「シャボン玉を撮るには明るい背景・暗い背景、どっちを選ぶべき?」の答え、素晴らしき明快写真



屋外の壁に「白」と「黒」の紙を貼りました。


これを背景にして「しゃぼん玉」を飛ばしてみましょう。


つまり、「明るい背景のシャボン玉」「暗い背景のシャボン玉」を同時に撮るという欲張りな試み。さて、どーなったか?


すっごーーーーい説得力!そして、いろんな意味で美しい写真かも。

実をいうと「加色法(RGB)」では、白の上に色は乗らないので、こーなるのは当たり前なんです。それにしても、答えがわかっている人がみても、何か心のもやもやを晴らしてくれるような素晴らしい写真と思うのですがいかがでしょう。

ここからは補足の話。黒背景のシャボンをよく見ると、左の輪郭がくっきりしてることがわかります。これは左背景の白が映り込んでいるからなんですよ。このことは、シャボン玉を撮るときの大きなヒントになりますからね。

あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓
shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

なんやかんやと、あれなので、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】, 撮影の基本の知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください