お皿にチョコクロ置いて簡単に撮る(障子紙ディフューザ比較)



全国の皆様は、今夜19時過ぎからおこなわれる、ラグビーW杯 準々決勝「日本×南アフリカ」戦 があるので、こんなくだらないブログを見ているヒマはないことだとおもいます。(それは正解です)なので、あまり見てない前提で流していきます。

テーブルにお皿を置いてその上に「チョコクロ」なるものを置き、テーブルの奥から「 美しキット 」を照射し、簡単に撮ってみることにします。(手前にはレフ板ね..)

このくらいのセットなら、ビギナーのアナタに、だってできるでしょ!?(不器用な人でもできるとおもいます)



流すといっても、それだけじゃなんなんで、おとといの記事でその差が非常に分かりにくかった「 手作り 障子紙ディフューザ 」との比較 も、ついでに再度やっちゃいます。設計図 通りに切って、のりしろを木工用ボンドで接着したもの。真ん中の破線は無視してください)

光源面こちらに向けて、暗めに撮影するとこんなかんじ..。付属の「標準ディフューザ」は、LED電球光源の芯がはっきり見えて、十字に光が走っていますよね!? 厳密には「光ムラ」があるということでしょう。(厳密には、、です)


それぞれのディフューザで「チョコクロ」を簡単に撮ったのがこれ。標準DFは、光に芯がある分、お皿の光源の写りがハードになってしまいましたね。一方の「障子紙DF」は、かなりフラットに写り込んでいます。

ですが、チョコクロ本体をみると「標準DF」の方が、艶やかに写っているとも言えます。どちらが良いかというのは、好みが別れるところでは!?


さらに分かりやすいようGIFで繋いでみました!(動かない人は →コチラ

お皿の表情で、全体の印象がまるで違うんですねぇ…。

というわけで、いろいろ用事を済ましてから、19時からはNHK総合で「ラグビーW杯」を見てください。

美しい光の撮影照明キット



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください