ライカ ズミクロン-R35mm 、とある夏の一日京都徒然スナップ写真【3】〜叡電でふらっと鞍馬寺に行く〜





一昨日昨日 からの続きです。今日も、主にライカ ズミクロン-R35mmのスナップ写真(+SONY α9)でお届けします。(8/18の出来事です、たまにRX0も使いました)

思いつきで、ふと叡山電鉄(えいでん)に乗り込んだ私。通っていた高校「木野」を過ぎて、電車はどんどん山奥に入っていきます。





叡電は「二軒茶屋」をすぎると「単線」になります。(昔は木野の手前から単線でした..)

去年の台風の影響で、山のそこぞこの杉の木が豪快に倒れていました。(ここまで甚大な被害だと知りませんでした)

で、終点の「鞍馬」に着きました! ま、なんとなく最後まで乗っちゃったわけです。

駅舎には「火祭り」で使う、巨大な松明が展示されてました。大きいなぁ。。

「鞍馬」といえば、有名なのは天狗。つまり、鞍馬天狗なわけです。源義経の幼名ご存知「牛若丸」を鍛えたとされてる一流天狗です。東京では、高尾山の天狗が有名かもしれませんけどね。

見えるのが「鞍馬街道」。実は私、ここに電車で来たのははじめてでして、、、フツーは車やバイクで来るもんって、、ま、ご近所でしたからね..。山深いですけど。。

ここまで来たのですから「鞍馬寺(鞍馬山)」に行かないわけにはいきません。山門を抜け「拝観料」を払い、山に入ります。

フツーの寺ではなく、とにかくひらすら登るしかありません。拝観ってか、もはや「登山」に近いです。

霊験あらたかな、碑とか社とか、むやみやたらとあります。




去年の台風の被害の痕跡が露わに、、、、片付けるのたいへんだぁ..。

「火祭り」を行う「由岐神社」ってやつですかね。

アーケードっぽいもの向こうには。。

おろ。。

御神木の「大杉」です。樹齢は推定800年(らしい)


「由岐神社」の本殿や、他の社。いろいろあります。

とにかく、登る。ひたすら登る。。

京都市内より、やや涼しいものの、、やはり暑い!




暑いけど、ここで引き返すわけにはいかない!(今日はこんなしんどいことをやるつもりはなかったのに…)

立派な石垣の上に目的地があるのか!(もはや汗ダクダクです…)

とにかく登る。終わりなき階段を登る。で、

本殿に到達!!!

ここから見た眺望!てか、山すぎてどれだけ高いかわからん。

なるほど、あれが「比叡山」ね。ってか、比叡山と同等ぽくみえるってことは、ここはそんなに高いのか!?

本堂前には広場があります。藤棚が影を作ってくれて、ありがたいですね。

本堂より先に「奥の院」ってのがあるらしいですが、ここから800mらしいので、今日は断念。体力的に無理ですわ。

ここは山頂ではなかったのね。比叡山の半分くらいの標高かぁ。

帰り(下り)は無理せず可愛い「ケーブカー」に乗ります。200円と良心的な価格。

ものすごい急勾配で距離短縮。

下山して鞍馬駅へ向かう途中の「芽煮本舗
渡辺商店」には、店の中に大きな天狗の面がいっぱい!!

ここって呼び込みもなく、商売っ気がない感じにみえましたが、こーゆー店こそ本物だって思い、

おすすめの「木の芽煮」を買っちゃいました!木の芽ってのは「山椒」のことですね。京都の人の冷蔵庫にはこの手(山椒の佃煮っぽいやつ)のものが必ず入っていたりします。

でね、これ思った以上にスゴく美味しかったです。。

その後小腹が空いたので、渡辺商店のご主人にすすめられた、お向かいのお店で「ざるそば」を食べました。
ちなみに、京都のざるそばには「ウズラの卵」が付いていることが一般的です。。

帰りの「えいでん」は、最新車両のようでして、

車窓向きに、椅子が配置されている観光列車風。高校に通うのに使っていた小さな 2両編成の電車なのにね。。(通学列車なのであります..)

最後に、、みなさんご存知の「四条大橋」から北を望んだ写真。「鞍馬」とは、だいたいこのあたりかとおもいます。。。(正確ではないかも..)

あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓


nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, ライカレンズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください