ライトスタンドの先の形状によって「スピゴット」が必要なことがあるのね。



日本で流通している撮影用ライトスタンドの先端は2種類あります。
オス先スタンド」と「メス先スタンド」です。
世界では通常「オス先スタンド」しかありませんが、日本だけが「メス先スタンド」が出回っています。ちなみにこうなったのは、日本のどこかのストロボメーカーの仕業ではないかとにらんでいます。(ストロボとスタンドを抱き合わせで売るため..)
※弊社取り扱いの ライトスタンド190CM の標準仕様はオス先


この話は逆からみると、世界標準は照明側は「メス」ということになります。世界標準に従い、弊社取り扱いの照明機器も全ての「照明側がメス仕様」になっています。
例えば、「50cmソフトボックス」は、オス先スタンドにそのまま装着できます。


しかし、世界標準の照明機材を「メス先スタンド」で使おうとすると、当然そのままでは装着できません。


そこで必要なのは、メスをオスに変換する「 スピゴット 」という機材です。ま、いわばただの円筒形の鉄。ただの鉄かもしれませんが、忘れてしまうと現場でえらく困ることになる大事なものなのです。


ともあれ、メス先スタンドにスピゴットを装着してみました。
コレで世界標準になったというわけですね。


これでめでたく「世界標準の照明機材」で使えるようになったというわけです。
めでたしめでたし。。

↓ 弊社のスピゴットは、スピゴットの中でも特別なヤツです。
 回り止め平面加工・特注スピゴット(Φ16mm規格)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 緊急事態宣言発令中ということを考慮して配信を自粛ちぅ。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, ダボ・スピゴット類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください