スタジオのスカイライト(E39)で「高演色LED電球(E26)」を使うには?







スタジオの天井には、よく「4Kwスカイライト」というものが吊り下がっています。1機ごとに、1kwのタングステン球が4個装着されています。もちろん、白熱球ですからオレンジ色の光(3200K)です。

1機つけるごとに40Aも消費しています。それにストーブ以上の熱いです。夏場はエアコンも余計に使う必要があります。ということで、全くエコとはかけ離れた存在と言えます。

そこに、039ブランド|撮影用大光量45W高演色LED電球【Ra95/E26】 がつけば、エコにもなるし、何よりRa95の高演色デイライトになりますし。。。

そーゆーわけで、やってみましょう。






4kwスカイライトはこんな姿をしています。



電動でおろしました。



球落下防止用のカゴを開けます。



中身はこんな感じ。1kwのリフレクト球が4個ついています。



十分冷めてから、球を外します。



1kwリフレクト球はこんなの。先端の鏡に全部写り込んじゃいますよね。



今回、スカイ2機用に、039ブランド|撮影用大光量45W高演色LED電球【Ra95/E26】を8個用意しました。



E39 to E26 口金変換アダプタ を8つ用意。



全部の電球に装着し、E39に変換!! 早速装着してみましょう。



う!!! ソケットが奥まっていて届かない!!



そんなこともあろうかと、E26 延長アダプター (Mサイズ:7cm延長) を用意!! 4個だけですが….。




7cm延長すればとどくか!?



やってみる。



冷却口があるアルミ製のリングも外に出てるし、完璧です!!



点けてみる。おおおおー、



カゴを閉めて、



電動で上げます。


↑ その様子(動画)



うひょ〜!! スカイのデイライト化に成功だい!!



4kwのタングステンと比べてみると、色は勝っていますが、直向とはいえ、光量ではかなり負けてますよね。。そりゃそうです、LEDの方の消費電力は4灯合わせても「0.2A未満(180w)」ですから、、4kw(4A)と比べて1/20以下ですから、そんなもんでしょう。(4灯で1.4kw相当の光量)



最後にまとめると、「E39-E26変換」「E26延長(7cm)」を使えば、スタジオのスカイライトでも使えるということです。







↓ やっぱデイライトがいーよね!それに省エネぶりも凄いしね。。
45wled-ra90_03_l 039
撮影用大光量45w 高演色LED電球【Ra95/E26】


※類似商品にご注意!外見は「同じ」で高演色(Ra95)ではない商品が他で売られているようですが、それは中身が高演色LED素子ではないので、ご注意ください。( 100V仕様で、高演色Ra95以上なのは「039(ブランド名)」と記されたものだけ!




shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 パーマリンク

スタジオのスカイライト(E39)で「高演色LED電球(E26)」を使うには? への1件のフィードバック

  1. netaro のコメント:

    (「E39-E26変換」「E26延長(7cm)」+よつまたクラスター )x4=16(039)個なら勝てる?
    スペース的に行けそうな気が・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください