SONY 「RX0」「α9」の本体物理レリーズを押し続けずに、連写し続ける方法。(ハンズフリー連写)








えーー、毎日乗ってる自転車です。












よくある市販のLEDのヘッドライトをつけています。













外すと、、、、おろ! 見たことある形が・・・・・・・・・・。

もしかしたら、、、、








これつくかも……。






ちゃんと付いたダニ!






くるりん、と。




さらに、何か付いたね。。






これかぁ…..。






なるほど、iPhoneがモニター代わりなのね…。でも、この場合、わざわざ、
iPhoneなくてもよくね?












いえいえ、今回やることには必ずスマホ類が必要なのですよぉ〜!!!! これからそれをお見せしましょう…。












はい! というわけで、現場の坂にやってまいりました!!

今回のミッションは「RX0の高速連写(16コマ/秒)」をし続けながら坂を駆け下りること!!!

動画で撮れば、いいじゃん!とお思いの皆さま!!! みなさま、大きな勘違いをされております!!!

なぜならば、RX0というカメラは、GoProみたいな形をしておりますがアクションカムではありませんのですよ!!

SONY Cyber-shot DSC-RX0という、名称もそれを表しています。動画も撮れないことないですが、デジタルスチルカメラの敬意を表して、今回は写真で連写をするわけなんですよぉ….。












で、やはりiPhoneも付いてますよね!? どうしてスマフォ類が必要なのか!?











SONYの「RX0」や「α9」の自慢の「高速連写」は、カメラ本体だけだと「物理レリーズ」を押し続けなくてはいけないのです!!!!!(レリーズロックはなし、外付けレリーズつけるとできるかも..)

ただ、専用スマホアプリ/PlayMemories Mobile( iPhone/Android対応 ) を使えば、スワイプすると、レリーズロックをかけることが可能になるのですわ〜。。。

今回のように、自転車で坂を駆け抜けるような撮影では、手を話すことができないので、必ずスマホが必要だったのですね….。なるほど、いちお、整合性がとれてる….。






ただ、一つだけ別の問題があります。。。












デジタルスチルカメラとあんだけ言っておきながら、連写が撮れ過ぎちまうので、結局、動画で見せるしかなかとです。。。そのかわり、、4K仕上げですたい! (ちょっと、始末が悪い感じね..あ、で、今回は4K/15pでつくっております..)



【SONY RX0詳細情報!!!】

RX0の仕様に、

連写(最大画素数時) | 速度優先連続撮影時: 最高約16コマ/秒、連続撮影時: 最高約5.5コマ/秒 *4

*4 連写は途中から遅くなります。

とありますが、「jpg記録(Xfine)」で「速いカード」を使っても、56〜58枚目あたりで「連写スピード」が極端に落ちます。(時間にすると「4秒未満」ですね..)

そのため、動画ではその部分が速くなっておる次第です…..。











1081ホットシューマウントアダプター II型

1438 【 iPhone8 plus & iPhoneX 対応!】iHolder plus

強力フレキシ棒 20strong

ステンレス製六角穴付 1/4インチ・カメラねじ(L)

1025 蟹バサミ型強力クランプ(カニクラ)







shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【スチールカメラマンの動画修行】, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください