バリアングル式モニターの致命的な欠点を見つけたよ。(だからプロ機はチルト式なんだね)



本日は「バリアングル式モニター」のお話。
実は私、去年の秋に ソニー VLOGCAM ZV-E10L を入手するまで、「バリアングル式モニター」のカメラを使ったことがございませんでした。

「バリアングル式モニター」は、ドアミラーのように不安定な形状になるので、そもそも好きではありませんでしたのであります。ちょっと当てただけで、もげそうな気がして、、、という、耐久性への不安からの「キライ」です。道具としての美しくなさを感じるわけです。(形状的なこの不安はたぶん合ってる)

しかし機能面については、深くは考えずに使っておりました。ところが、先日手持ち真ふかん撮影をおこなってる際に、致命的ともいえる「バリアングル式モニター」の欠点に気づいてしまいました。


「チルト式モニター」は、レンズの軸にモニターがあるため、モニター、とカメラ・レンズ軸の傾きを同時に確認しながら撮影することができる。(これ当たり前と思っていた)


一方の「バリアングル式モニター」は、カメラの外側にモニターがあるため モニターを見ながら構図を調整すると カメラの傾きを認識することができない。
このため、真俯瞰ポジションが正しく構えられないという、致命的な欠陥があることに気づく。

※写真内に記されている文章と同じです

皆さん、これ大げさにいってるわけではありません。試しに、構図真ん中に被写体を入れて「正しい真ふかん撮影(手持ち)」をやってみてください。おそらく、まともに真ふかん撮影ができないことでしょう。「カメラの傾きを正そうとおもうと構図がズレる。構図を合わせようとすると、カメラが傾く」。この繰り返しになり、脳がバグってしまいますから。

EVF(液晶ビューファインダー)があるカメラなら、EVFを覗くことによりこの問題は解決できます。しかし、私が所有するZV-E10にはEVFがついていません。つまり、ZV-E10で手持ち真ふかん撮影は、まともにできない! ってことになります。

まぁ、そんな目的で買ったカメラではないので、いーんですけどね。。(手持ちカメラで人物動画撮影目的..)

あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 撮影の基本の知識 パーマリンク

One Response to バリアングル式モニターの致命的な欠点を見つけたよ。(だからプロ機はチルト式なんだね)

  1. α568 のコメント:

    プロは機材を選びません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください