Godoxスピードブラケットのメンテナンス


BracketMaintenance_05


とーっても便利で賢いクリップオンブラケットのGodoxスピードブラケット。今回は、そのメンテナンス方法をお伝えします。


BracketMaintenance_05-up_600px


何かの拍子に、ブラケットのクリップオン灯体締付け部の根元のナットが外れることがあります。この状態は壊れた状態ではありません。このナットが樹脂製の六角穴に入り、押さえられ締付ける際の支点となる仕組みなのです。


ということで、ナットを元に戻す方法をご案内いたします。


BracketMaintenance_04
①ブラケット本体の六角穴のカタチに合わせてナットをはめ込みます。


BracketMaintenance_03
②缶コーヒ位の大きさの硬いもの(壊しても良いもの)を挟み込みます。


BracketMaintenance_02
③ノブを回し力一杯締めこみます。締めこむ毎にナットは本体の六角穴に入っていきます。※左右支柱の長さのバランスを保ちながら締めこんでください。(左右不均等にならないよう)


BracketMaintenance_01
④ナットがこのくらい奥まで入れば完了です。



ナットが外れた状態でも、ナットを穴にさえ合わせればクリップオンストロボを固定することはできますが、やっぱこのナットは穴にしっかり入っている方がいいですもんね・・。(構造上、ナットがたまに外れてしまうのは仕方ないようです。スピードブラケットは画期的かつ便利な道具なので、このくらいの面倒はみてあげましょう・・)



簡単!便利!そしてクイックル!!”Godox スピードブラケット with QuickSoftBox”売場
↑今なら、50cmも70cmもあるでよー。




GodoxのQuickSoftBoxは「スピードブラケット」だから更にクイックなのだ〜!で、販売開始〜!!

3ステップ超速セットアップ!Godox「スピードブラケット(クリップオン用)with QuickSoftBox」かみんぐ・す〜ん!

Godox スピードブラケット(クリップオン用) with QuickSoftBox【70cm角】が追加発売!!これこそ最適な光源の大きさでしょ!



【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: クリップオンストロボ用アクセサリー, 頃合いの良いアンブレラホルダー, ソフトボックス パーマリンク

Godoxスピードブラケットのメンテナンス への1件のフィードバック

  1. さんこ のコメント:

    このブラケットだけ欲しいです。

さんこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください