【 ミミズでも分かる解説!】パン棒付スピードブラケットのメリット










多くのアンブレラホルダーでは、両手で操作する必要があり、チルト(上下振り)とパーン(左右振り)は別ノブで操作しなければならない。【 NISSIN MG8000 完全対応アンブレラホルダ 】パン棒付スピードブラケットでは、片手で操作ができるうえに、パン棒だけで同時にチルトとパーンの操作ができる。









撮影準備では、地面に機材を一時的に置くことがよくあり、多くのアンブレラホルダーでは、灯体本体が地面に触れるが、パン棒付スピードブラケット(リフレクター部)には、くぼみがあるので、灯体が地面に触れない。



Panboo_600px



操作性は、モノブロックストロボに、極めて近し!













ミミズの皆様、わかりましたかぁ〜?(← 本気で言ってないからスルーしてねぇ・・。たとえですから・・。)

操作性を追求した場合、この【 NISSIN MG8000 完全対応アンブレラホルダ 】パン棒付スピードブラケットを一番オススメします。


ただ、重量が500gとやや重めなので、携帯性を重視する場合は、基本性能を達し、軽量な堅牢アルミアンブレラホルダー with オートロックシュー堅牢アルミアンブレラホルダー A-150G堅牢アルミアンブレラホルダー B-140Gなどを選ぶとよいでしょう。(とはいえ、モノブロックの操作性を兼ね備えつつ、軽くなるんだから、よしとしましょうよ・・・)





正直バカ売れしてるぜ!理想の操作系”【 NISSIN MG8000 完全対応アンブレラホルダ 】パン棒付スピードブラケット”売場

↓↓↓↓↓↓ 姉妹品のコレも絶賛発売ちう ↓↓↓↓↓↓
クリップオン3台で大きな傘を理想的に照射できる!”パン棒付アンブレラホルダ「三つ巴(みつどもえ)」”売場




【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, クリップオンストロボ用アクセサリー パーマリンク

【 ミミズでも分かる解説!】パン棒付スピードブラケットのメリット への2件のフィードバック

  1. ひでたけ のコメント:

    コレ、すっごい興味あるんですが、V850を付けたら
    どの程度の傘までカバーできるのでしょうか?
    やっぱり150cmとかは無理ですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください