ペンタ67 90mmF2.8をα7RIIに装着して「絞り毎の作例写真」を撮ってみた


pent-e001








SONY α7RIIに、PENTAX67レンズをつけると、完全に強そうになります。

ペンタ67のレンズは、当たり外れがあるのですが、これはその当たり玉の一つであるSMC PENTAX67/90mmF2.8です。(他に、105mm・135mm・150mm・165mmなんかも当たり玉だと思う。なお、75mmは完全にはずれ玉という私的感想..)

見たくれは強そうですが、その写りはどーなんでしょうかねぇ?








pent-e003








では、この90mmで、1.3メートル向こうにある「シーサー」のような置き物を撮ってみることにしましょう。

しかも、F2.8〜F11、絞りを1絞ずつ絞っていくという親切ぶり。それではご覧ください。









90mmf28-f11
↑クリックすると幅1200pxの絵が見れますし、






解放(f2.8)から、ピン面はシャープです。そして、柔らかさも持ち合わせている模様。ブローニー6×7用のレンズを35mmで使う言うことは、9cm(対角)以上をカバーする巨大なイメージサークルの真ん中のオイシイ部分だけ使うという、レンズの使い方としては贅沢の極み・・・・。


67-135

絵が悪くなるわけがありません。







pent-e002







ちなみに、今回は ハッセルレンズの時 と同じように、以下のマウントアダプターの2枚重ね(Wマウントアダプター)で、ペンタ67レンズをEマウントカメラに付けました…。







1377 PENTAX67 ⇒ ニコンF マウントアダプター(三脚座付)

1439 Sony Eマウント用マウントアダプタ(NikonF用)



shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 悪魔の輪っか、魅惑のマウントアダプター, カメラがニコン用, カメラがSONY(Eマウント・Aマウント), カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください