あまり知られていない(であろう)SONYα9の内緒のお話。



SONY α9のお話。私も最近まで気がつきませんでした。。このことは、おそらく、多くの人が知らないことでしょう。

かねがねから時折申し上げている通り、この「SONY α9」はとんでもなく「速写性に優れているカメラ」だと思っていました。

いや、実際そうでしょう..。

「速写性に優れている」とは「レリーズタイムラグが短い」ことを指します。経験したことがないくらい短いと感じています。個人的には「0.01X秒」ではないかと、体感的に感じておりました。(EX.Nikon D3=0.037秒 D810=0.052秒)

ところがそれが「条件付き」ということが最近わかりました。


電子接点がない「他社製レンズ(ライカ・マニュアルレンズ)」を使った場合「超短いレリーズタイムラグ」なんですが、「SONY純正レンズ」を装着した場合、それが極端に遅くなることがわかりました!(純正レンズを持っておりませんもので、気がつくのに時間がかかりました..)

「AF使うから当たり前でしょ!?」ま、そりゃそうです。それだけならわかります。

純正レンズを「AF=マニュアルモード」に設定しても、他社製レンズ装着(電子接点非連動)に比べて、実感できるほど遅くなるのであります! MFなのにどうして!? ですが、本当のことであります..。 あの速さを知っている私としては「イラつくくらい」遅くなります。

ここだけの話、SONYα9を最速レリーズタイムラグで使うには、電子接点非連動の非純正レンズで運用するのが一番という皮肉なお話なのでありました。いろいろ物議をかもしそうなお話なので、皆さんも、聞かなかったことにしてくれても良いですよ。
※ボディとレンズで、MF時でも余計な通信をしている結果なんでしょうねぇ…。(この仕組み、バカとしかいいようがないかも..せっかく、素晴らしく速いはずのに…)



あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓


nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください