近日使う予定の「ライカ テリート400mmF5(TELEVIT)」の準備



近々使おうと思っている撮影機材の準備をしました。普段使わないレンズを使うときはその準備のため全部組んで「シミュレーション」をしないと「必要なものを忘れた!」なんてこともあるでしょうし。。。。


で、皆さん気になっているこのすげーレンズは、
ライカ ビゾ用レンズ テリート400mmF5」です。ピストルグリップが付いているところが「テレビット(TELEVIT)」という、フォーカスリング(ヘリコイド)です。

このピストルグリップを望んでいたわけではなく、たまたま入手した「テリート400mmF5」が、この「テレビット仕様」のものでした。このレンズ、、紛争地帯で使ったら、即狙撃されちゃう形をしていますよね。日本は安全でよかった….。


今回ボディは「 」です。もはや、2世代前のモデルなんですよねぇ….。(新しいの買うほどの動機がない…サイクル早過ぎるよ…)


ここが先端の「テリート400mmF5」部。レンズはたった2枚しか入っていない模様…。


開放値が「F5」なので、400mmとしてはそんなに大きくないです。そして、400mmとしてはかなり軽い!(レンズ2枚に黒い筒だけですから…)


グリップの上にある「丸いノブ」を回して、ピントの調整を行います。


シネアーム-2(Shrot-type)」と「カニクラ」を組み合わせて「2点ドメ」をしています。(グリップの底面にもねじ穴がある)

超望遠レンズの400mmですから、少しの風でもブレてしまう恐れがあります。このアームで作った「スタビライザー」的な支える機材があるとないでは、その結果がかなり違ってくるとおもいます。(三脚2点固定は大切!)


当日、持参予定の「SONY純正リモコン」と「ヘッドライト(懐中電灯)」をS字フックにぶら下げています。


実はこのレンズ「レンズ部」と「ヘリコイド部」は簡単に分解できます。持ち運び時にとても便利!長ものカメラバックを使わなくても、持ち運べますからね。。

さてさて、こんな超望遠レンズを使って何を撮るつもりでしょうか…..。(追って作例お見せしますね…)

シネアームキット-2(Short-type)

カニクラ(蟹バサミ型強力クランプ)



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, ライカレンズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください