いますが「4K(固定撮影)」で撮っておくと動画制作で助かること多し。色々遊べて楽しいですよ。


そして、この美しいPVを作るキモといえる照明機材はというと、
絶賛発売中の「美しい光の撮影照明キット」を2台、使っていました!

価格.comマガジン記事の「グラビア写真撮影」もこれで照明しましたが、そのまま「ついでに動画」を撮れたのも、この機材のおかげ。だって、ストロボだったら、こんな簡単に動画は撮れないでしょ!?

この撮影のあとに開発した「 T字棒 」があれば、さらに楽に撮影できたのですけどね…。


↓ 2019.4.13 現在「折スタ バージョン」のみのご提供です
美しい光の撮影照明キット




↓ もう一度宣伝。モデル撮りのテクニック満載の濃厚記事でございます。



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, いい写真が撮りたい人へ、, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, プロ用LED照明機材, ライカレンズ, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください