大切なのは光の方向!フロントライトはディフューズ拡張してもたいして変わらんのです



この前お話ししたこの記事に関連したお話。
この記事ではLED電球を使ってご説明しましたが、
今日はさらにわかりやすく「クリップオン・ストロボ」を使ってご説明 します。


カメラの上のホットシューに、クリップオンストロボを装着して撮りました。
そもそもクリップオンは、この使い方を想定して作られたものなので、道具からみた使い方としては正しいです。

フロントライトはド順光であり、被写体を満遍なく明るくできて説明写真としては、十分に役割を果たしています。

しかしですね〜、味気ってものがまるでないことはお分かりだとおもいます。
「クリップオン」は面光源じゃないから、ディフューズして拡張すればいいんじゃね?

なるほどなるほど、では試してみますか。


大きい枠に貼ったトレペを透過させてみましょう。


クリップオンに直接つけるソフトボックス(皆さんがお好きなアレ)なんかより、はるかに大きい面光源になっているはず。


ん?? 少しまろやかになったような…。


確かに、細かいところを比べてみると 光の当たりはソフトにはなりました。。
けど、パッと見の印象は変わらず。。劇的に良くなったとはいえません。もっと大きくしなきゃいけないのか?

いえいえ、正解を申し上げますと、 ライトの方向 がよろしくないということなんです。。


そこでクリップオンストロボをカメラから外し、トップライト(やや逆気味) の配置 にしてみました。同じくトレペでディフューズ入れます。(リモートでシンクロ)

いつも読んでる人はお気づきになったかもしれませんが、これは当ブログで普段から 美しキット を使ってやってる配置です。


パッと見の印象も含めて、劇的に良くなったでしょ!?

もちろん面光源の拡張も大切なことではありますが、それよりはるかに重要なのは、
光の方向の選択 なのであります!

オンカメラでクリップオンストロボを使う場合、
ストロボに直接つけるタイプのソフトボックスをつけても、劇的に光がよくなることはありません。少しだけ光の当たりがソフトになる程度です。

そのことを理解して、そのソフトボックスをお使いください。(ないよりマシかな..の効果です)

 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください