続・ソフトボックス1灯の多灯使い(つまりこれは多重露光..)



昨日は1灯ライトで、2灯ライティングをしたわけですが、、、欲が出まして、今日はさらに多灯ライティングにチャレンジしてみることにしました。被写体は赤丸の「ハッセルブラッド500C/M」。

同じく「50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)」と「撮影用大光量50W高演色LED電球 Sh50Pro-S」を使います。今日は、それをTOP写真のように「手持ち」でライティングしながら、カメラのレリーズは”リモコン(SONY RMT-P1BT)“でおこないました。


経験による勘に頼ってソフトボックスを「上」「左」「右」の適度な位置から照射。すると、このような3枚の写真が撮れました。

ここからは「Photoshop」作業。
【複数写真を一気にレイヤーにする方法】
レイヤーにしたい複数写真(今回は上の3枚)をフォルダに入れて、
「ファイル」→「スクリプト」→「ファイルをレイヤーとして読み込み…」
→→ 「使用=フォルダー」「参照(フォルダー選択)」→「OK」


で、昨日と同じく「レイヤー合成/比較(明)」します。
すると…


1灯だけで、3面ピカピカのハッセルブラッド500C/Mを見事にライティングすることができましたぜ!
※昨日と同じく、「カメラ」と「被写体」は絶対に1ミクロンも動かさないように!

で、まぁ、今日はさらに続きがあります..


背景(濃グレー)だけを照射したものの「レイヤー」を1カット加えて..


ワングレードアップ。背景にグラデの表情をもたせることもできました!

でもね、よくよく考えると、この技法は「フィルム撮影時代」にフツーにおこなっていた、「多重露光」というテクニックと同じなんですよね…。
※多重露光=同じフィルム上に、複数回露光させる技。(フィルムは送らず、複数回シャッターを切る)

50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)

高演色LED電球 Sh50Pro-S

 しっかりはさめる、16mmダボ付き 強力クリップ

 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 現在、配信を自粛中。


 

カテゴリー: LEDライト機材, photoshop・captureonepro・premierepro教室(ちょっこと上級者向け), 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください