【必見!】透過ボトル撮影、黒の写しこみテク!



透過しているボトル飲料キリヌキ写真 です。
AとBを比べてみると、なんだか Bが締まって見えるでしょ!?
そして、立体感も増しているよう。。

実は、AとB、基本ライティングは全く同じ。
少しだけ..変えたところがあります。さて、いったい、何を変えたのか?


キリヌキ前の状態がこれ!
ズバリ、これが答えです。

ん? どーゆー状況?? まだ意味が把握できない。。



わからない人のために、
セットの引き絵を見てもらいましょう。

だいたいの状況はわかっていただけたのでは?
ん?まだわからないって?


トップライトを外して、よく見えるようにしました。
被写体の白床の写りを、ギリギリまで「黒」で攻めて無くしてます。
また、被写体の後方(← これ大事) に黒筒を立てて、ビンのエッジに黒を写し込んでいるわけです。
※黒は筒じゃなくても良いんだけど、円筒だと自立するから便利なのだ!


で、これがキリヌキとトリミング前の写真。

輪郭に黒を写し込むと、エッジが立つのでカッコ良くなる というわけ。
被写体に黒を被せちゃうと、エッジが溶け込み、キリヌキができなくなるから、
エッジ外の白は必ず残すことがポイント。


ブツ撮りをやってるカメラマンなら、フツーは知ってる技法です。フィルム時代から、切り抜き写真の黒攻めは常識レベルだったかも。プロの撮るキリヌキボトル写真は、なんか違うよなぁ…って思ってたアナタ!謎が解けたんじゃないですか??
※これは仕事じゃないので、そんなに繊細に黒攻めをやったわけではありません。お仕事だったら、もーちょいシビアに頑張ります。という、言い訳もいっとかんとね。。


 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください