日常の窓の光で学ぶ、光の方向と照明効果



今日はいつもと趣向を変えて、「窓の光から溢れる自然光」で撮った写真をみて、その「照明効果」を考察 してみたいとおもいます。最初のコレは、椅子やさんの吊るされた椅子たちです。光の方向と見立てて「黄色い三角」を動かしています。(GIFアニメーション、動かない人はゴメン…)

天窓のようなものがあったとおもいますが、「 正面上からの窓の光 」です。スタジオのライトでいうと「 フロントトップ・ライティング 」でしょうか。椅子のフォルムとテクスチャー分かりやすいです。ちなみに 商品撮影では、もっともスタンダードな光の方向 です。

※今回の「黄色三角」は、キーになる光を表しています。室内には、その他の光も少なからず充満しておりますことをお断りしておきます。(全体に弱めに他の光があるということです)


お次は、左右の窓に囲まれれた場所での撮影。左の光はかなり逆気味。正面が暗くなっていますが、エッジが立ちドラマチックな雰囲気で商品が浮き立っていますね。。


お次は革靴。左奥からの「 半逆光 」ですね。革のツヤが際立つ 写真です。


対局するフロント気味の右サイド光。ほぼ順光 で「ツヤ感」は少ないです。


半逆光 」の位置の窓からの光。白い靴ながらも、「ツヤ感」が表現 されています。


ほとんど逆光位置 からの窓の光。お線香の煙を表現するには、ベストな位置からの光ですかもですね。

今回の写真は、たまたま、そこの被写体があったものもありますが、光の良い位置に動かして撮っているものあります。

つまり、被写体の位置を動かして、動かない窓からの光で意図してライティング しているということです。逆をいえば、ライトを使って窓を作る的な発想でライティングすれば、同じような効果の写真になる ハズです。

とにかく、ライティングが上手になりたい人は、日常の見えている光をよく見て「美しい光」を感じることが大切ではないかと…。

↓ 機材を使って50×50cmの窓を作ろうぜ!
美しい光の撮影照明キット

↓ E26のソフトボックス単体ね。
50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)

039|撮影用大光量50W 高演色LED電球



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください