ビゾフレックスレンズをニコンF・キヤノンEOSで使う方法と作例【まとめ】(エルマー65mm・テリート200mmの作例花写真追加)



その昔、レンジファインダーのM型ライカを「強引に一眼レフにしちまおう!」というライカが考え出した珍妙なシステムがありました。そのシステムの名前をビゾフレックスといいます。M型ライカの間にミラーボックスをかます仕組みになっており、そのために開発されたレンズはフランジバックを長くする必要がありました。

しかし、この半世紀前の珍妙なシステムのおかげで、フランジバックの長いニコンFにもライカレンズがマウントアダプターでも使えるという恩恵をうけることができるのです。ライカRレンズでは、ニコンFで使う場合はそのレンズマウントを改造するという方法しかないのですが、ビゾフレックスレンズではマウントアダプターを介することにより使えるので、大切なライカレンズを破壊することなく使えるので、手軽といえば手軽なのかもしれません。ライカ-R以前のオールドレンズ独特の柔らかな描写は、現代人の魂を癒してくれます。

特にエルマー65mm(ELMAR65mmf3.5)とテリート200mm(TELYT200mmf4)は魔法のような柔らかな描写をします。私は畏敬の念をこめて、これらのレンズをエルマー様・テリート様と様づけでよんでいたりします。。

参考外部リンク:HeadonBeer的趣向 ビゾフレックスコトハジメデジタルライカとビゾフレックスビゾフレックスのレンズ選びビゾフレックス・コレクション

ニコンF・キヤノンEOSの人は、弊社取扱いのビゾII&III型(Mマウント)マウントアダプターでビゾレンズを使うことができます。今回は、ビゾフレックスレンズ関係の過去記事をまとめてリンク集を作りました。

◎ハード面中心記事と作例記事を分けてみました。
◎今回のリンクは新しい窓で開きます。まとめページの性格上あえてそうさせていただきました。ご了承ください。


ビゾフレックスレンズ関係のハード面が中心の記事


Leicaレンズの魔力に嵌れ、レンズ実用主義。フルサイズマウントアダプター
このマウントアダプターの初紹介の記事です。

ライカビゾレンズ・テリート200mmf4もニコンにつけちゃうんだい!(勿論、キヤノンにもつく)
テリート200mmをこのマウントアダプターでつけるという記事です。

エルマー65mmのフィルター径は41mmだけど、やっぱフードはつけたいデスよ
エルマー65mmは特殊なフィルター径(41mm)です。エルマーは単層コーティングでフードをつけたいので、その方法をご案内しています。

エルマー様の絞りがバラバラ事件発生!!! 大ピーンチ!
エルマー65mmを壊してしまうアクシデントが発生します。絞りの羽根を復旧させるための奮闘記。

やんちゃな滲み玉。ライカヘクトール135mmF4.5のでっかい作例
ビゾレンズであるヘクトール135mmの取付け方も案内しています。

ビゾフレックスレンズの作例記事


ライカの名玉 エルマー65mmF3.5 × 三島ゆかり
エルマー様を使ったポートレイトの作例です。Flashが見れる場合、拡大写真もみることができます。

テリート200mm×超〜デカ丸アンブレラSilky WHITE-189のポートレイト作例
テリート200mmでのポートレイト作例。

ニコンD800Eにライカのエルマー様をつけるとどう写るのか?実写原寸作例大公開!
D800Eを初めて使ったときの記事です。エルマー様にもご活躍いただきました。ゴルフクラブ(アイアン)を撮った作例があります。

やんちゃな滲み玉。ライカヘクトール135mmF4.5のでっかい作例
ビゾレンズであるヘクトール135mmの作例写真があります。比較的安く手に入るレンズです。

ニコンに懇願!3630万画素の憂鬱。|夢の対決!EOS 5D MarkIII vs ニコンD800E 同レンズ(エルマー様)撮り比べ実験!(ままデータDL有)
エルマー様をEOS5D MarkIIIとD800Eにつけて同じモノを撮った作例があります。サービスで実寸大データDLもできます。

ニコンD800E withテリート200mm フルサイズ・フルHD 暇人専用動画作品「すくらんBlue.」
D800Eにテリート様をつけてHD動画を撮影しました。ヒマな人専用動画です。

D800EフルHD動画作品「蟷螂の赤ちゃん」
エルマー65mmを使って小さな生き物を撮った動画があります。

“ビゾII&III型(Mマウント)-Nikon F MA”売場(直)

“ビゾII&III型(Mマウント)-CanonEOS MA”売場(直)


で、リンク集だけじゃなんなんで、作例を追加してみようとおもいます。しかも今回の作例写真ではお馴染みの花の作例写真(ベタだなぁ〜)!

テリート200mmf4作例写真(クリックすると大きく見れます!)

桔梗(ききょう)が美しく咲いていたので撮ってみることにしました。超〜柔らかいうえに湿度を感じる描写じゃないですか?(これでもCaputureOneでコントラストをかなり高くしています)テリート200mmの撮影最短距離は3mなので、そのままではココまで寄れません。じゃあ、どーしたかというと、、、、


ニコンの中間リングを3枚かましたので、こんな長くなっちゃいました・・・。なんと!49.5mmも長くなっています。200mmで接写をするってのもオツなもんですよ〜。


私の場合ニコンFなので、昔の中間リングが使えます。ちなみにこの3枚セットはオークションで6,000円で買いました。ニコンの人は新品も手に入りますが、どうせ手絞りでカム関係ないし、ニコン-ニコンアダプターであればいいだけなので、昔の安価なモノを使っています。
EOSの場合だと、昔のものはありませんので新品を買わざるえないでしょう。サードパティー製なんかもあるようですが、、、
※ちなみにこの爪有り中間リングの写真は、別の中間リングを使ってテリート200mmで撮影されています。(ということは、この写真も作例といえるでしょう・・・)

外部リンク:→ニコン/レンズアクセサリー/接写関係
外部リンク:→キヤノン/レンズアクセサリー/エクステーションチューブ


エルマー65mmf3.5作例写真(クリックすると大きく見れます!)

エルマー65mmはライカ玉なのに開放でもピントがきているところはかなりシャープです。とろ〜んと湿度を感じさせるボケあしで立体感が強調されます。コレで撮っただけで写真が上手になったと勘違いするほどです。(作例は画像編集でコントラストをあげています)


マクロ設計のレンズなので専用ヘリコイドでこれくらいは、楽々寄ることができます。それにこの65mmって画角、マクロ以外にもスタンダードレンズとしても使えて頃合いがとても良いですよ。


ビゾレンズのスーパースター、テリート様とエルマー様の実力をお分かりになられたでしょうか?

ん?ナノクリのレンズのほうが好き〜!その意見は全く正しいかもしれません。。いえ、きっと貴方は真人間に違いないことでしょう。
フツーの方は最近のオートフォーカスでオート絞りのシャープなレンズをお使いください。手でピントあわして、絞りまでいちいちプリセットしなきゃいけない、こんなレンズ使うほうがフツーじゃないです。。。。

で、フツーじゃないのが好きな方は、弊社の精度の良いマウントアダプター買って、ビゾレンズをニコンやEOSにつけてください・・・。
あ、マウントアダプター買う前に、魔法のレンズのビゾレンズを手に入れてくださいね。。

※テリート様は比較的安めにでますが、エルマー様はお高めなものしかないかもしれません。。ただいえるのは、この先これらのビゾレンズはもっともっと高くなることは間違いなさそうです。。。。(だって、人気あって数が減っていったら、フツー高くなりますよね?)

“ビゾII&III型(Mマウント)-Nikon F MA”売場(直)

“ビゾII&III型(Mマウント)-CanonEOS MA”売場(直)


facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

カテゴリー: 悪魔の輪っか、魅惑のマウントアダプター, カメラがキヤノン用, カメラがニコン用, ライカレンズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*