210円でできるジオラマ風フォト。おしゃれな白金台プラチナ通りで撮り下し。


白金台プラチナ通り界隈のおしゃれマーケット GF1+OLYMPUS OM ZUIKO28mmF2.8

オリンパスPENには、アートフィルターなる機能が搭載されており、フィルター(カメラ内画像処理)でジオラマ風に簡単に撮れるそうです。

私はあいにくオリンパスPENをもっていないのですが、ちょっとやってみたくなりまして・・・。
それで撮ったのが、トップ写真です。(カメラはm4/3機のLumix GF-1)
カメラとレンズ以外には特別な機材は使っておりません。

PENのアートフィルターは画像処理でこんな風にしていますが、
どちらかというとそれは邪道のやり方なんですよ。

ジオラマ風写真を撮る王道のやり方を、
ちょっとした工夫と210円の出費でできるように指南します。



で、基本的に必要な機材はミラーレス一眼カメラとレンズです。
マイクロフォーサーズ機でもAPS-C機でもかまいません。
※カメラの設定の「レンズ無しレリーズ」という項目を必ずONにしてください。
この設定をしないとシャッターが切れません。

マイクロフォーサーズ機の場合は、24mmや28mmのワイドレンズがあればベターです。
APS-C機では、35mmくらいのレンズでもいいでしょう。(もっと広角でも良いですが・・)

ちなみに私が今回使用したカメラはPanasonic Lumix GF1です。
そしてレンズはOMレンズのZUIKO 50mmF1.8とZUIKO28mmF2.8です。(その辺に転がっていた)
レンズがなければ、カメラ好きのおじーちゃんやおとーさんにちょっと貸してもらいましょう。

それも無理な場合は、中古カメラ屋さんに行って数千円の適当なレンズを購入してください。
レンズは希望の画角であれば、メーカーは問いません。(28mm24mmあたりがオススメかな・・・)

白金台プラチナ通りのおしゃれビル GF1+OLYMPUS OM ZUIKO50mmF1.8

カメラ機材がそろったら、100均ショップにいきましょう。
で,次のものを買います。




・ネオプレーン製(恐らく・・)500mlのペットボトルカバー(内生地が黒のものが好ましい)
・マジックテープで止めるバンド


全くこれと同じものでなくても良いですが、これらに替わるものがあれば良いです。(マジックテープは太いゴムで代用可)
なんと、ジオラマ風写真が材料費は210円でできるんです。(みんなが大好きなビンボーネタでっせ・・)
材料を買ってきたら、ちょっとした作業をおこないます。



①カッターで底の糸を切り順番にほどいていき、底を外します。



②底から7cmを直角に切ります。このとき、付着している糸くずは完全に除去してください。
※7cmという数字はOMレンズをm4/3カメラに装着するときに丁度いい感じの長さですが、他のレンズでもだいたいコンレくらいでいけると思います。(たぶん・・)




③中にレンズを入れて、マジックテープベルトでしっかり固定してできあがり!

貧乏くさい感は否めませんが、210円しか出費していないので文句はいわないように・・・。
で、どーやって使うかというと・・



①左手にレンズを持ちます。
②右手でカメラを固定し、レリーズボタンに人指し指を添えます。
③液晶モニターを見ながら、レンズをカメラに押し込んでピントを合わせてシャッターを押します。


これでジオラマ風写真が撮れるはずです。
ポイントは遠くのものを撮るほうがそーゆー雰囲気になりますよ。

白金台プラチナ通りのおしゃれボエム GF1+OLYMPUS OM ZUIKO28mmF2.8

通常センサー面とレンズは平行なものなのですが、この手で持つことにより、
平行ではなくなりピントが不自然な合いかたになってしまいます。

レンズの角度を意図的に変えてみて、色々試してください。(縫い目の方向をかえると、ボケラインが変わりますよ)

白金台プラチナ通りは、あじさいだっておしゃれなのさ GF1+OLYMPUS OM ZUIKO28mmF2.8

近くのものは効果は薄れますが、それでも不思議な写真になりますよね。

パリじゃありません、白金台プラチナ通りのおしゃれ花屋 GF1+OLYMPUS OM ZUIKO28mmF2.8

PENのアートフィルターのそれじゃなく、光学的にぼかしてますから、
こっちのほうが、完全にアート度が高いはずです。

全国の女性の憧れ。白金台プラチナ通りのおしゃれエリカ GF1+OLYMPUS OM ZUIKO28mmF2.8

レンズの角度を大きく傾けると、ボケあしが深くなります。

白金台プラチナ通り界隈のおしゃれ野球小僧-着ているもののセンスが違います GF1+OLYMPUS OM ZUIKO28mmF2.8

ほら、アナタもやってみたくなったでしょう〜?
ミラーレス機と適当なレンズがあれば、こんな面白いことが簡単にできちゃうんですよ〜。
真似しない手はないですよね?

で、コレをやる時はカメラのセンサーがむき出しになるので、
撮影しない時は、必ずボディーキャップはつけるようにしてくださいね。

ミラーレスを持ってる人で、
ミノルタMDレンズやペンタックスKレンズ。はたまたCanonFDレンズ・ニコンFレンズ・・・
なんでも良いです。押し入れに転がってないですか?

買っても数千円で買えるのもありますから、
この遊びはそんなにコストはかからないと思いますよ。
是非真似して遊んでください。


あ、そうそう、最後に大切なこと、、、
このアオリ遊びをする時には、必ず心の中で、本城直季さんに「パクってすみません・・・」と恐縮しながら撮ってくださいね。
それが礼儀ってもんですよ、、

【センサーむきだしにつき注意が必要!!】
この遊びをするときにはセンサーにモノが当たらないように注意してください。
また、ホコリ等の異物が入るリスクがあることも覚えておきましょう。神経質な人は真似しないほうが懸命かもしれません。
くれぐれも自己責任でお願いします。

facebookページやってましー!(ログインしておこしください)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 機材教室, 撮影術, ちょっとした便利アイテム, 【みんな大好き百均ネタ!】 パーマリンク

210円でできるジオラマ風フォト。おしゃれな白金台プラチナ通りで撮り下し。 への3件のフィードバック

  1. たけだ のコメント:

    面白いですね。やってみたいが、小生NIKON D300しかない!ミラーアップまたはライブビューではだめだろうか。試してみるかな。その前に100均に駆け込まなくちゃ。

    • 中居 中也 のコメント:

      ニコンFマウントよりフランジの長いレンズを使う必要があります。ハッセルのレンズ。ペンタックス645、67のレンズ、、ビゾフレックスのレンズ等々です。ってことは、残念ながら広角は使えないということにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください