白ツヤ天板にグラデ光源を映しこめばラグジュアリーな白背景になります(超ムツカシイけど..)



二週間ほど前に買ってきた、ピンクのガーベラを花瓶で花びらを落とさず咲いているので、艶白天板に置いて撮ってみました。(さすがに鮮度は落ちているもの咲いています。ガーベラは長生きなんだねぇ..)

なんとラグジュアリーな白背景なんでしょうか!ついつい、心が奪われてしまいます。微細な白のニュアンスが異次元の高級感を醸しだしているようですね..

実は先日の記事で「ビギナーは難しいから避けろ!」といった「白ツヤ背景」を使いました。白背景(天板)を極めるために素材を考えてみよう。


TOP写真を撮ったセットです。この広い余白は、いつもの「50cmソフトボックス」では到底カバーできるものではありません。

今回は「自作ディフューザ枠(90✕90cm)」に、ディフュザー素材の「ユポ」を真っ平らにキレイに張ったものを使っています。


むらなくフラットなユポの「天ディフューズ」の中央に「高演色LED電球」を照射し、中心からグラデーションが美しい「天ディフューズの面光源」ができています。

それがそのまんま「ツヤ白アクリル板」に映しこまれて、やっと、この「ラグジュアリーな白背景」が完成するのです。

このTOPライトは映しこみ背景だけのためではなく、同時に被写体のライトにもなります。(TOPの光は背景優先で動かせない)この全ての仕組みを理解し、かつ「完成度の高い真っ平らな大きなディフュザー」を作ることができて、、、ようやく、この豪華感がある写真が撮れるってわけです。

「ツヤ白背景は、カッコいいけど難易度がスゴく高い!」といっていた理由をおわかりいただけたでしょうか!?

 高演色LED電球 Sh50Pro-S


 E26ソケット (16mmメスダボ付)

↓ これの「延長棒」は未販売ですが存在はします。(合計50cmくらいになる) ソフトボックスで使うとかなり不安定になるので公に販売はしていません。それでも「どーしても欲しい」という方は、ご相談ください。
 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 緊急事態宣言が発令されたことを考慮して、再び配信を自粛します。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロカメラマンに役立つ話。, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください