【GIFコラ!】という新映像表示手法か!?「雪舞うスクランブル交差点 」


GIF-animation collage
‘ Shibuya scramble crossing in the snow ‘






すごーくページをざわざわさせておりますが、でもでも、、、
渋谷のスクランブル交差点って、実際、こんな印象じゃないですかぁ?




ところで、これってみたことないWEB表示手法ではないですかねぇ〜?
GIFコラージュ!」しちゃうなんて、なかなかのチャレンジだとおもうんですけど…












実はこれらは、
SONY α9 の「高速連写(20コマ/秒)」で撮った「545枚」の 写真 を紡いで作ったものです。

交差点を3、4回渡っただけでして、とはいっても、
ずーと押しっぱなしではなかったですけどね…。



連続写真 を繋いで 動画ファイル にし、
それを
GIFアニメファイル にする方法

 

Adobe Premiere pro CC で、写真(600pxにリサイズしたもの)を読み込み、短くした必要な部分を「動画ファイル(.mp4)」で吐き出します。

【 PremierePro 】連続写真を動画にする為のたった2つの要点!
  ↑ 今では①は必要なく、②だけで良い模様。



吐き出した「動画ファイル」を、Adobe PhotoshopCC で「読み込み」→「WEB用に保存」で、必要な大きさにリサイズ後、ファイルウェイトを考えながら「劣化」させ、「無限ループ」にして「保存」するだけです。

※劣化させすぎると、画質が荒れてしまいます。
が、クソ重いファイルになるのもダメなので、いい塩梅で..






ってな具合に、TOPのコラージュは「GIF」を作って、うまい具合に12枚並べてできたものでした。









この画像、いや映像には「隠し味」がございまして、

ライカ エルマリート-R24mmの開放(f2.8)で、近距離ピン(1m強)にしている点です。

つまり、中距離・遠距離はボケています。そのため、幅300px弱の小さな絵でも、立体感(空気感)を感じるような映像になっているのです。










今回の545枚の写真の1枚です。

エルマリート-R24mmは、開放(f2.8)&至近距離ピンでレトロなボケで独特の立体感が演出できます。ここは、かなり気に入っているポイントです。

「小さいGIF仕立て」でしたが、元素材は「4K映像」以上(6000×4000px)あります。つまり、繋げばフツーに高精細動画にもできちゃうわけなんです..。





つか「動画 4K/30p」で撮ればいいじゃん!と言われたら返答に困りますが、このカメラ(α9)は、写真を撮ってるつもりなのに、後で動画にもなっちゃうってのは、、、便利だけど、いろいろ悩ましいですかね..。









あーーーーーーーーー! 弊社販売商品の宣伝がなにもなーーーーい! ブログ継続のためになにか買ってケロ! ↓↓↓


nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 中居中也が撮った写真・動画, photoshop・captureonepro・premierepro教室(ちょっこと上級者向け), 【スチールカメラマンの動画修行】, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, ライカレンズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください