A3の背景紙は真俯瞰専用だと考えるべし!



テーブルの上にあるのは「A3」の紙。大きさは、A4の倍。297mm×420mmあります。(ちなみにこのテーブルの大きさは60×80cmね)
今日は「A3の紙は背景紙になるのか?」という問題を考えていきたいとおもいます。


真俯瞰(まふかん)撮影で使う背景紙としては、まぁまぁの大きさではないかとおもいます。



例えば、シャボン玉セットを撮るとこんな感じ。A3背景は、この構図は余裕でカバーしました。真ふかん撮影であれば、あとふた回りほど引いても十分足ります。



しかし、真俯瞰以外のアングルで、背景紙としてA3を使うと、、


かなり絞られた狭い範囲しか撮ることができません。


水平構え近くのアングルで、アールを作った背景では、遠くにある立ち面は非常に狭くなります。


また、立ち面がない「斜ふかん」でも同じこと。遠くにいくほど、遠近法で狭くなっちゃいますもんね。

というわけで、
「真俯瞰」以外のアングルの撮影では「A3」の紙は小さすぎるということになります。もちろん、極小被写体を撮る場合は足りることもありますが、周りに無地のマージンが欲しくなっても引くことすらできなくなるので、最初から、もっと大きい紙を用意するようにしたいものです。(プロなら、最低でも「四六判サイズ」を用意するところです..)


 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

 三脚用せり出し棒(Φ28mm)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 意味あるのかどうか怪しい「緊急事態宣言」が発令ちぅです。大阪、東京共にピークアウトの様相を呈していますが、タイミングからみてこの宣言は、なーんも関係なかったようにもおもいます。なのに、宣言のおかげだ!ってインチキな主張をするのは、大人として恥ずかしいので、やめてもらいたいのですが..。
ともあれ、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください