真トップライトブツ撮りの基本中の基本の話



今日は、ブツ撮りの基本ライティングである「真トップライティング」の「基本中の基本」の話を、「美しい光の撮影照明キット(with 26cm横棒」を使ってしてみたいとおもいます。


基本① 光源面(左右)中央に被写体を置くこと。
当たり前の話に思えますが、この基本ができていないと思わぬ失敗をしてしてしまうことがあります。ライトの中央に被写体を配置することから、撮影を始めるように心がけましょう。


基本② 光源面(前後)中央よりやや前に置くことが望ましい。
このアングルでカメラを構えると、構図に後方側の床面の背景紙が多く写り込んできます。後方側も背景を明るくするために、中央より少しだけ前にシフトして「被写体」を置くと良い結果になりやすいです。


基本③ とにかくライトをギリギリまで下げる(寄せる)こと。
ライトが離れすぎていると美しいライティングになりません。初心者の方では、この点をおろそかにしてしまいベストな結果になっていない場合が多いとおもいます。


通常、正しい「真トップライティング(本キットを使った)」では、レンズに触れるくらいギリギリに攻める形になります。(或いは、構図にライトが写り込むギリギリ)

このブログでは、常々口繰り返し「面光源のライトはギリギリまで寄せましょう」ということを言ってきてますが、これができていないが故にベストな結果になっていないことが本当に多いと感じています。おそらく、そこそこキレイに撮れていることに満足してしまって、その先(ベストな結果)があることをご存知ないのではないかと考えています。
これって、実にもったいないことではないでしょうか!?


というわけで、
今日の「真トップライトブツ撮りの基本の基本」の話だけは覚えておいてください。
基本を抑えれば「ベストな結果」に近くことが期待できるのですから。


 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 緊急事態宣言発令中ということを考慮して配信を自粛ちぅ。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください