ライティングの形の基本は「逆ハの字」でフレームギリまで寄せませふ。









ライティングの形の基本は「逆ハの字(カメラから見て)」で、
(照明とレフを)フレームギリまで寄せませふ。












例えば、テーブルに置いた“わっさん”を撮るとします。
「ふかん系アングル(45°)」でカメラを構えて、「50cmソフトボックス」を「逆トップ」で照射します。

その場合「レフ板B4縦つなぎ」は、ここに立てて配置します。











好みがあるでしょうが、被写体がちゃんと照らされているのは後者です。










つまり「逆ハの字」!!















お次は、カットした“わっさん”を、「水平系アングル」で「サイド光」で撮るとします。










「レフ板B4縦つなぎ」をライトとは逆サイドに立てて配置します。










“わっさん”の右側切り口がよく見えるようになります。











つまり「逆ハの字」!!




どうして「逆ハの字」かというと、
カメラの撮画像範囲は「逆ハの字」に広がっており、そのライン上に「照明やレフ」を効率よく寄せることができるということ!

お分りですかね!?






ライティングの形の基本は「逆ハの字(カメラから見て)」で、
(照明とレフを)フレームギリまで寄せませふ。



↑ これ、「ブツ撮り」だけじゃなく「人物撮影」でも言えることですからね。。





New!
50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)


  039|撮影用大光量50W高演色LED電球
Sh50Pro-V(調光タイプ)Sh50Pro-S


軽スタ】 軽量ライトスタンド 70-200







shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 撮影術, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 撮影の基本の知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*