レフ板の大きさ、正しくは被写体の「倍」は必要なのであります!








ブツ撮りのど素人様に謹んで申し上げます。
貴方たちが使っている「レフ板」、、小さすぎます!

えと、いきなり口が酸っぱいことを申しましたが、
初心者様は、とかく「小さすぎるレフ板」を使いがちなことが最近判明いたしました。なので、その啓蒙のために本日の記事を書きました。



さて今日は、うちにあった「蓄圧式噴霧器」のタンクという、お世辞にもかっこいいとはいえな
いものを被写体にご説明いたします。ブサイクかもしれませんが、「大きさ」「色」「形」が、今日の説明にぴったりだったので致し方はございません。










さて、このタンク、「高さ30cm、奥行き20cm」と、人間の頭部より少し大きいくらいとなっております。











対する今回使用の「レフ板」は 「B4スチレンボード」です。「おおよそ25cm×36cm」ですから、タンクの一回り大きいサイズなっています。まずはこのサイズから試していきましょう。

このB4ボードが、被写体と「同等のサイズ」だと仮定することが前提です。











まずは、「レフなし」で撮った写真と「被写体と同じくらいのサイズのレフ」を見比べてみましょう。










同サイズのレフの効果で、影の部分が明るくなっています。
なので、「これでOK」と思われがちです。レフなしと比べると良くなっていますからね。
ここが「ど素人様」が陥りやすいワナなんですーー!









というわけで、次のようにB4ボードをテープで継いでみました!つまり、被写体より「高さが2倍!」と「高さと奥行が2倍」という大きなレフ板ができたわけですね。










さて、それでは使ってみましょう。まずは「高さだけ2倍」のレフ板です。











被写体の上の方まで明るくなりました!! そしてハイライトが連続して繋がっていることがわかります。(先ほどのB4レフだとハイライトが点になっているということです)「レフ板の高さを倍」にすれば、被写体の高さをカバーすることが可能なんですね。

被写体と同じサイズのレフでは、被写体をカバーしてを起こすことができないのです!

続いて「奥行」も2倍にしてみましょう。










あらららら! これが正解ということが直感的にわかりました!!!

影がちゃんとに明るくなってますし、ハイライトの繋がりなんかも気にならないくらいの自然さです!!




みなさま、これで理解していただけたでしょうか?

「レフ板」は、最低でも被写体の「高さ・奥行き」ともに「2倍(長さ比)」が必要なのであります!
※そして、フレームギリまでレフ板を寄せるべし!




今回はブツ撮りでしたが、「人物撮影」でも全く同じことが言えます。ブツだろうが人だろうが、変わらん…ということですよ…..。





  039|撮影用大光量50W高演色LED電球




初心者でもわかる小物ブツ撮りの奥義!
→【不定期連載】「ブツ撮りの基本」カテゴリーリンク


shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 撮影術, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 撮影の基本の知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください