黒締めはライティング技法の一つ。決して気をぬくな!



背景が「完全黒」のゴルフボールの 黒締め 撮影をやってみました。
完全な黒にするために、背景から離したところにいつものトップライトを設置しました。
漆黒を目指すため背景紙は、念の為より黒い「ウールペーパー」を使用。徹底していますよね。

で、どのように写ったのか!?


おーー、宇宙に漂う惑星のよう。いーんじゃないですか!?
結果的に良い出来だと思います。

しかしながら、黒締め撮影としては、ちょっと脇が甘いところがあります。
それは 「床の反射」の処理がなされてないこと!

たまたま、ここは薄汚れたグレーのタイルカーペットでありますから、さほど反射しないのであるから助かっております。これが白木の床材なんかだったら、もろに反射を喰らうところです。白木の色によっては、木の色に色被りすることだって十分ありうる。


完全なる黒締めを遂行するには、床に黒布などを敷いて反射抑制対策が必要です。
かつての野村先生(恋写ボーイ)のセットは、壁床全てをでかい黒布で囲うことからセットが始まりましたもん。(黒の準備だけで2時間かかった)


床の黒締め対策を施して撮ったのがこれ!
薄汚れたグレー床が功を奏して、さほど差がない。よくみないとわかんないレベルかな。


でも下の部分だけ比較すると、Aは輪郭が分かるけど、Bは輪郭が分からない。ってことがわかる。つまり、薄汚れたグレー床でも、少しは反射してたってことになるよね?

原盤がシャレオツカフェのオーク材フローリングだともっと反射し、色被りもすることが想像できます。

教訓、黒締めは徹底的に!です。


もっと細かいことをいいますと、
被写体の近くにある「光るもの」は、小さくても大きく影響することがあります。そーゆーところは、黒で蓋をしとかんと後で気づいて悔やむことになりますからね。。

黒締めはライティング技法のひとつ でありますので、くれぐれも気を抜かないようにしましょう。

 美しい光の撮影照明キット

 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください