デカ丸150傘+ディフューザー150の全身人物写真作例








ここんとこ、頻繁に登場する機材です。

・デカ丸アンブレラSIlkyWHITE-150(直径150cmの大きな傘)
・アンブレラ・ディフューザー150cm
・Godox AD360II-N(360wsのバッテリー駆動のストロボ)
・軽スタ(軽量ライトスタンド)


※AD360に使うアンブラホルダーは、パン棒付スピードブラケット















カメラは「SONY α9」を使います。

Godox AD360II(Xシステム受信機内蔵)は「ニコン用」ですが、ラジオスレーブ送信機Godox X1T(SONY用)を使えば、マニュアル調光とハイスピードシンクロはできます。※TTL発光は光るけど、露出は合いません。 ※AD360IIのCanon用を使っても同じことができます。


















ストロボセットを、人物右斜め前(傘を上から少し下に振る)の写真の辺りから人物に向けて照射します。

さてさて、こんな簡単な道具で、人物の全身をカバーする光ができるのでしょうか!?

















いー感じに写ってます!

ほぼほぼ、全身をカバーしてるといってもよいのではないでしょうか!?

肌の質感もエレガントに写ってますしね…
















おめめにも大きな「キャッチライト」が入っております! ちなみに「光の丸」が大きいので、細い目の人にも、キャッチを入れることが可能なのです!!






先日、今回の機材の組合せで「グロス樹脂ボディのPepperくん」を撮った作例をお見せしました。
Pepperくんの全身ポートレイト(そのストロボ・ライティング方法..)

↑ これに比べて、人間の照明は正直、楽です。(テカテカ反射しないからね) しかしながら、光が「光源面積が小さい」、「光の質が硬い」と、「肌の質感」の表現が荒っぽくなったりします。

・逆をいえば、余裕を持った大きさの光は、豊かな質感を生み出し、写真のグレードが上がります。(→デカい傘は光源面積が広い) さらなる高みの光を目指す人は、白傘で反射させた光(反射光)を、「ディフューズ(拡散)」させると、光の質が柔らかくなり、もっと「優しい表現」も可能となります。










というわけで、以下の道具を使うことにより、

貴方でも「エレガントな光」や「ラグジュアリーな光」を操ることができるようになるのです!!!
← 思いっきり宣伝したった…





SilkyWHITE-150 デカ丸アンブレラ Silky WHITE-150

1546 アンブレラ・ディフューザー 189/150/100cm

1304_L 【軽スタ】 軽量ライトスタンド 70-200

1446 パン棒付スピードブラケット

Godox AD360 Ⅱ SPECIALキット

Godox TTL対応ラジオスレーブ【X1】










shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, 最強!スーパーアンブレラ, 秀逸!バッテリーストロボ, 噂のラジオスレーブ(&レリーズ) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*