日陰のこのキレイな光の正体は!?



この季節は太陽が低くて、建物の多い場所では昼間でも日陰の場所が、どうしても多くなります…。そんな晴天日陰の公園花壇を、ふと見てみると、キレイな光に照らされた丸い葉っぱの植物を見つけました。


撮ってみると、思った通り美しい写真になりましたね。美しい光の元で写真を撮ると、それだけで成り立つことがあるんです。(なので、私は普段から気にして光をみています)

ところで、このキレイな光の正体はなんでしょうか?


どうやら、やや逆光気味に「キーライト」があるようです。さてさて、気になるその正体は….??


お向かいのお家の「白い壁」に直射日光が当たっており、その「反射光」が今回のキーライトの正体です。これぞ「巨大レフ」といえるでしょう。

日陰に被写体、「レフ板」に太陽を…と、「レフ板」の使い方の参考になるはずです。大きく捉えると、ブツ撮りライティングの考え方にも役立つかもしれませんよ!(釈然としない方もいるかもですが、なんとなく感じてくださいな..)

フツーの丸レフ100cm(白/銀)

New! 伸縮式レフ固定アーム II(レフ幅65-120cm用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 撮影術, 【ブツ撮りの基本】, 撮影の基本の知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください