ピントが深い商品撮影を撮る簡単な方法(ずるいけど正論)



フルサイズカメラに50mmをつけて撮りました。絞り値は深めの「F11」です。
ちなみに、レンズ上部の「Nikon」という文字にピントを合わせました。


かなり絞っているにも関わらず、遠い位置にある「F3」という文字はかなりボケています。
商品撮影はなるべくピントを合わせたい。。なのに、これ以上合わない。。。
こーゆー悩みがある方も少なからずいらっしゃるとおもいます。

それではそれを簡単に解決してみせましょう。


この「B」は、少しだけ工夫して撮ってみました。いかがでしょうか!?


拡大してみると、だいぶ合ってるでしょ。
機材は同じですし、絞り値もF11のまま。

さて、どんな工夫をしたのかというと。。


答えは簡単!
被写体から離れて撮った(引いて撮った)だけ!


騙された感があるかもしれないけど、これって、まぁまぁ正論なんです。覚えておいて損はないはず。

引いて撮る方が、ピントには有利なわけでして、余計な部分はトリミングしちゃえばいいってわけなのね。。(記録画素のピクセルが許す限り、この技が使えます)

↓ 今回のブツ撮りでも使用しました(+ 秘伝のレフ板 もつかいました)
美しい光の撮影照明キット

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 現在、配信を停止中。


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】 パーマリンク

ピントが深い商品撮影を撮る簡単な方法(ずるいけど正論) への1件のフィードバック

  1. Saku のコメント:

    大きめで立体的な薔薇撮影などで自然にやっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください