布モノの置き撮りは「地べた」に置いていいんだよ、



畳んで30cmくらいある「風呂敷」の写真です。


30cmの「布モノ」を撮るには、通常は「ふかん撮影」になります(今回は真ふかんではない)。このくらいの大きさになるとテーブルの上に置いてとるのは大変です。テーブルは高さが70cmくらいありますから、カメラを構えるのに「踏み台」に乗らなきゃいけないこともありますから..。(50mmレンズを使う想定)
「地べた」に紙を敷いて撮れば、踏み台の必要はありません。高さがあがらず実に合理的です。確かにお行儀問題が発生するかもしれませんが、それはなんとか許してもらいましょう。

※ちなみに、このライトは、iPhoneでの撮影でも使えます!

さてここからは、ライトの話。ここんとこ連日登場している「ハンガーラック」の垂直ポールを利用して、被写体の真上からライティングしました。とても簡単なセットです。それでは、このライトの構成を見ていきましょう。


セット全体の構成はこぉ!
今日はたまたまハンガーラックを利用していますが、棚のポール(垂直ポール)などがあれば同じことができます。もちろん、床と天井を突っ張っている「つっぱり棒」でもOKです。


ハンガーラックから外すと、このような機材の塊。複雑そうに見えますが、4つの機材で構成されています。


わかりやすいように機材の塊をバラしてみました。それぞれの機材は、以下の「黄色いボタン」にあります。全部買うと同じことができるということですね..。

4つの機材を取り付ける、「ハンガーラック」「つっぱり棒(床-天井)」などの「垂直ポール」は、それぞれのご家庭の中で見つけてくださいね。

50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)

039|高演色LED電球 Sh50Pro-S

 しっかりはさめる、16mmダボ付き 強力クリップ

 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください