ファインアート風作品「万有引力 〜3つの林檎の行方〜」(←思いのほか簡単に照明してることに驚く)



芸術の秋にちなんで、ファインアートっぽい写真を撮りました。
それっぽいタイトルをつけると「万有引力 〜3つの林檎の行方〜」です。
【どーでもいい情報!】みなさんよくご存知の「 キティ ホワイトさん 」の体重と同じ質量らしい。

で、これを撮るのって、さぞかしむつかしい..ってお思いでしょう。


いえいえ、見ての通り、実に簡単に撮影しています。

背景として「 グレーケント紙(四六判) 」を壁に立ちあげてアールを作り、林檎を3つ置いて、「 美しい光の撮影照明キット(基本のキットのみ) 」で照射しただけなんです。本当にたったこれだけ、、、これなら、あなたにだってできるでしょ?


少しだけ補足するなら、キットのソフトボックスの最後部の最終ラインと被写体を合わせることくらいですかねぇ。この配置にすることにより、背景立ち上げ面(壁面)へ、なるべく光が届きにくくなります。(暗くなる)


ちなみに、カメラ機材はフルサイズカメラの「 SONY SONY α7R2 」に「 ライカ ビゾ用レンズ エルマー65mmF3.5(実絞り:f8.5) 」を取り付けて撮りました。(これで全てを明かしましたよ)

お話の通りライティングはとても簡単です。この撮影では、
「リンゴを3つ積み上げて、カタチを作ること」が、一番難しい といえるかもしれません。。。(← 実はこの撮影のキモは間違いなくこれ!仕掛けは一切なしですし..)

美しい光の撮影照明キット
↑ 今回は基本キットのみ使用。レフ板もなナシです。

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 中居中也が撮った写真・動画, 【ブツ撮りの基本】, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & α7R IV & RX0, プロ用LED照明機材, ライカレンズ, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください