物撮りの背景紙は大きいに越したことがない件。



ちょいと、昨日のレフ話に関連 した話題。
グレー背景紙の上に、A4の白を敷いています。
つまり、これは「小さい白背景」といえます。


赤線のところに、クッキリと白が映り込んでしまいました。クッキリとです。
白磁湯呑みのように「下が半球」の物体は、敷いている背景をそのまま映してしまうとうこと。これを「床映り線」と呼ぶことにします。


この敷いている白背景を拡張してみると、


クッキリとした「床映り線」は上に上がり、かなり馴染んだことがわかります。(クリック拡大でよくみるべし)
今回は四六判(788×1091mm)の白背景しか敷けませんが、これをもっともっと大きい白背景紙にすれば、さらに馴染ませることができます。

このことから、背景紙は大きければ大きい方が有利 といえます。(写真の構図内では足りてても、外側にさらに余裕が欲しい)

でも、床面をすごーく広くしても、下半球ブツは、完全に「床映り線」をなくすことはできません。
実は湯呑みのような「下半球ブツ」ものを撮る時は、背景を白にすることは滅多になく、「グレー〜黒」の濃度の背景を使うことが多い のです。

↑ なんかちょっと、いいこと聞いた気がするでしょ!?(気がするだけじゃないんですよ..)


 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

なんやかんやと、あれなので、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください